FC2ブログ

安全潜水祈願祭とライトトラップのイベントへ!

 すっかりログを上げられずに本日書いておりますが。。。

今年最初の連休は、伊豆大島初の試みとなる安全潜水祈願祭からスタート。

秋の浜に朝から皆さんで集まり、神主さんの祈祷が始まります。

最初のご挨拶を伊豆大島ダイビング連絡協議会会長から始まり、

主催主である、阿部秀樹カメラマンのご挨拶をすませて、

いよいよ神主さんの祈祷が始まりました。

少々の荒れ気味だった秋の浜の海を鎮めるかのように???

厳かに始まります。

ちょうど準備を始めた頃に、都市型ショップさんが海に入り始めました。

僕は後から知ったのですが、そのショップさんはザトウクジラに遭遇したそうです。

祈祷が良い方向に導きだされたかもしれないですね~。

お供え物と一緒にお酒は、銘柄が酔鯨だったそうです。。。

関連性はあるかどうかは分からないけど、凄いですよね!!!!!!!

僕もいつか海の中で会いたいです。。。

無事にご祈祷も終わり、参加された皆さんには今年一年の安全を願って、

お守りも配布されました。

これで、参加された皆さんには安全が保障されたと誰かが言ってましたけど。

それはそれとして。

その後は、阿部カメラマンの浮遊系ダイビング講座が始まり、

午後から練習を兼ねて浮遊系ダイビングをゲストさんと一緒に。

阿部カメラマンの秘密アイテムを使用して練習をそこそこに。

残りの時間をファンダイビングにあてました。

ミナミハコフグ幼魚やタテジマキンチャクダイ幼魚に、

クマドリカエルアンコウ幼魚を紹介して。

ダイビング終了後は、いよいよライトトラップに向けて再び座学へ!

ゲストさんも真剣に聞いています。眠かっただろうけど、

そこは、主催者の腕の見せ所で「つかみ」の連発でした。

前にも聞いたことがあるけど、そこはナイショってことで。

無事に座学を終了してから夕飯を済ませて夜の海へと繰り出します。

僕らは、一番乗りで海へと入り込み淡い光の幻想的な場所へ向かいます。

そこで、ドチザメがドーン!!! って突っ込んできましたが、

寸前のところで引き返す。 今はサメの出番じゃないんだけどね。

そして、練習の成果を出してもらうためにサポートを集中的に行い、

一生懸命に撮影されるゲストさんと非常に慣れっこのゲストさんと。

ライトトラップを楽しんできました。

撮影された写真は、ワンデイフォトコンに応募され厳選なる結果待ち。

明日がいよいよ発表となりますが、ワクワク感と期待感が高まります。

長い一日の戦いでしたが、無事に終える事が出来ました。

明日は日中のダイビングを楽しんできます。

出るかな? ザ・ト・ウ・ク・ジ・ラ (^O^)

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ時々曇り 気温11℃ 北東5m╱s

波2~1.5m うねりなし 水温17~18℃ 透明度20m 小潮

干潮 2:25・15:27 満潮 9:20・20:42

無事にご祈祷を済ませて皆さんと一緒に記念撮影。

これで安全にダイビングが出来ますよ~。 よかったね。

P1130114_convert_20190114225114.jpg 

浮遊系ダイビングに向けて出発です!

P1132931.jpg 

秘密アイテムの風諭受けダイビング練習を済ませた後は、

ファンダイビングも楽しんで。

P1132940.jpg 

夜の海は、幻想的に彩られます。

その光の中へ!

P1132950.jpg 

何が出るかな~???

P1132954.jpg 


練習には強い夜の海へ!

 今夜から連休のイベントに向けて、来島された阿部カメラマンと、

現地⑥ショップでライトトラップを行いました。

今夜は、南西の風が吹いているので秋の浜は穏やか。

捕食魚が少ないエリアでライトを設置。

開始スタートから30分近くは、

潮の流れも程よくあったので出物はイイ感じに♪

後半は潮の流れが止まったので、穏やかな感じでした。

本番当日も今夜みたいに出物が多く登場してくれると嬉しいですね(^^)

さっさと寝ます。。。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温12℃ 南西13~7m╱s

波1.5m うねりなし 水温17℃ 中潮

満潮7:47・18:25 干潮0:50・13:11

子育て中のタルマワシ。

開始早々に数多く登場しました。

P1102833.jpg 

オオタルマワシも。

P1102856.jpg 

サクラエビ属の仲間???

P1102844.jpg 

オワンクラゲ??? 多く見掛けました。

クラゲやサルパ類が多く登場する時は出物も多いです。

P1102834.jpg 

ライトの光に吸い寄せれれてくるマダコ属の仲間。

P1102875.jpg 

スナギンチャク目の一種かな?

P1102880.jpg 

大きなハナビラウオが登場しました。

P1102899.jpg 

小さいのも登場です。

サムクラゲと一緒に浮遊しています。

P1102920.jpg 


風に翻弄された平日の海。

 昨夜から季節風の南西が台風並みに吹き荒れたかと思ったら、

朝方になって北東風の強烈な切り返しの風。。。

こりゃあ海はダメだな。。。 そう思ってました。

昼頃になって、あわよくばちょうど干潮いっぱいの時間帯にでも。

そう思っていても、まだ吹いている。。。

明日にしようと諦めかけていた時に、急激に治まっていく様子。

日もそろそろ陰りだす頃ではありましたが、海へ行ってきました。

落ち着いた様子を狙って、他のガイドさん達も来てましたね。

たぶん、考えてる事は一緒です(笑)

昨日のコテンパンにやられた潮の流れもなく、

多少の風波の影響で浅場は揺られるけど、

目的地が昨日と一緒だから問題ないです。

水温は下がっていました。黒潮が離れたかもしれませんね。

水中では同じ岩で他のガイドさん達もいたので、

交代交代で探している感じが面白かったです。

僕が途中で隙を見て入ったので、邪魔だったかもしれないけど。。。

おかげで、ニシキフウライウオのペアが目に止まりました。

帰り道は、ウデフリツノザヤウミウシとテントウウミウシも教えてもらって。

ありがとうございます。

今度何か見つけたらお返しのネタを用意しとこうと思ってます。

忘れちゃうかもだけど。。。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温11℃ 南西╱北東13~3m╱s

波2.5→1.5m うねりあり 水温17~18℃ 透明度15~20m

中潮

最初はメスが目に止まります。

どうやら、またまた卵を抱えている様子です。

何回目でしょうね???

P1092806.jpg 

オスはフラフラっとしてます。

P1092813.jpg 

ペアになる時もあったり。

神の手が出なくて良かった。

P1092801.jpg 

ウデフリツノザヤウミウシは久しぶり。

大きな岩に乗っていたので、

いつも見ている感じの探し方では見つからなかったと思います。

P1092821.jpg 

テントウウミウシもそばにいました。

P1092822.jpg 


潮の流れ。メチャクチャです。。。

 今日も良い天気に恵まれてさすが、冬の空。

風もまだ穏やかなため午前中に海へ出掛けてきました。

駐車場に降りるなり、海を見ると「う~ん。相当流れてるな」

困ったなぁ~。。。 そう思いながらも海に入りました。

うん。 やっぱり思った以上にキツイ。。。

最初っから向い潮に逆らいながら沖へ目指します。

年末にゲストさんが発見したイロカエルアンコウ幼魚の場所まで、

ようやく辿り着いたけど、特に何もいない。。。

イサキはぐっちゃりと中層を群れまくってます。

大きなヒラマサやイナダもよく見掛けるので、

これは冬の海じゃないよね。 そう思いながら見てました。

さすがに、帰りは潮の流れに乗っかって帰ろう。

そう思ったのが大きな間違い。

えっ!? 帰りも向い潮なの??? ウソだろ!?

自然は時に厳しくもあり優しくもあると、

どこからか聞いたことがあったような気もするけど、

それは大きな勘違いだったかもしれませんね~。

あ~。 しんどかった。。。

でも明日も海へ行ってきます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温13℃ 南西4~7m╱s

波1.5m うねりなし 水温18℃ 透明度20m 中潮

今日、まともに向き合えたのはクマドリカエルアンコウ幼魚のみでした。

他は一体何があったのか? というぐらい。。。

P1082752.jpg 


黒潮近いですね!

 こんとこ海が温かい状態が続いているのは、黒潮の本流が近いですね。

そのため、暖流域がすっぽりと伊豆大島を包み込んでいる状態です。

昨夜から強烈な季節風が吹いて水温が下がると踏んでいましたが、

そんなのはビクともしてません。

さすが黒潮です。

しかし、昨夜の季節風は強烈でした。

元旦の夜もかなり吹き込みましたが、昨夜もなかなかのものでした。

台風並みの強風だったため、夜中に起きてしまい寝れずに。。。

気分をスッキリとさせるため海へ!

昨日は探す場所を間違えていたネタの情報は、

水中で発見者のガイドさんと会って、

スレートに「クマドリまだいますか?」って先走って書いちゃって。

発見者のガイドさんも「白クマ知ってますか?」ってなりまして。

先に自分が書いたからちょっと驚いた顔してました(笑)

近くの場所でしたので教えてもらえました。

ありがとうございます。

可愛らしいサイズのクマドリカエルアンコウでした。

しばらく同じ岩に定着してくれるとイイですね!

すぐに、課題をクリアしてしまったため、あてもなく沖へ目指しました。

特にコレっていうのは見つからないので、浅場へ戻ります。

年末に見つけたネタを再度探してみると、あっけなく見つかりました。

そんなもんですよね。

季節来遊魚が多い季節外れの海ですけど、

それも楽しめる要素の一つと思って。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温15℃ 南西15~9m╱s

波1.5m うねりなし 水温20℃ 透明度20m 大潮

撮りやすいサイズです。シロクマちゃん。

P1052631.jpg 

ニシキウミウシ幼体。

P1052645.jpg 

岩の亀裂に隠れて。シテンヤッコ幼魚。

P1052653.jpg 

ヒラメがドーン!

P1052657.jpg 

タテジマキンチャクダイ幼魚。 元気にしてますね!

P1052665.jpg 

コンガスリウミウシ。

P1052666.jpg 

てっきり、何処かへ遊泳したかと思っていたらいました。

ムラサキウミコチョウ。

P1052680.jpg 

ミヤケテグリ幼魚も神出鬼没な感じ。

P1052715.jpg