FC2ブログ

近くに来た!マイワシ超大群です。

 ずっと追いかけ続けているマイワシ超大群ですが、

今朝は雨もすっかりと上がって太陽が朝から拝めることが出来ました!

久々にスッキリとした朝なんで気分がイイと思うところではありますが、

花粉が徐々に影響を与えてきている日々でもあります。。。

そして、いつものように海を観つつ、ポイントへ向かうのですが、

やけに海鳥が多く、これは期待できそうな予感しかない。

さっそく海へ入ろうとポイントを見ると、

う~ん。。。

けっこうな潮流が入っているなぁ。。。

そう思い、いざ海へ!

潮の流れが複雑化していて、

なかなかガイドエリアに行くのもちょっとだけしんどい。

でしたが!!!

そこには、超大群復活の狼煙を上げるかの如く、

イワシが盛り沢山です!!

正式名にはマイワシですけどね。

今日で28日目。もう一ヶ月に差し迫ろうとしている状況です。

海から上がって他のガイドさんと気になる話をしていたんですが、

どうやら、マイワシは産卵期に入っているようです。

確かに、マイワシを釣った方や岸壁に打ちあがったやつなど、

夕飯のおかず(ちゃんと釣ったやつね)に出来た方の話も聞いたところ、

お腹に卵が入っていた!とか。

とっても美味しかった!とか。 そりゃそうだ。。。

毎日のように海に入ってみているけど、

すげ~美味しそうに見えますもんね!ホントに。

話は戻して、

ここ近年、伊豆大島にも黒潮の影響が濃く出るような現象が続いているのも確か。

例えば、例年なら冬の低水温に耐えられない季節来遊魚の越冬。

明らかに増え続けているサンゴ。

昔からこんなに潮流が入るポイントだっけ? と、思うような潮の流れの変化。

黒潮の蛇行が続く近年。

初夏から秋のシーズンを賑わせている早朝ダイブのハンマーヘッドシャーク。

マイワシたちは太平洋側における分布域、四国、九州沖合域や黒潮域などで、

季節はおおまかに2パターンあるようですが、

春から夏にかけての北上時期(上りイワシ)と、

秋から冬にかけて南下時期(下りイワシ)があるようです。

2~3月の時期が産卵期だとか。

関東周辺海域においては2~4月らしい。

太平洋側の西日本においては、産卵期は11月からもあるとか。

そのマイワシが、何故?伊豆大島近海というよりも沿岸に突如、出現したのか?

色々考えてみても、ハッキリとした答えが出ませんが、

やはり黒潮の流域の変化(蛇行によるもしくは大蛇行)じゃないのかな?

勝手に個人的見解をブログに書いているわけですけど。。。

そう考えるのが、自分自身が観察する上で行き着いた答えなのかもしれません。

海の中で観察できる絶好のチャンスを毎日のように見てはいるものの、

興奮しすぎて時間を忘れちゃうのも多々ありますが、

ということは、例年では産卵期に伊豆大島近海には現れない、

マイワシが黒潮の蛇行によって産卵場所、もしくは産卵域を、

伊豆大島近海に選んだ?というよりは、そうなったのでしょうね。

ですが、そうなるにはさらに理由があるワケで、

渦流域が起こるような場所といえば?(強さや大きさに関係があるかは分からない)

水深が深くとれる場所や海底地形的に条件が整いそうな場所は?

そしてここが一番重要なところで、

その条件が整って見れる可能性が非常に高いダイビングポイントは?

そう、それは皆さんもご存知の「秋の浜」になります。

素晴らしすぎる勝手な解釈と個人的による見解。。。

どんだけ秋の浜押しなんだよ!!! って思うけど、たぶんそうです。

調べていくうちに、産卵の時間帯は日没から深夜にかけてだとか。

水深は数十メートルと図鑑に書いてあるので、

その機会があったのは、2月8日から10日にかけてだったハズ。

思い起こせばというか、写真データを見れば一目瞭然なんですが、

その三日間は、マイワシの鱗がやけに水底に落ちていたし、

岩壁に激突してそのままお亡くなりになっているマイワシもいました。

日没から夜中にかけて産卵だとすると、

その三日間は大潮満月の日です!

いや~!!! しくったなぁぁぁぁぁぁ~!!!

大産卵が行われていたかも。。。(たぶんね。見てないから分からないけど)

その産卵の時期や時間を狙って捕食魚も来ていただろうし、

それで逃げ回っていたのか。と、納得できる。。。

だからといって見れるとは限りませんけど。

でも、日没から夜中にかけてって、

大幅な時間帯があるけど、一体何本潜れば見れるかもなんだろうね?

そして、どんな捕食魚が来るのか?

大体は想像できるけど、

いくら大光量の水中ライトがあっても真っ暗な状態で一人で入るのは。。。

とはいえ、産卵である以上(あくまで推測や仮定の話)

必ず終わるがやってくるものなので、

せいぜいもってあと2~3週間かも???

初めて登場した時から3週間近くまでは、

大きさが20センチ近くある成魚が見れていたけど、

今現在は10~15センチぐらいの若魚がほとんど。

中には大きいのもいますが、出初めの頃に比べたら明らかに大きさが違う。

そうなると、終わりが近いのが頷けます。。。

朝早く起きるのが疲れちゃったとかじゃなくてね。

いろいろと調べて真面目風に書いちゃったから疲れちゃった。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温18℃

南西7~11m╱s 凪 うねりなし

水温17℃ 透明度15m 大潮

手前側はイサキです。今朝は近い場所で超大群でした。

P2229412_convert_20200222160323.jpg

イワシホールが出来るぐらい超大群です。

P2229420_convert_20200222160628.jpg

マイワシで真っ暗に。凄すぎる日々で感謝しかないですね。

P2229493_convert_20200222160813.jpg

見上げると、

海を覆いつくすような錯覚になるマイワシ超大群の動画です。




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する