FC2ブログ

水面近くが気になって。

 いつものように下見で秋の浜へ。

入ってすぐにクラゲがそこそこ漂いながら、

フラフラしている姿が見受けられます。

そうなると、気になるのが水面近くの様子。

あてもなくさまよいながら探していると、

ユウレイクラゲかな?と思って近づいてみたら、

クラゲを利用して浮遊生活を送っているハナビラウオ幼魚たちが!

他にもウマヅラハギ幼魚?とかアジ科の幼魚なんかもいました。

いずれにせよ、触手が長~いから気をつけながら。

いつものように下へ降りて。

潮の流れが複雑になっていたので長居はせずに。

帰り道、アイゴの死骸が目に止まりました。

大きく膨らんでいたのが目に止まったように見えて、

実は口元に何か見える。。。

あれはたぶん。。。

ウオノエもしくはタエノエの大きいのがいました。

どうしても全体図を見たかったので、

まずはお亡くなりになっているアイゴに心の中でお祈りしてからの、

神の手を出して。

う~ん。。。 やっぱり気色悪いようにも見えるけど、

全体図を見るのも興味があったもので。

もう少しだけ顔の正面から撮りたかったんですけど、

時間が。。。

なかなか興味深い今日の海でもありました。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇りのち晴れ 気温20℃ 北東4m╱s

凪 うねりなし 水温18~19℃ 透明度10m 若潮

エントリーしてすぐにコロコロと動いていたクラゲが気になって。

バテイクラゲのようです。

P5156828_convert_20190515235148.jpg

大きいのから小さいのまで。

ハナビラウオ幼魚。

P5156857_convert_20190515235401.jpg

ウマヅラハギ幼魚かな?

P5156840_convert_20190515235730.jpg

動画も。



そういえばセミホウボウも。。。



かなりの大きさだった。。。

ウオノエ。

P5156866_convert_20190516001359.jpg

他のウミウシの体液を吸うキイボキヌハダウミウシ。

こっちのが見た目が可愛いかもね。

P5156920_convert_20190516001559.jpg


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する