FC2ブログ

例年とは違う冬の海を感じます。

 今朝も良い天気にポカポカ陽気な気分。

昨日もそうでしたが、風が穏やかだと暖かく感じますね。

日陰になると一気に寒くなるのは、冬ならではですが。

今日はいつものように海へ出掛けてきました。

正月休みとは違うけど、ある意味そんな感じもします。

年末から年始にかけては、様々なネタが登場したようなので、

お聞きした情報や、知り合いのガイドさんからも含めて。

でも、海から上がって別のガイドさんに教えてもらったら、

全然見当違いの場所を探してました。。。

また訪問しとこうと思います。

さて、ちょっと真面目な話。

タイトルを書いたように、例年とは本当に違う海の変化を感じます。

水温の上昇に、季節来遊魚が未だに新たに見つかる。

もちろん!良い事もあるし、身体的には非常にありがたいと思いますが、

長い目で見続けるなら、深刻な状況に陥る可能性もあります。

人の手で自然を戻す事や変える事は出来ないけど、

心配な気持ちは変わりません。

ハードコーラルも年々増えてきて海藻の減少もあります。

どのように変化していくのは誰にもこの先は分からないかもですが、

その変化をどのように見守るのか? 

考えさせられるようになってきた事は間違いありません。

どのように向きあっていくか? 

日々考えながら思うようになってきた気がします。

という僕の勝手な考えと少しまじめな話を書いてみました。

正月の続きということで。 ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温10℃ 北東╱北西4~2m╱s

波1.5m うねり弱 水温19~20℃ 透明度20m 大潮

昨年の10月半ばあたりに見つかって、

年を越えて元気の泳ぎ回っているミナミハコフグ幼魚。

嬉しいけど微妙な気分でもあったりしますね。。。

でもやっぱり嬉しいけど。

P1042526.jpg 

やる気なしのホタテツノハゼ。

もう、黒のボールペンですね。。。

P1042530.jpg 

完全な擬態が施されているカニの仲間。

P1042538.jpg 

ミズヒキミノカサゴ幼魚。

P1042545.jpg 

深場に登場の赤い彗星のカミソリウオペア。

専用ズゴックタイプか? それとも。。。

顔の周りはザクな感じ。 話がアニメになりました。。。

P1042564.jpg 

これまた深場に登場のツノザヤウミウシ。

もう少し水深が浅いと助かるのにね~。。。

P1042585.jpg 

ヒョウモンウミウシか? マダライロウミウシか?

う~ん。。。 です(*_*;

P1042596.jpg 

ベニシボリ。 卵がよく目に付くので分かりやすいですね。

野田浜の個体の方が大きい印象があります。

秋の浜は小さめ。

P1042618.jpg 

久々に。パイプの番人ならぬ番魚。

カエルウオ。

P1042625.jpg 


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する