FC2ブログ

冬の海らしさもあって。

 昨日のマンボウ現る!というニュースをポイントで聞いたばかり。

気になって上を見てしまうけど、ほぼブルーの海で終わります。

そんな時は見上げるのはほどほどにして、マクロモードに集中。

水温も徐々に下降気味で深場から冷たい潮がモワ~っと上がる時も。

ハゼもホバリングはしなくなり、目に入るのはウミウシが多くなる季節です。

そんな中でも浅場をス~っと進み、下を見るように移動していたんですが、

ナンヨウハギ幼魚は元気にサンゴから出ていたり、

ツノダシが多かったり、今頃になってあれこれ出てきてるの?

そんな風に思えてきます。 

もちろん、今まで賑やかにしてくれていた季節来遊魚の数は変わってきます。

まだ頑張って姿を見せてくれるのもいるので、そっちに目がいきますね。

そんな感じでした。 

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温15℃ 北東3~4m╱s

波1.5m うねり弱 水温18℃ 透明度20m 大潮

ムチヤギを見ると、小さいのも大きいのも。

ガラスハゼの仲間。

PC211830.jpg 

綺麗なフトヤギも見るとやはり同じく。

ついつい見とれるのと撮りたくなる気持ちも。

PC211854.jpg 

ハタタテハゼ幼魚。 まだまだ頑張ってますね~。

PC211848.jpg 

こんなところにヤシャハゼいるんだ。

と思っていたら、すぐに引っ込んでしまいカンナツノザヤウミウシが見つかる。

PC211865.jpg 

ルージュミノウミウシ。だいぶ目に付くようになりました。

PC211867.jpg 

たぶん前々から居たんでしょうけど、気付かなかったかも。。。

ゾウリエビ。もともと数は多くないけど秋の浜で見るのはあまりないかも。

いつか、ライトトラップでガラスエビと呼ばれる短い時期の姿を見たい。

PC211898.jpg 

小さなボブサンウミウシ。

PC211913.jpg 

もういないのかぁ~。。。 そう思っていたら、その姿が。

カミソリウオのペア。 よく動き回ってますね。

PC211965.jpg 


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する