FC2ブログ

冬の風そして。

 夜中の風が吹いていたので、冬らしく季節風が吹き始めたかな?

例年よりは季節風が吹くのが遅く感じます。

今朝になって風は穏やか。秋の浜もベタ凪になっています。

海に入ればクリアな海が広がり、

人も少ないので普段は出ていない大きなクエが砂地に居座っています。

こっちに気付くと、すぐに巣穴へ逃げ込んでしまいました。

久しく日中の海に入っていなかったのもあるので、のんびりと。

いつも探すエリアではウミウシが目に止まらなかったので、

移動して進んでいけば、すぐに見つかりました。

カンナツノザヤウミウシのオンパレードが。。。

こうなると、ウデフリツノザヤウミウシを根気よく探します。

潮の流れが出始めて、ウミウシたちも必死な感じに。

ようやくウデフリが見つかった頃にタイムオーバーで戻るハメに。

そんなもんです。

浅場に戻ってからは、

岩に引っかかっていたエギとか釣り糸が目立っていたので回収。

なかなかよさげなエギだったような?

明日もカラッと冬晴れと海が広がりそうな気がします。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温14℃ 西╱南西5~11m╱s

ベタ凪 うねりなし 水温18℃ 透明度20m 中潮

さすがに水温が20℃を切ると、

ナンヨウハギ幼魚も寒そうにサンゴの隙間に隠れていました。

PC191639.jpg 

小さなオドリカクレエビ。

これまた、腕を丸めて寒そうに見えてしまう。。。

PC191660.jpg 

ボディがイルミネーションのように光る。

カゲロウカクレエビ。

PC191679.jpg 

潮の流れが出てきて、飛ばされそうな感じに。

カンナツノザヤウミウシ①。

PC191692.jpg 

ちょっと離れた所にカンナツノザヤウミウシ②。

PC191694.jpg 

この辺りから、そろそろピカチューを探し始める。

でも見つかるのはカンナツノザヤウミウシ③。

PC191705.jpg 

また少し離れたところで、いた!!

いや、違う。。。

カンナツノザヤウミウシ④。

PC191722.jpg 

そして、やっと見つかりました。

ウデフリツノザヤウミウシ。

もう帰ります。。。

PC191727.jpg 

戻る途中で、サンゴをバックにウミタケハゼの仲間。

PC191754.jpg 


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する