FC2ブログ

大荒れの浜から荒れの浜。そして秋の浜へ!

 今朝から更に強風になった伊豆大島です。。。

昨夜は、天気予報の時に雨雲レーダーで雨と雷があるでしょう。

オイオイ。。。 すぐにゲストさんのドライ&ウエットスーツを片付け。

その後、すぐに大きな雷鳴と共に雨。。。

間に合って良かった。

そして、今朝からポイントチェックに翻弄されて。

ゲストさんがショップへ来ていただいた際に、まずは相談から。

トウシキオンリーか?それとも、王の浜&野田浜か?

先週もそうだったのですが、

トウシキの足場が悪いのが頭に残っていたので、

王の浜からスタート。

でしたが、朝見た時より風当たりが強い。。。

さらに八時半ごろに干潮いっぱいを迎える。

これは厳しいゾ。

すぐに決断をして、野田浜へ移動。

ここは、意外にも風当たりが強くなかったので野田浜からスタート。

狙いはやはりツバメウオの集団を。

しかし、水中が思っていた以上に暗い。。。

灯台近くの裏側辺りから、前回の台風の影響で崩れたようで、

その土砂が回り込んでいる様子。。。

沖へ出れば少しはマシになりますが。

僕らと同じタイミングで、外人さんたちのグループも入っていて、

コースも似た感じに。

その外人さん達が追いかけていた?

そのおかげもあって、向こうからツバメウオの集団がやってきました。

大きく成長して立派な成魚の集団。

南国チックな感じを堪能したり、大きなヒラメを見つけたり。

海から上がり、風が少しずつ弱まる傾向が出てきたので、

ココは攻めよう!!

秋の浜へ移動です。

朝は、波がチューブ状態になっていて完全にクローズ状態でしたが、

休憩を長めに取り、様子を見て行けばタイミングを見て入れる!

思っていた通りの展開に、僕らだけの貸し切り状態を堪能してきました。

その様子を伺っていた他ショップのセルフチームもいましたけど、

そこは現地ガイドの読みと経験がありますから。

だからといって、安易な気持ちは待たず気を引き締めて。

常連さんチームとあって、

皆さんの行動の素早さにお互いの信頼関係もあります。

浅場は揺られますが、透明度が高く水温も高い。

快適な海の中でした。

目的のネタは見つからなかったけど、

皆さんと秋の浜で〆。 良かったです!

大荒れの浜から荒れの浜。そして秋の浜に戻りました。

天気も快晴。富士山はすっかり雪化粧。

冬の到来を感じた日曜日でした。

ココで終わりかと思いきや、

実は、島内ゲストさんのアドバンス講習でナイトダイビング。

更に静けさを取り戻した秋の浜へ!

無事にナイトダイビングも終了して帰路へ。

大変お疲れ様でした~。

明日はリサーチをしてこようと思います。

ではまた~。

そうそう、サキチームはいつもお世話になっている、

「SAND WAVE」御一行様の伊豆大島ツアー担当でした。

サキチームは全員男性のゲストさん。

僕は全員女性のゲストさんという、分かりやすい形のご案内でした(笑)

秋の浜、野田浜、ケイカイ、トウシキとバラエティーな感じで。

風に悩まされた週末ですが、終わりよければ。 ですね!

ありがとうございました!!

ポイント 王の浜以外 快晴 気温21℃ 北東7~3m╱s

波2.5→2m うねりあり 水温23~24℃ 透明度5~20m

中潮

野田浜ではカンパチとナンヨウカイワリが一緒に。

PA218049.jpg 

イズヒメエイも見つかりました。

PA218051.jpg 

水底ギリギリの移動で。ツバメウオの集団。

PA218079.jpg 

大きなヒラメがデーン!!!

PA218093.jpg 

秋の浜ではアオリイカの集団が寄ってきたり。

PA218103.jpg 

夜の海へ! ナイトダイビングスタートです。

PA218111.jpg 

途中で夜光虫の観察もあったので、いったんライトの光を消して。

その際に、月明かりがきれいだったので。

PA218138.jpg 

マツカサウオ幼魚を発見!

PA218152.jpg 

夜の海を手持ちライトの光で進みます。

PA218142.jpg 

ゲストさんが発見したイセエビ。

PA218165.jpg 

エキジットのハシゴ近辺にはイシガキフグがいました。

PA218171.jpg 


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する