FC2ブログ

2019年の潜り納め。

 今日で年末最終日。早いものであっという間に終わります。

年を重ねると、徐々に早くなるってホントですね~。

しばらく海から遠ざかってしまったのですが、

本当は日曜日にゲストさんをお迎えして海へ行く予定が、

まさかまさかの大ウネリと時化模様。。。

入れる海を探す予定でしたが、ゲストさんからの一言。

「ここは、勇気ある撤退が必要なのでは?」

そう思っていたし、感じてました。ハイ。。。

とまあ、ともかくもお預けをくらってしまいまして、

とうとう年末で〆る形となりました。

夜中の大雨で目が覚めて、また寝てからの海ではありましたが、

午前中に海に出掛けて行き、風が強くなる予報と日中の気温の高さ。

海もまだまだ20℃ギリギリか少しだけ切っていたかな?

例年になく高水温の年でしたね。

年越しやら新年は穏やかになっていただければ。

そう願っています。

振り返ってみると、

今年は台風や災害が多くて自分たちの仕事にも大きく影響が出ました。

かろうじて、我が家とショップは無事で済みましたが、

至る所や各地域で被害が出たり。。。

海は調子良かったんですけどね~。

早朝ハンマーダイブは、記録更新の11月末まで見られていましたし。

過去最高記録となった2019年でしたが、

2020年はどうでしょうか???

マクロ生物も初登場となった生物もいたし、

季節来遊魚が越冬しまくっていたりと色々な出会いがあったと思います。

夏場は漁網に絡まっていたアオウミガメを救出した事もありました。

そして何よりも、

沢山のゲストさんにお越しくださいまして、

今年も無事に過ごすことが出来ました。

本当にありがとうございます。

来年も頑張って伊豆大島の海をご案内いたしますので、

どうぞよろしくお願い致します。

では皆さん良いお年を!

新年は2日からゲストさんをお迎えして海へ行く予定です。

寒波や冬の寒さに挫けることもあるでしょうが、

ぼちぼちとペースを保ってご案内していきます!!

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温18℃ 南西8~12m╱s

波1.5m うねりあり 水温20℃ 透明度20m 中潮

2019年の潜り納めの最初の出会いは、

大きなマダコから。

ウツボにがっつかれた手腕も痛々しかったけど、

無事に回避して遠くへ行きました。

PC315770_convert_20191231142402.jpg

動画も。最初はウツボにかじられそうになるけど、

すぐに脱出成功しました。



メスだけ確認しました。

オスは何処かへ旅立ったかな???

でも、確実に年を越そうとしています。ニシキフウライウオ。

PC315771_convert_20191231143651.jpg

小さくてうっすい色をしたカンナツノザヤウミウシ。

PC315786_convert_20191231143856.jpg

ウデフリツノザヤウミウシとサガミリュウグウウミウシ。

この後、サガミがピカチュウを抜かします。

PC315798_convert_20191231144100.jpg

競っている最中。

PC315805_convert_20191231144336.jpg

で、抜かす。

なんだか面白シーンをしばらく堪能させてもらいました。

PC315808_convert_20191231144530.jpg

片腕なかったけど、ニシキウミウシにウミウシカクレエビ。

ちょうどガイド中の現地ガイド仲間が近くにいたので、

お伝えする事が出来ました。

いつもネタ情報を頂いているので、

いつか返そうと思っていたけど、

なかなかそのチャンスは訪れなかったのですが、

今年最後の日にネタのお返しをすることが出来てスッキリ!してます。

よかった!よかった!!

PC315819_convert_20191231144759.jpg


例年とは違う海が続きます。

 ここんとこの、年末にかけての大掃除やら何やらが続きました。

海はしばらくお休みが続きましたが、

昨日は現地ガイド陣と共に野田浜のガイドロープの修繕作業へ。

あっという間に終えて無事に終了。

これで、安心して使用出来ますね。

赤いロープがメインになりますので、

間違って支え側のロープに行かないようにならないかどうかはあなた次第です。

それはそれでアリといえばアリかな???

PC245608_convert_20191225191609.jpg

今日は久々にカメラを持って海へ入りました。

例年とは違う海が続きます。。。

青いし暖かいし流れが強いし。。。

黒潮が近い影響がずっと続いているようです。

何処もかしこも流れている状態はいつまで続くのか?

もちろん、静かな時もありますので。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温14℃ 北東6m╱s

波2→1.5m うねり弱 

水温21℃ 透明度20m 大潮

イバラカンザシ。

クリスマスの日なのでクリスマスツリーを撮ってみました。

ガラにもなく。

PC255624_convert_20191225191123.jpg

じっくりと撮影すると感じたのは綺麗なものばかりですね。

PC255628_convert_20191225191351.jpg

すんなりと見つかったのは、カンナツノザヤウミウシ。

けっこう流れが強かったのに、踏ん張りが強いみたいです。

PC255636_convert_20191225192126.jpg

ピカチュウも踏ん張ってました。

PC255672_convert_20191225192317.jpg

若そうなアオウミガメが甲羅をスリスリと。

背中が痒かったのかも???



水温高いからヒレナガネジリンボウも見つかります。

PC255654_convert_20191225202125.jpg

ヤシャハゼも臆病だけどペアです。

PC255662_convert_20191225202304.jpg

ニシキフウライウオも健在です。

PC255726_convert_20191225202444.jpg

やっと目に止まったフリソデエビのペア。

シングルもいるみたいですよ。

PC255733_convert_20191225202629.jpg

マダコだと思われるのが、ひっそりと隠れてました。

PC255740_convert_20191225202816.jpg

イロカエルアンコウだかクマドリカエルアンコウなのか?

大きいけど、カエルアンコウ不足の海なので、どっちもアリです。

PC255764_convert_20191225202952.jpg


浮遊系がわんさかな夜の海でした。

 昨夜は、③ショップ合同で都市型ショップの方と一緒にライトトラップへ!

日中の雨もすっかり止んで曇天という好条件。

風も南寄りなため、穏やかな海況です。

開始早々に緩やかに潮の流れもあったため、

クラゲやサルパ類も豊富な様子です。

タルマワシ類も多く、甲殻類の幼生も豊富でした。

その中で、目に止まったのはオオサルパの連鎖個体に、

隠れていた多くのアミダコと思われる個体が見つかりました。

昨年も登場しているので、

クラゲやサルパが多く見られる潮が上手く入り込んだ影響ですね。

凄く貴重な時間を堪能させてもらいました。

しばらく時間が経って、そろそろ帰ろうかと思っていたところ、

今度はイボクラゲがやってきてその周りにいるアジ科の幼魚も一緒に。

すっかり堪能した夜の海でした。

ちゃんと珍しい生き物は紹介したと思うので、

きっと楽しかったハズです。

自分自身が一番楽しんでいるのが正直なところです。

ではまた。

ポイント 秋の浜 雨のち曇り 気温18℃

南3m╱s 凪 うねり弱

水温20℃ 中潮

オオサルパの連鎖個体がフラフラとやってきて。

PC175515_convert_20191218081622.jpg

よ~く近くで見たら、アミダコと思われる個体がたくさん入ってました。

今まで一匹だけ入っていれば大当たりだったのに、

沢山いるものだから驚きです。。。

PC175552_convert_20191218081818.jpg

甲殻類もフラフラと。

落ちてくるように泳いでいたエビ類の幼生。

PC175557_convert_20191218082154.jpg

小さなイカ類も水面近くに漂っていました。

PC175564_convert_20191218082358.jpg

ライトの光に集まってきたのは、

大きなイボクラゲ。アジ科の幼魚も一緒に。

PC175576_convert_20191218082536.jpg

その中でも一番大きそうで撮りやすそうなのを。

PC175606_convert_20191218082740.jpg


何処もかしこも流れてやがる。。。

 日曜日の本日は、朝から北東風がやや強め。

予報通りの展開になったので、野田浜とケイカイへ。

午後は静かになった秋の浜へご案内してきました。

タイトル通り、

どこもかしこもブン流れてやがるエキサイティングな海。。。

もうね、ドライスーツだと辛いのよ。。。

ホント、静かになってほしいと願う気持ちが切に現れた気がします。

ゲストさんも頑張ってもらいました。

ありがとうございました!!

ではまた。

ポイント 野田浜・ケイカイ・秋の浜

曇りのち晴れ 気温13℃ 北東5m╱s

波2→1.5m うねりなし 

水温18~20℃ 透明度15~20m 中潮

野田浜では、美白効果が顕著に出ているネコザメがいました。

ほんと、ホワイトなネコザメです。

アルビノって感じではありませんが。。。

PC155444_convert_20191215192045.jpg

ゴールド感を引き立たせるために、ライトの演出で。

マツカサウオ。

PC155455_convert_20191215192321.jpg

ガンガン流れているアーチの中で、余裕な感じを見せていたツバメウオたち。

いつも入る方からだと流れに向かって辛いので、裏手から攻めて。

先にそうしていた別ショップのガイドさんとゲストさんが、

そうやっていたから真似したような気もするけどね。。。

PC155481_convert_20191215192531.jpg

超激流のケイカイでしたが、アオウミガメだけはわんさかでした。

目に止まったのは、フジツボ付きのアオウミガメ。

特徴があるアオウミガメでしたね。



ラストダイブの秋の浜では、ニシキフウライウオ。

このあとすぐにブン流れでヘトヘト。。。

PC155493_convert_20191215195731.jpg

浅場では石を捲らずとも出ていたキンチャクガニ。

いつもこうだと非常にありがたいけど、そうはならないよね。

PC155504_convert_20191215195927.jpg


季節風の今日の海へ。

 今日から新規ゲストさんをお迎えして海へご案内です。

朝到着後は静かな海だったものの、徐々に季節風が吹き始めました。

そのため、秋の浜オンリーとなりましたが静かで富士山バッチリの海況。

初のドライスーツでのダイビングでしたが、

1ダイブごとに上手になっていく様子が伺えます。

何事も初めはチャレンジ精神で頑張って! ですね。

明日は風が落ち着くかな~???

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温16℃

南西4~13m╱s 波1.5m うねりなし

水温19℃ 透明度20m 中潮

水深15メートル付近で見つかった、

ありがたやのウデフリツノザヤウミウシ。

本当にありがたい。

PC145406_convert_20191214185458.jpg

クラカトアウミウシ。

見掛けないウミウシが目に止まりました。

PC145415_convert_20191214185653.jpg

ゲストさんがじっくりと撮影したい場所のクマノミ城にて。

ミツボシ幼魚が盛り沢山の状態が続いています。

PC145425_convert_20191214185900.jpg

キンチャクガにも探しやすくなってきました。

PC145433_convert_20191214190049.jpg