FC2ブログ

夏陽気に恵まれて。

 今日から10月だというのに、夏日です。

南の方にある台風の影響で気温が上がっている様子。

週末に当たらないことを願います。。。

ありがたい陽気に恵まれているのでさっそく海へ行ってきました。

マクロ生物が楽しい海に変わりはなく、

青い海と快適な水温と被写体が豊富な秋の浜。

リサーチを専念する日々が続きそうです。

新しい発見や、積み重ねのデータも大事ですね。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温28℃

北東4m╱s 波1.5m うねり弱

水温23~25℃ 透明度30m 中潮

至る所に存在している小さめのエンタクミドリイシ。

そこには、毎年のように定番になっている?

フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚やナンヨウハギ幼魚が住み着いています。

一昔前までは、一匹でも登場したら驚きでしたが、

今はもう当たり前のような状態になりつつありますね。

PA012399_convert_20191001153220.jpg

今年は数が多い登場になっています。

セダカギンポ。

すくすくと成長中の様子でした。

PA012423_convert_20191001153638.jpg

タスジコバンハゼ。

これも、成長するまでには消え去る運命をたどるのが普通でしたが、

姿や形が分かるほどまで成長できているのは驚きです。

PA012439_convert_20191001153909.jpg

あちこちと点在しているヤシャハゼ。

ほぼペアの巣穴が多いのですが、寄ると隠れる。

離れて様子を見るのにも水深が。。。

今までのような場所でまた見れると嬉しいですね。

PA012443_convert_20191001154144.jpg

コガネスズメダイ幼魚の密集を撮りたかったけど、

そうそう簡単にはいかないから楽しいですね。

PA012449_convert_20191001154432.jpg

あるあるのパターン。。。

昨日までガイドでリクエストを受けていて、

必死になって、ようやく見つけたウデフリツノザヤウミウシ。

今日はしれっと普通に移動中の個体を見つけて。。。

PA012462_convert_20191001154913.jpg

大きなヒラマサがホンソメワケベラにクリーニングを受けていました。

PA012464_convert_20191001155212.jpg

シングルのカミソリウオ。

ペアだって聞いていたんですけどね。。。

PA012478_convert_20191001155530.jpg

あちこちにいるハナミノカサゴ幼魚。

PA012486_convert_20191001155750.jpg