FC2ブログ

23年ぶりの大瀬崎へ!

 今回は伊豆の大瀬崎へいってきました。

まず最初の目的である、伊東市で行われた意見交換会に出席させていただき、

午後からみっちりとお勉強です。

初めての参加で伊豆大島の④ショップの皆さんとです。

ためになる事ばかりで、伊豆大島も頑張らないといけないなぁ~。

そんな事ばかり思っていました。

初日は伊東で泊まり、翌日に大瀬崎へ移動。

本来の目的を無事に終えて、ここからは僕らの本領発揮するところかな?

学生時代にアドバンス講習でナイトをやった記憶がありますが、

そんな昔の事はとっくに忘れている。。。

当たり前か。 23年ぶりだもんね。。。

無事に到着し、チェックインも済ませお昼ご飯から。

のんびりと自分たちのペースで進んでいるので、

完全に遊びモード全開です。

今回お世話になります、大瀬館マリンサービスさんへ!

スタッフの方に挨拶を済ませ、ちょうど海に行く準備中だった、

K君にブリーフィングとガイドをお願いしちゃいました。

マジで頼んでよかったと思ってます。。。

お初の生物に目を奪われて、感動ものばかりです。

個人的に、テングノオトシゴとミジンベニハゼが素敵すぎました!!

やっぱり伊豆大島には出てこない生物には、

ガイドとして食いつきが違いますね。

そんなこんなで、最後にはアンコウを教えてもらう予定でしたが、

見当たらない。。。

まあまあ、そんな簡単にスイスイと見つかってもね~。

と思っていたら、僕のすぐ脇にいるじゃないですか!!!

ベルを鳴らして、みんなに教えて僕も撮影して。

ちょっとだけ、やってやった感を出してみましたが、

ガイドとしてのプライドや意地かな(笑)

カッコいい言葉を書いても、たまたまだと思いますけどね~。

その後、休憩を挟んで僕らだけで海へ再び。

全然ダメダメだったけど、ミジンベニハゼの場所とミズタマウミウシも。

これはこれで楽しかった。

あっという間に昼間の時間は終わり、いよいよ夜の海へ!

準備をしている時に、伊豆大島で約束していた阿部カメラマンが登場!!

堀口カメラマンにもお越しくださいまして、

なんだか本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

平日のナイトなのに、セルフゲストさんも多くいてさすが大瀬崎だな~。

そして、いよいよ海へ入りライトを設置していきます。

一体何が出てくるのか!? 楽しい時間が進んでいきました。

結果は、大当たりでもなければハズレでもない微妙な感じだったようですが、

イカ類は非常に多かったし、伊豆大島でも登場する生物も多かった気がします。

リュウグウノツカイを期待しすぎてた感は否めないけど、

楽しかった!!! そして、トイレがヤバかった。。。

あっという間の二泊三日の旅でしたが、

有意義な時間ばかりでした。

伊豆大島に戻ったら頑張ろうという気持ちが沸いてきます。

でもゆっくり休んでからね。

ではまた。

まず最初はイロカエルアンコウ幼魚からスタート。

P1303390_convert_20190201100028.jpg 

カミソリウオもまだいるんだね~。

P1303398_convert_20190201100157.jpg 

一番見たかったテングノオトシゴ。

全然動かないのでビックリでした。。。

可愛かったぁ~。

P1303403_convert_20190201100305.jpg 

ミジンベニハゼも嬉しかった。

伊豆大島は何度か登場した事があるけど、

それも昔の話だから、やっぱ可愛いね~。

P1303416_convert_20190201100446.jpg 

スナイソギンチャクのそばにいた、サガミツノメエビ。

教えてもらったけど、「うん?」 ってなったね。。。

P1303417_convert_20190201100909.jpg 

ハクセンカアカホシカクレエビ。

伊豆大島では、ほぼアカホシカクレエビか稀にアキノハマカクレエビかな。

この後、スナイソギンチャクに指をやられたけどね。。。

P1303424_convert_20190201101407.jpg 

海から上がって聞いたら、ツノザヤウミウシって言われたけど、

ウミウシ図鑑を見るとフジタウミウシ属の一種②っぽいね。

P1303436_convert_20190201102014.jpg 

お初のアンコウ。

小さめでした。 伊豆大島にも欲しいなぁ~。。。

P1303440_convert_20190201102232.jpg 

ラストはクマドリカエルアンコウで〆。

P1303447_convert_20190201102435.jpg 

ここから自分たちでマイペースに。

鳥居と犬のオブジェと色々あって面白いね。

P1303451_convert_20190201102547.jpg 

ミジンベニハゼのところでじっくりと時間を。

P1303459_convert_20190201102733.jpg 

ミズタマウミウシ。こっそり教えてもらいました。

P1303463_convert_20190201102846.jpg 

撮りたくなっちゃうよね~。

伊豆大島でもビンの中に入っているニジギンポがいるんで。

P1303474_convert_20190201103016.jpg 

ここから夜の部へ。

ヤリイカ科の一種かな???

伊豆大島でもよく登場するイカが多かった気がします。

P1303481_convert_20190201103223.jpg 

ベニクラゲモドキ。日中でも出てました。

P1303483_convert_20190201103514.jpg 

ちょっと違うタイプだと思うけど。。。

P1303495_convert_20190201103636.jpg 

ヨコエビ類なのかな?

P1303505_convert_20190201104006.jpg 

タルマワシもコンスタントに登場したようです。

P1303518_convert_20190201104144.jpg 

全然上手く撮れなかったけど、

クロアナゴ属のレプトケファルス幼生。

P1303533_convert_20190201104249.jpg 

ヒメイカかな?

P1303544_convert_20190201104435.jpg 

ミズヒキガニ科のメガロパ幼生。

P1303565_convert_20190201104544.jpg 


綺麗な目に魅了されて。

 日曜日は朝から快晴で気持ち良い青空が広がりました。

土曜日は大気が不安定の影響で風もコロコロ変わり、

夕方には雪が降りました。。。 雷も鳴ってたし。。。

寒い日が続いていますけど、元気に海へ出掛けてきました。

車で秋の浜へ向か時に、ふと年明けで訪れた場所が気になって。

砂地エリアへ向かいました。

まず最初はクマドリカエルアンコウの場所へ。

そのまま砂地へ降りて潮の流れに乗りながら進んでいきました。

帰りは逆らって戻らなければならないハメになりましたけど。。。

訪れた場所には残念ながら見当たらなかったけど、

別の所にいてくれたので、そこで集中して。

目がキラキラと輝いている感じで魅了されてました。

また新たな場所を探したり、あちこち出掛けて見つけたいと思います。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温8℃ 南西2m╱s 波1.5m

うねりあり 水温16~17℃ 透明度20m 小潮

ほぼ同じ場所でずっと変わらずにいてます。

P1273351_convert_20190128074255.jpg 

ストロベリーみたいな色合い。

アヤメケボリタカラガイ。

P1273362_convert_20190128074439.jpg 

目がキラキラして魅了されてました。

ガラスハゼ。

P1273375_convert_20190128074647.jpg 

浅場の壁でルージュミノウミウシ。

P1273378_convert_20190128074811.jpg 

イバラカンザシも向き合ってみると綺麗な色彩が多いです。

P1273387_convert_20190128074930.jpg 


冷えるけど楽しい!

 毎日寒い日が続きますが、今日は特に朝から冷え込んでます。。。

ですが、やっぱり海は癒されるし楽しいね!

冷たくて寒くて、と思っちゃいますけど海に入った瞬間から、

青くてクリアな世界が広がると、パッと目が大きくなる気がする?

さてさて、やはり冬の海らしく冷たくなる時間が早くなります。

その中で、素敵な生物に会えると探して探して。

今日はやけに潮流が強くて苦戦を強いられましたが、

そこは受け入れながらも沖へ出ては複雑な流れに翻弄されて。。。

無理しないように早々に浅場に戻ってみたら、

白いサルパ??? いやいや、大根ですね。。。

なんだろう? って不思議に思いながらも写真を撮りました(笑)

海の中もいろんなものがありますね。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り 気温7℃ 北東5m╱s 波2m

うねりあり 水温16℃ 透明度20m 中潮

スケロクウミタケハゼ。

イソコンペイトウガニを探しながら、ちょろちょろ動き回ってます。

P1253313_convert_20190125120337.jpg 

別の場所にいた小さいイソコンペイトウガニ。

P1253327_convert_20190125120727.jpg 

同じ岩に変わらずに。クマドリカエルアンコウ幼魚。

けっこう長い期間いてくれてますね。

P1253334_convert_20190125120850.jpg 

サルパというより、ウミウシに見えてきた。。。

大根。。。

P1253340_convert_20190125121025.jpg 


明るい海は継続してます。

 週末は本土へ出掛けてました。 年の恒例行事ともなる、

厄除けですね~。 朝からありがたいお言葉を聞いて厄払いしてきました。

これで、今年も身を引き締めて頑張ろうと思います。

昨日、大島へ戻ると風は強いものの、やっぱり暖かいです。

夜の集まりがあった際に、お聞きしたところ週末の海へ冷たかった。。。

恐る恐る平日の今日の海へ出掛けてきましたが、

17℃はあったので、そんなに冷たくは感じずに。

深場は16℃だったけど、クリアで明るい海で気分は上がります!

小さなネタばかり探してましたが、冬ならではの生物も登場してきそうですね。

一時期の水温が高い状態は、黒潮の影響があったと思われますが、

着々と冬の海になっている様子でした。

寒い日々が続いてますが、海に行ける日はしっかりと見て行こうと思います。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温12℃ 東╱南西3m╱s

波1.5m うねり弱 水温16~17℃ 透明度20m 大潮

ニラミギンポ。 もう少しだけ目の向きに合わせられたら、

リングライトの光が上手く入ったかも。。。

でも、興奮色が出ているからそれはそれでいっかな。

P1213224_convert_20190121130120.jpg 

キイロウミウシ。 エビが乗っているのを少し期待してましたが、

やっぱりね。。。

P1213232_convert_20190121130409.jpg 

あれ? この時期にこのサイズのアマミスズメダイ幼魚って。。。

近くにもう一匹いました。。。

P1213239_convert_20190121130547.jpg 

クロフチススキベラも大きくなって。。。

P1213255_convert_20190121130729.jpg 

ナカソネカニダマシだったかな?

P1213265_convert_20190121131027.jpg 

良い場所にいたね。

ウデフリツノザヤウミウシ。

P1213271_convert_20190121131246.jpg 

クラサキウミウシ??? 

この感じのウミウシは似ているのが多くて混乱しますね。。。

P1213296_convert_20190121131453.jpg 

昨夜にガイド仲間に聞いた情報で探してみるかな~?

見つけたと思ったら、ちっちゃ!!!

もう少し大きいのを当てられたら。。。

キンチャクガニ。

P1213297_convert_20190121132045.jpg 

そっと岩に移動させて。

今度はもう少し大きいサイズを見つけようと思います。

P1213302_convert_20190121132117.jpg 


久々の日中は明るいね。

 今日は久しぶりに日中の海へ!

やっぱり日中は明るいよね~。。。 当たり前か。

月夜になりつつあるから夜も明るいですけど。

そんなんで、久々の日中は何故か眩しく感じます。

最近、見かけないウミウシたちをじっくりと探してました。

正直言うと、

夜の部がアツすぎて日中に気合が入らなくなってしまう症候群かも?

今日はそんな風に感じてしまいましたが、

連休中にザトウクジラの遭遇のチャンスがあったらいいなぁ~。

なんて思うこともしばしば。

そんな都合よくいくわけではないけど、

ダイビング中にクジラに出会えるってホントに凄いことですよね。

しばらくこの感じが抜け出せそうにないかも。。。

明日からの週末は昨年からの恒例行事のため出掛けてきます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ時々曇り 気温9℃ 北東2~3m╱s

波2m うねり弱 水温17℃ 透明度20m 中潮

この場所の上にライトを設置していたなぁ~。

そう振り返ってしまう自分がいます(^^;

P1183161_convert_20190118131203.jpg 

ちょっと寄らせてもらって。

スケロクウミタケハゼ。

P1183177_convert_20190118131459.jpg 

小さいピカチュウが目に止まりました。

可愛いサイズです。

P1183183_convert_20190118131739.jpg 

スミゾメミノウミウシと卵。

P1183199_convert_20190118131923.jpg 

こっちのピカチュウもイイ感じのサイズでした。

P1183207_convert_20190118132107.jpg 

タテジマキンチャクダイ幼魚の動きが、

そろそろ鈍ってきたような。。。

でも、ホント凄いことです。黒潮の力は。

P1183209_convert_20190118132239.jpg 

クマドリカエルアンコウ幼魚は同じ岩で動いています。

P1183217_convert_20190118132546.jpg