FC2ブログ

日中のリサーチと夜のリサーチも。

 月曜日の今日は、

週末にご紹介したクマドリカエルアンコウ幼魚を撮るのをメインだけど、

他の新たな発見も狙いながら。

午前中は用事があったのでお昼から出掛けてきました。

いつものように秋の浜にエントリーしたら、

ん?

ハウジングの中にユラユラと水溜りが。。。

おやおや。。。

でも、大丈夫!! オリンパスだからね。

のちのち、ハウジングのメンテナンスが面倒ではありましたが。

カメラも防水だから全く持って心配なしです!!

撮影も難なく無事に。

エントリーの衝撃が強かったのかも?

でも、いつものように気を使いながら入ったんですけどね。

これからも気をつけたいと思います。

狙いの他のカエルアンコウは見つからなかったけど、

ツノザヤウミウシがペアでコケムシをムシャムシャしていたり、

ほっそいカミソリウオがシングルで見つかったりしました。

日中はここまで。

夜のライトトラップが待ってます。

今夜から、新月回りの闇夜が始まります。

③ショップ合同で秋の浜のライトトラップへ!

今夜は当たりの海でした。

タルマワシもレプトケファルスもイカも数種類出たり甲殻類も多く登場!

クラゲも多かったから予感は的中でした。

時間になってきたので、ライトを片付けをしようとしたその時に!!!

いつもより激しく鈴が鳴り響くので、

近づいてみたら、初めてみるバージョンのタコがいました!!

阿部カメラマンの美しい海の浮遊生物図鑑に掲載されている感じのタコかな?

とにかく初めて見る生き物には、俄然みんなテンション上がります。

まあ、これは伊豆大島ではもう普通扱いになりますけどね。

それぐらいポテンシャルが高い伊豆大島の海ですから。

海から上がると入る時にはどんよりしていた雲がなくなり、

星空が凄く綺麗な夜空が広がってきました。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 曇り時々雨 気温20℃ 北東╱北西4~m╱s

波1.5m うねりなし 水温22~23℃ 透明度10~12m(日中)

中潮  

満潮 2:52・15:09 干潮8:54・21:31

なかなか良いアングルになってくれないのがさすがです。

クマドリカエルアンコウ幼魚。

PB059160.jpg 

ツノザヤウミウシのペア。

次はピカチュウ探しかな?

探していたんですけど、まだちょっと水温高めだから?

でも、

カンナやツノザヤが出てるから居てもおかしくはないんですけど。

PB059177.jpg 

ほっそいカミソリウオのシングル。

明日には同じ場所には居ないだろうな~。

PB059188.jpg 

アオパンダホヤ(通称)

PB059209.jpg 

今夜のライトトラップリサーチは、

いろいろ出たけど、最後の最後で初見のタコが一番でした!!!

無触毛亜目一種[タコ目]が一番近い感じです。

マダコ科のテナガダコやカクレダコがそうらしいです。

ホント、楽しい夜の海でした。 

PB059290.jpg