FC2ブログ

鍵井カメラマンと一緒に早朝ハンマー狙いへ!

 昨日から伊豆大島へ来島された、

鍵井カメラマンが伊豆大島の海を紹介してくれてます。

伊豆大島ダイビング連絡協議会主催のカメラマン誘致企画です。

3年前にも伊豆大島へ来島されましたが、

伊豆大島には昔から何度も足を運んだことがあるそうです。

今日は2日目で当店が担当させていただきました。

早朝ハンマーヘッドシャークからスタート。

早朝というより超早朝のハンマーヘッドシャークを狙い、

ケイカイへご案内です。

昨日は自分がリサーチとして早朝ハンマーをチェック。

ここ最近は、

手前の根の入り口から登場しているので少し安心していたのですが。

今朝は潮の流れが根の間に入り込み、沖へ出るのが少しだけ苦労する感じに。

しかも、水温が一段とアップされて29℃近くまで上昇。

水底付近でも25℃はあるので、水温差でサーモクラインが出てます。

そして、手前では全然ハンマーが登場しない。。。

これは、後半の時期によくある形とにらんで沖へ向かう事にしました。

予想が的中して最初の群れは7~8匹のハンマーが登場。

しかし、少し距離があったために目視で確認。

その後、静かな時間帯が長く感じると思い始めたので、

さらに沖へ出ようとした時でした。

今度は数は少ないけど近くにハンマーが通ります!

これはさすがにもらった!! 鍵井カメラマンも撮る態勢を整えます。

なんとか2回目の群れで収められた様子。

単体も登場はしたのですが、狙いは群れ。

そろそろ終盤を迎える時に、もう一度群れが登場しました。

しかし、群れが離れていってしまったために残念。

ゲストさんにお見せするのと、

プロのカメラマンに撮ってもらうガイドの違いが鮮明に出た結果となりました。

これは申し訳ないとも思いましたが、

なにせ初の超早朝ハンマーヘッドシャークなので、

初回でコツをつかんでもらえただけでも良かったかと。

ガイド同士が考案した「BNS」も成功したと確信してます。

そして朝食と休憩をした後は、

秋の浜でソフトコーラルを狙いに右のトサカ林へご案内です。

ソフトコーラルがシャキッとしていれば、それに集中してもらう。

ここまでの段取りや説明までは良かったものの、

いざ海へ入り、目的地へ到着すると?!

あれ??? ソフトコーラルが。。。

これではワイドの絵が撮れない。。。。。。。

自然相手のトラブルはつきものですが、まさか見事なまでにない!!

う~ん。。。

そうなると、群れの魚にシフトチェンジするしかなさそう。

ちょうどイサキやタカベが群れているので、それに集中してもらって。

海藻やサンゴも撮影されたり、幅が広いんだなぁ~。

そう思いながら水中で撮影される姿を見ていました。

浅場ではミナミハコフグ幼魚がいたので、それに一点集中する形に。

海から上がってお話を聞いたときに、

ミナミハコフグ幼魚がお気に入りだったようで、

いつもより長く時間を取られたそうです。

個体によっては、目が💛マークになる瞬間があるみたいなので、

今度じっくりと観察してみようかと思います。

秋の浜は水温や透明度が低い海でしたが、

それはそれで楽しめる要素がいくつもある。

そんな言葉を聞いて、やっぱりプロのカメラマンは凄いな!

またひとつ勉強させていただきました。

ありがとうございました。

まだまだ日数はあるので、

伊豆大島の代表するガイドさんたちにご案内してもらい、

素敵なシーンや伊豆大島の海を紹介してくださいね。

ではまた。

ポイント ケイカイと秋の浜 晴れ時々曇り 気温32℃ 北東3m╱s

波1.5m うねりなし 水温25~29℃ 透明度12~15m 中潮

群れを動画で撮影できるチャンスがありました。

単体は静止画でゆっくりとシャッターチャンスを狙って。

P7252728.jpg 

ニザダイも群れになるとなかなかの迫力があります。

P7252727.jpg 

二回目の群れで何とか撮影できた?!

今日は全体的に少なめのハンマーでした。。。



秋の浜は、〇~〇お茶 みたいな透明度で。。。

イサキの群れとタカベの群れでお茶を濁す形に変更です。



被写体にジェスチャーをして会話を試みる鍵井カメラマン。

一体何だったんでしょうね~???

P7252738.jpg 

群れはまとまりがあって良かったと勝手に信じ込んでいます。

P7252745.jpg 


平日は順調な感じで。。。

 今朝は少しウネリが残るものの、穏やかに回復してきている早朝の海。

平日は静かになってしまうのがあるあるなんですが。。。

そんな中、今朝は早朝ハンマーを見に行ってきました。

エントリーしてすぐ根の入り口で大きなハンマーたちがゆっくりと。

でも、透明度が微妙な感じ。

少し沖へ進むと、潮の流れが入り込んでいる辺りはそこそこ良い感じに。

根の中間あたりで、いつものように数匹のハンマーたちが見られました。

そこからさらに沖へ出ていくと、

大きな単体から4~5匹のハンマー。

そして、20ぐらいの群れが通り過ぎました。

今シーズンの一番の群れが見れた瞬間です。

もう少し透明度が上がれば嬉しいけど、贅沢は言ってられないです。

しばらく静かな時間帯が流れて、また数匹程度のハンマーを見て。

戻りながら根の入り口に差し迫る時に、

大きなハンマーの群れ(15ぐらい)がやってきました。

どうやらイサキの群れを追い込んでいる様子。

もう少し近くで見たいけど、ハンマーたちが逃げそうなので離れて観察。

貴重なシーンを目撃しました。

透明度が上がってもっと近くで見れたら捕食シーンも見れたかもね。

昨年に一度だけ見た事があったので、またチャンスがあったら。

ではまた。

ポイント ケイカイ 晴れ 気温25℃ 北東1m╱s

波1.5m うねり弱 水温24℃ 透明度12~15m 中潮

帰り道の水深5~7mにて。

P7242718.jpg 

潮辺りが良い根待ちポイントではゆっくりと泳ぐ姿が観察できます。

P7242699.jpg 

ちょっと動画が長くて泡も写ってますけど、今日イチの群れです。



下の動画が最初でした。。。




久々にマクロにどっぷりと。

 今日はお休みをして体をゆっくり休めようと思っていたんですけど、

しばらくマクロにどっぷりと浸かる日が無かったなぁ~。

そう思いまして。。。 それと異常に暑すぎる。。。

大島では、そうそう30℃越えはしないものなのですが、

今年はヤバい!! 今日の最高気温が34℃って。。。

海風が無さ過ぎて溶けますね~。

そうならないためにも、じっくりとマクロに集中してきました。

昨日は台風のウネリの影響のために、

早朝ハンマーが断念せざるを得ない悔しい結果となりましたが、

このカリは必ず返すと心に誓って。

今朝も行こうとしたんですけど、やっぱりうねっていたからやめました。

明日は落ち着きそうなので行ってみようかと思います。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温34℃ 南西3m╱s

波1.5m うねり弱 水温21~23℃ 透明度10~12m 若潮

エントリーしてちょっと先にいたのはミナミハコフグ幼魚。

段落ちにもいるけど、こっちのが色が出ているからイイですね♪

P7232506.jpg 

小さすぎたテントウウミウシ。。。

P7232521.jpg 

少しだけ時期がズレた?

ギラギラしちゃったナガサキスズメダイ幼魚。

P7232546.jpg 

シロミノウミウシ。ちょこちょこ移動します。

P7232565.jpg 

いつものヤシャハゼ。

でもシングルです。

P7232573.jpg 

ホタテツノハゼも元気に出てました。

P7232580.jpg 

ハナオトメウミウシ。

P7232583.jpg 

ルージュミノウミウシ。

P7232595.jpg 

リュウモンイロウミウシ。

P7232605.jpg 

シロイバラウミウシ。

P7232614.jpg 

自分的に今シーズン初のツノダシ。

P7232622.jpg 

白バージョンのミツイラメリウミウシ。

しっかし、よくウミウシが目に止まります。。。

P7232628.jpg 

クマノミの卵。だいぶ巣立ったのが目立ちますね。

手前にある卵ですが、奥の方にはまだびっしりと並んでました。

P7232650.jpg 

奥の方にある卵。

P7232638.jpg 

ミヤケテグリ幼魚の大と小。

これも今年お初でした。

P7232684.jpg 


早朝は次回に。

 昨日のウネリが大きくならなければ。

そんな心配が見事に的中してしまった今朝の早朝ハンマーチャレンジ。

ケイカイや野田浜は見事なまでに、

台風の影響と思われるウネリが入り込んでました。

さすがに命に係わる心配が強いので勇気ある撤退をしました。

そのまま落ち込んだ雰囲気が車内に立ち込める状況下に、

チームリーダーの方が、このままで終わるのも気が引けるので、

秋の浜に行きませんか???

その思いで、皆さん秋の浜へ早朝ダイビングに変更です。

昨日の透明度の悪さが残るイメージが強いので心配してはいたんですが、

入ってみたら、かなり回復してました。

これなら群れの魚もよく見えるし、あわよくば。

トビエイだけがゆっくりと見れたかな。。。

そんな感じでした。

その後も、午前中のいつもの時間帯にもう一度、秋の浜へ。

さらに透明度は回復してましたが、水温がガクンと下がって。

これは昨日から続く秋の浜によくある冷水塊ですね。

色々ありますけど、無事に週末のダイビングは終了しました。

早朝ハンマーは次回にリベンジで。

よろしくお願いします!!ありがとうございました~。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温31℃ 南西~南5m╱s

波2m うねり強い 水温18~22℃ 透明度15~30m 長潮

ヒカリボヤが流されてきて。ここまではよくある形なんですが、

まさかのウキエビ属の一種のエビが一緒にいるとは。。。

お初でした。

P7222455.jpg 

タカベの群れに夢中です。

P7222461.jpg 

ハシゴに備え付けのビンには、ニジギンポが休んでいます。

P7222467.jpg 

早朝も午前中もタカベの群れがイイ感じでした♪

P7222480.jpg 

やっぱりカスザメいました。

P7222485.jpg 

オキナワヒオドシウミウシ。

まだちゃんと名前が頭に入り込まない。。。

P7222497.jpg 


早朝ハンマーと日中と青と緑の海へ。

 今朝は早朝ハンマーリクエストからスタート。

時間的には遅めに設定して、いつもよりゆっくりでいきました。

沖へ目指しながら進んでいくと、まず最初は数匹で。

その後、単体から3~4匹のハンマーをゲット!!

大きいサイズばかりで見やすさや見応えは十分です。

透明度が下がってしまったのが残念ではありますが、

根待ちの通り道をチェックすれば、近くへ来てくれることもあるので。

ハンマーが来た!! からといって、急に飛び出したり向かって行けば、

確実に逃げられるし群れだったらバラバラになってUターンしちゃいますからね。

遅めの時間帯だから、僕らでほぼ貸し切り。

ゆっくりとハンマーの姿を堪能してきました。

その後、夏の常連メンバーさんを迎えて、再びケイカイヘ。

初参加の方がいらっしゃったので、まずは日中のケイカイをご案内です。

明日の早朝ハンマーに向けて予行練習ですね。

大きなアオウミガメやマグロの群れが通ったりと、

日中も賑やかな感じです。

休憩してから野田浜へご案内してきたのですが、

まさかのツバメウオの群れが見当たらず。。。

そして軽めの逆潮。。。

もうムキになっちゃったので、普段はいかないサメ待ちの根まで泳ぎまくり。

帰りは小アーチまで潜って帰るという、

体育会系のような感じで、みなさんゲンナリでした???

癒しのミナミハコフグ幼魚がいたのでお茶を濁したつもりでしたけど。

お昼ご飯を食べて休憩して午後からは秋の浜へ。

エントリーした瞬間、「終わった」 そう思うほどの透明度。。。

緑の海が素敵に広がる、この時期にしてはやっちまった感の海です。

一日も早く良い潮に覆われる事を願いたいですね。

明日も早朝から攻めたいと思います。

ではまた。

ポイント ケイカイ・野田浜・秋の浜 晴れ 気温32℃ 南西7m╱s

波1.5m うねり弱 水温21~24℃ 

透明度12~15m(秋の浜以外) 小潮

朝日を迎えてのハンマーたちと。

P7212415.jpg 

単体ですが、わりと近くを通ってくれました。



ちょっと遠めですが、数匹のハンマーがやってきます。



みんな色んな感じで潜ってます。

P7212421.jpg 

日中のケイカイは潮が明るくなりました。

P7212423.jpg 

アーチの中にいるテングダイを見ているゲストさんたち。

P7212429.jpg 

これが今の秋の浜の現状です。。。

う~ん。グリーンな海が広がってますね((+_+))

P7212443.jpg