五月の終わり。雨がシトシトと。

 昨日からのゲストさんを迎えて、今日は最終日です。

朝早い時間帯は晴れ間もあったので安心していたら、

徐々に厚い雲に覆われてきて、雨がシトシトと。

寒さの影響も出てきてしまうため、早め早めの時間帯で行きました。

まず最初は、ケイカイヘ。

朝一の潮の流れもチェックしときながら、

1ダイブはどうか?

結構な流れが入って来ていたために、沖の砂地エリアは断念。。。

行ってたら、たぶん洗濯機の中みたいにグルグルしてたろうな~。

止めて正解です。

でも、アオウミガメを見たり、

イサキやホウライヒメジとキンギョハナダイがぐっちゃりと。

魚の群れ! って感じを堪能してきました。

ラストダイブは秋の浜へ。

リピーターゲストさんのリクエストでハゼ狙い。

目的のハゼはお留守番でしたが、

ヤシャハゼは変わらず出まくりでした。

そこでじっくりと。

今日は雨なのに何故か?!元町港出帆なのがナゾでした。

ではまた。

ポイント ケイカイと秋の浜 気温21℃ 南/南西4~6m╱s

波1.5m うねりなし 水温20~21℃ 透明度10~15m 大潮

ケイカイの地形と様々な魚の群れたち。

青い海が広がり始めてます。

P5317525.jpg 

水中の切り立った両岸壁の壁を進む。

ケイカイの地形ならでは。

P5317534.jpg 

ラストダイブの秋の浜では、中性浮力をマスターしたゲストさん。

次の海では今よりも、もっと楽しめると思います。

しっかし、ガクブルだったね((+_+))

P5317542.jpg 

ヤシャハゼをじわりじわりと接近しながら撮影をしている、

リピーターゲストさん。

僕がゆっくり近づいたらホバーリングをやめたようです。

サーセン。。。

P5317551.jpg 


雨降りだす前に。

 今日から新規ゲストさんとリピーターさんを迎えて、

ファンダイビングのご案内です。

気になる天気。雨が降り出す前にサクッとご案内しましょう。

ということで、お昼またぎもしながら続けて海へご案内してきました。

結局は、雨がドバっと降る出す頃には温泉でまったりしてもらって。

日中のダイビングは雨降りだすことなく行けました。

野田浜からスタートして秋の浜へ。

野田浜では、アーチとツバメウオの群れとキンメモドキの群れ。

ウミウシも各種紹介したり、リピーターゲストさんが貝付きを発見したり。

秋の浜ではアサヒハナゴイ幼魚を中心に、

ベニカエルアンコウなどのマクロ生物がメインでした。

とっても透明度が高くて素敵だったけど、

水温がガクッと下がってしまったのは、秋の浜あるあるですね。

明日も日中は天気が持ってくれることを願います。

ではまた。

ポイント 野田浜&秋の浜 曇り 気温23℃ 東2m╱s

凪 うねりなし 水温18~21℃ 透明度12~20m 大潮

野田浜アーチとゲストさんたち。

P5307427.jpg 

キンメモドキの群れと一緒に。

P5307452.jpg 

今年は海藻が多い年なので。

流されてくるヒロメと一緒に。

P5307477.jpg 

実は天に召されたアイゴです。。。

P5307485.jpg 

コツを教えてすぐに発揮しているゲストさん。

中性浮力をほぼマスターしてました。

P5307498.jpg 


始まりはいつもそうだね。。。

 どうやら先週末辺りからハンマーの姿が現れたようなので、

今朝から再開して、行ってきました。

上げ潮のタイミングなので潮流の動きは、ほぼないだろうと。

予想通りの展開で、全体的に白濁りが漂う雰囲気。。。

これは厳しいなぁ~。。。

その通りだったんですけど、

別ショップのガイドさんはゲストさんと単体のハンマーを見れたようでした。

最初に根待ちしたいつも通る場所から。

イサキの群れも一直線に隊列を組みながら移動していたし、

大型の捕食魚(ヒラマサなど)とか、ハンマーに狙われにくいように?

もしくは群れ全体が捕食されるのを避けての移動?

色々と考えてしまうような動きとか。

沢山考えることがあるから悩んだり面白かったりですね。

でもとりあえずは、

出ていることを確かめたかったのでまたチャレンジしていこうと思います。

写真は残念な感じでスミマセン。。。

ではまた。

ポイント ケイカイ 曇りのち晴れ 気温20℃ 南2m╱s

凪 うねりなし 水温21~22℃ 透明度10~12m 大潮

いくつかある根待ちの場所で。

残念な感じのキンギョハナダイしか写ってないけど。。。

P5297384.jpg 

と、今日はココで終わると思いきや、

お昼前に電話が鳴り、「今から体験ダイビングってできますか?」

もちろん! 出来ますよ~。

そんなわけで、急ではありますが体験ダイビングのご案内へ。

車中の話になりますが、

てっきり宿泊されるのかと思って聞いてみたら、

「日帰りです」

マジか!!! そして今日は元町港出帆。。。

時間がない!! 急ぎたくても急ぐわけにはいかない!!!

ショップで速攻準備をしてからの海で説明を済ませて、

いざ!!

すんなりと海に入れて良かったね。

とっても理解力がある若い男性でした~。

次があるのであれば、もう少し計画性があることを望みます(゜_゜>)

ではまた。

余裕過ぎてあっさりと海へイン!!

ちょっとビビってたけど、ラストは笑顔でした!

P5297393.jpg

 

良い天気の日曜日。

 朝からほとんど風がない。島ではそんな日は数えるほどしかない。

そんな好条件過ぎる日曜日を迎えました。

リピーターさんのファンダイビングから始まり、

午後は体験ダイビングのご案内でした。

ちょっと、潮が変わって透明度が今時期らしい感じになったかな?

水温は22℃ぐらいはあるけど、

秋の浜の深いエリアからは、冷たい潮も上がってきたり。

ファンのご案内では、ハゼ狙いはタイミングが悪くて沈黙。。。

変わりに、アサヒハナゴイ幼魚のダブルをじっくりと向き合ってもらいました。

午後の体験ダイビングは、若いご夫婦の方をお連れして。

初めての体験ダイビングで、やはり初めは緊張気味。。。

すぐに慣れてきて、あっという間に野田浜のアーチまで。

海に入る前に、同年代のガイドさんからカスザメ情報を頂いたので、

一緒に写ってもらう写真も記念に撮りました。

撮り終わってからアーチへ向かう際に、

後ろを振り向いたら、ゲストさんと同じ目線で泳ぐカスザメの姿が!

ちょいと驚きでした。。。

パニックにならなくて良かったね!

今週末は小忙しい感じで嬉しい悲鳴でした。

ではまた。

ポイント 秋の浜&野田浜 晴れ 気温25℃ 南西6m╱s

波1.5m うねりなし 水温22℃ 透明度10~12m 中潮

リピーターゲストさんがジョーフィッシュに夢中の最中、

僕はちょっとだけ海藻と遊んで。

アツバコモングサかな?

P5277314.jpg 

伊豆大島の代表の海藻でもあるヒロメ。

各ポイントで海藻が復活してきた兆しがあります。

過去数十年前までは、至る所で海藻に覆いつくされていたとか。

嬉しいですね。海藻も増えて生物も多種多様になるはずなので。

P5277320.jpg 

逃げるヒラメ。

P5277326.jpg 

緊張した時間も短めで、あっという間に慣れました。

体験ダイビングのゲストさん。

P5277340.jpg 

カスザメと一緒に撮影もしてみました♪

初めは、サメと聞いてドキってなったようですが、

サメらしくないフォルムと大人しいよ。と聞いたら安心してました。

不意にビックリさせなければね(p_-)

P5277362.jpg 

アーチで記念撮影も成功です!

P5277369.jpg 


曇り空でも海は青いです!

 今朝到着の客船のお迎えからスタート。

いつもながら思う事は、早くね?! 10分前には下船開始だし。。。

それは置いときながらも、

新規ゲストさんと一緒に秋の浜と野田浜へご案内しました。

伊豆諸島は初めて。

普段は西日本がメインみたいでした。

色々と楽しめたようです。 特に外食が(^^)

伊豆大島に来てまで、まさか郷土名物を食べるとは。。。

たまたま、それしかなかったんですけどね。

話は海へ。

秋の浜ではハゼを紹介しようと思ったら、出てない。

定番のものから美味しそうな魚たちまで。

ショップへ戻ってから、

体験ダイビングのゲストさんを迎えて野田浜へ行きました。

初めての体験ダイビングで少々緊張気味。。。

少しずつ慣れてきて、

後半はスイスイと。

緊張の顔がだんだんと楽しそうな顔に変化するのを見て、

やったな!! そう思いました。

水中で大先輩ガイドさんに、

白のベニカエルアンコウとネコザメを教えてもらって。

感謝です。

お昼またぎのファンダイブで、さっそくそのネタを紹介したり。

またまたツバメウオ挟み撃ち作戦も成功したり。

色々と楽しんできました。

ではまた。

ポイント 秋の浜&野田浜 曇り 気温23℃ 南~北東2~5m╱s

凪 うねりなし 水温22℃ 透明度12~15m 中潮

ツバメウオの集団。

思ったより大きかったと喜んでました。

P5267286.jpg 

テングダイと一緒に。

P5267299.jpg 

緊張も解けて、余裕の顔になってきました。

体験ダイビングゲストさん。

P5267246.jpg 

もうすっかり慣れて、クマノミと遊んでました。

P5267264.jpg