日中のガイドからライトトラップへ

 今日は低気圧通過の風が強くて船が心配でしたが、

遅れて高速船は無事に到着。

いつもお世話になっているショップさんのガイドで、

秋の浜にご案内してきました。

南西の風が強く吹き荒れようとも、

秋の浜はビクともしませんので余裕の感じ。

水温はガクンと下がってしまったけど、

青い海が広がり、それはそれでイイ感じです。

定番のジョーフィッシュからスタートして、

トウシマコケギンポエリアでまったりと。

途中でヒラメのペアを見つけて、

春限定の感じがしました。

求愛や産卵期になると一緒にいたりするので、

今だけな感じが旬でもあります。

無事に日中のダイビングは終了して、

別件で夜のライトトラップへご案内です。

今期から伊豆大島へお勤めされることになったゲストさんと。

初めてのライトトラップへお連れすることになりました。

ショップで説明をしてからいざ暗闇の秋の浜へ。

天気も曇り空になり、月明かりも少なく条件は申し分なし。

でも、ゲストさんからは「本当に真っ暗なんですね」

ええ。。。(汗) ナイトでもありライトトラップですから。

暗くならないとね。。。

今までナイトは経験済みだったけど、

それはむしろサンセットだったかもですね。。。

そんな話は置いといて、

ライトを無事に設置してすぐに出物が登場!!

最初はセミエビ科のフィロゾーマ幼生からスタート。

すぐにモエビ科のエビも登場したり、

テンクロスジギンポがフワフワと漂っていたり、

最後の方はサメハダホウズキイカ科と思われるイカも登場して、

自分的には成功だったライトトラップになりました。

初参加のゲストさん。見事にハマったようです。

今月に入ってからは初めてのライトトラップだったので、

上手くいった感はありましたね。

来週末は新月大潮回りなので、好条件が整いつつも、

機会があればライトトラップをしてこようと思います。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温19℃ 南西7~13m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~17℃ 透明度15~20m

小潮 月齢(20.5) 

満潮7:31・22:25 干潮2:07・14:53

魚眼レンズVS魚眼レンズとハリセンボンとビン漁礁。

なんのこっちゃ。。。

P4076517.jpg 

ヒラメのペアを見つけて。

P4076523.jpg 

夜の海を漂うテンクロスジギンポ。

いつか稚魚サイズに出会えたら。

P4076547.jpg 

カニ科のメガロパ幼生。

小さすぎました。。。

P4076562.jpg 

サメハダホウズキイカ科と思われるイカ。

じっくりと撮りたい気持ちも半分に、

ゲストさんに撮影に集中してライトを照らして。

ガイド中に一番面白いのが出るのが嬉しいですよね。

P4076558.jpg