FC2ブログ

2月も終わり。

 明日の天気に少々ビビってますが、

今日はまだ穏やかな日です。

朝のうちは北東の風も、徐々に変わってくる様子ですね。

昨日のウミウシの他に生き残りの季節来遊魚をチェックしてきました。

水温が下がる時に下がりきらない影響があって、

ミナミハコフグ幼魚やアマミスズメダイ幼魚が見つかってます。

今月の始めに見つけたのがほとんどでしたが、

まだ元気に見られるのは驚きですね。

今日で2月は終わり。

明日から3月になって暖かい日も増えて来るので、

ようやく長~い冬が終わると思うとホッとします。

でも、明日の嵐はヤバそう。。。

台風対策ならぬ、春の嵐対策をしないと。。。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温14℃ 北東4m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 透明度20m 中潮

夏に見たい生き物が冬に見れるのって驚きです。

ミナミハコフグ幼魚。

P2284485.jpg 

アマミスズメダイ幼魚も例年だと、

5~6月ぐらいからですが、

昨年の12~1月辺りに黒潮が寄ってきた影響かな?

元気にしてます。

P2284510.jpg 

ハナダイを外したので、

帰り道に寄ってきました。

クチナシツノザヤウミウシ。

P2284550.jpg 

居たり居なかったりする黒のイロカエルアンコウ。

P2284563.jpg 

背中の貝殻が割れ欠けていたミスガイ幼体。

P2284590.jpg 

ベニシボリもセットで。

P2284651.jpg 


ウミウシ三昧でした。

 昨日は嵐で海はお休み。

日を追うごとに嵐がやってくる事が多くなるこの季節。

発達しないのも発達する低気圧も何度も通り過ぎて、

暖かくなってくる季節がもうすぐな感じがします。

花粉は相変わらずヤバいですが。。。

ポイントでお会いしたガイドさんに、

この時期には珍しいウミウシを教えてもらい早速その場所へ。

海へ入ると、細かい浮遊物が海全体に広がり始めました。

海の中も、日に日に春仕様になってきているようです。

青々とした海が広がっているので透明度は変わらず良い感じ。

流れが少し掛かっていましたが、

その場所へ行ってみると、タイミングよく水中でお会いしたので

あっという間に見つかりました。

今日はウミウシで始まったのでウミウシで終わってみようと。

最後は、この時期になったか。

そう思える貝付きウミウシも見つけて上がりました。

秋の浜では久々に見つけたので、

これも嬉しい発見ですね。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温13℃ 北東╱南西3m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 透明度20m 中潮

小さいサイズは初かも?

クチナシツノザヤウミウシ。

コケムシをバリバリ食べて成長中です。

P2274438.jpg 

マーキングされていた場所では、

カンナとツノザヤがセットで。

別の場所にいたツノザヤは、

見事にコケムシごと何処かへ吹っ飛んだかな???

P2274396.jpg 

オキゴンべ幼魚。

P2274403.jpg 

秋の浜では久しぶり。

ベニシボリ。

もうこの季節になりましたね。 

春らしくなってきました。

P2274458.jpg 


陽気は春っぽく。

 花粉症の人にはジワリジワリと感じられる季節になってきました。

今日は気温が高く、南西の風。

伊豆大島だとこの条件はキツイ状態になります。。。

というわけで、目がしょぼしょぼする中ではありますが、

海へ行ってきました。

海に行けば、しばらくその辛さを忘れられますので。

小ネタは変わらずでした。

どういうわけか? 卵が見つからなかったのに、

コウイカの仲間と思われる小さなイカが目に止まりました。

いつもとは違う場所で産卵していたのかもですね。

夜に潜った時は、

スルメイカが多かったり、今年はヤリイカの卵を見ていないので、

例年とは違う様子な気がします。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温14℃ 北東╱南西2~10m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 透明度20m 小潮

ミズヒキガニ。

底潮が冷たいと現れるのですが、

見つけてしまうとやっぱり。。。 そう思ってしまいます。

P2246624.jpg 

ちっちゃなコウイカの仲間。

P2246657.jpg 

いつもとは違う場所にいたツノザヤウミウシ。

最近見ているツノザヤとは違う場所なので数個体見つかりますね。

大きくなって見つけやすく撮りやすくなってます。

P2246660.jpg 

目にピントはいかなかったけど、

にょろっと出てきたトウシマコケギンポ。

P2246674.jpg 


ハズレ感、満載だったけどね。

 今日というより昨日になりましたが、

ライトトラップにおける、

新しいライトの試みをしたくていってきました。

スッポトライトをダブルで合わせて照らし出す光に、

どれだけの効果があるのか???

干満の時間帯と日没からの時間帯がちょうど良い感じでもあって。

中潮四日目になりますが、

潮流の動きは弱いので期待感はあまりなかったけど、

結果、そうなりましたが。。。

でも!! 新しいライトの効果は良い感じとなりました。

かなりの稚魚が集まる事も分かったし、

稚魚が出なくても甲殻類やイカタコ類が出る潮回りでも、

きっと効果を発揮できるのでは???

まあまあ、出物が少なければガッカリ感は否めませんけどね。

また日を改めてチャレンジしてみようと思ってます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り一時小雨 気温6℃ 南東3m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 中潮 月齢(5.2) 

干潮1:34・14:12 満潮 7:50・20:14 

コノハガニと思われるカニがユラユラと降りてきて。

P2214352.jpg 


気付いたら。。。

 この時期になれば、あれやこれやの産卵シーズンだと思って、

探してみては見たものの、

全然見つからないというよりまだ早かったのかな?

ずっと探していたので、

ほぼ何も撮らずに終わってしまった。。。

この時期の砂地は、ヤバいですね。

でもせっかく産卵のシーンがあれば撮っておくのもアリかな?

ちょっとグロい感じもしたけど、

雰囲気だけ明るくしてみて撮りました。

ボウシュウボラの産卵。

う~ん。。。

次回は無いかな。。。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温13℃ 北東4m╱s

波1.5m うねり弱 水温16℃ 透明度15~20m 中潮

岩肌にカプセル状の卵を産み付けてます。

黄色の小さなものが卵のひとつひとつなんですね。

P2204323.jpg