落ち着いたので。

 ようやく用事も無事に済ませたので、

しばらくお休みしていた海へ出掛けてきました。

ちょっと離れていると、

この時期ならではの冷たい海が一段と身に沁みますが、

それもそれでアリかと。

エントリーする前に聞いた情報で、

梯子に隠れてるツバメウオから。

昨年も同じようにツバメウオが冬の時期に登場してましたね。

一昨年だったかな? 忘れました。。。

この前の連休中も、聞いた話では野田浜に群れはいるみたいなので。

年々数が増加している傾向なのかもしれませんね。

右のコースではイサキの群れが多く、

この時期にこんなにいたんでしたっけ??? と、思えるほど。

斜面付近には幼魚たち。

中層には成魚がズラリと。

あとは、ウミウシが変わらずに。

またぼちぼち出掛けます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り 気温12℃ 北東╱南西3m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 透明度20m 中潮

右のハシゴにいるから撮りやすいけど、

やっぱり単体なんですね。 ツバメウオ。

P2196613.jpg 

イサキがいっぱい。 秋の光景みたい。

P2196621.jpg 

ヨメゴチの幼魚かな?

P2194248.jpg 

たぶん、先週見た同じ個体だと思う。

ウデフリツノザヤウミウシ。

P2194273.jpg 

同じく。ツノザヤウミウシ。

P2194297.jpg 


強烈な季節風と連休最終日。

 昨夜も手がジンジンしましたけど、

今日の朝も痺れるような風と気温になりました。

天気は良いので、海の中は明るくて最高なんですけどね。

とうとう水温も15℃を下回り、本格的な冬の水温に。

昨日の夜もそうだったけど、

楽しかったから寒さを忘れてました。

連休最終日はゆっくりの時間からスタートして、

のんびりとしてもらって無事に連休終了です。

心配していた船も無事に出てくれたので安心でした。

海は、ハナダイからカエルアンコウのちウミウシで。

しばらく行方が不明だったイロカエルも戻ってきたり、

小さいのも目に止まったり。

マクロネタはこの時期にしては豊富なのでありがたいですね。

明日から海はお休み。

用事など無事に済ませて、また海へ出掛けるようにします。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温7℃ 南西10~12m╱s

波1.5m うねり弱 水温14~15℃ 透明度20m 中潮

おっ!! アサヒハナゴイ幼魚みっけ。

そう思っていた矢先に、アカハタが横切り岩の亀裂に入り込む。

出てくる様子はありませんでした。。。

P2124198.jpg 

フタイロハナゴイはあっちにもこっちにも。

P2124201.jpg 

邪魔したのはこれではないけど、

クリーニングを受けようとしている姿。

P2124202.jpg 

昨日は見かけなくて今日は居ました。

オオモンカエルアンコウ幼魚。

P2124206.jpg 

色違いのニシキウミウシ。

P2124216.jpg 

戻ってきたイロカエルアンコウ。

P2124236.jpg 


もう昨日になっちゃった。。。

 日中のガイドから夜のライトトラップまで。

盛り沢山な連休中日になりました。

あれこれ書きたいところなんですが、

明日というより今日もビシッと日中のご案内も。

夜に入ってからはだいぶ寒くなってきました。

明日は船出るかな???

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温14℃ 南西7~14m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 透明度20m 若潮

横向きに。ニシキウミウシ。

P2116565.jpg 

今日は撮りやすい位置に顔を向けて。

オオモンカエルアンコウ。

P2116569.jpg 

ハナミドリガイからの。

P2116572.jpg 

アオボシミドリガイで。

P2116578.jpg 

アオサハギ。

P2116580.jpg 

ブルーリングを強調させてるヒョウモンダコ。

いわゆる興奮色なのでむやみに近づくのは厳禁です。。。

P2116586.jpg 

今夜のライトトラップは、

ホタルイカらしきイカの仲間が最初から最後まで。

なかなかタイミングが合わなかったり、

潮流がなかったり。。。

潮汐や月回りの条件としては厳しい時間帯ではありました。

ですが、

その条件下でも、どれだけの浮遊系生物が出るのか?

データ取りは続きます。

P2114148.jpg 

ゲストさんのライトを利用しても。

お互いの意思疎通が重要ですね。

P2114151.jpg 

何処へ移動しても、目に入るのはホタルイカの仲間。

撮りやすさは容易なので、じっくりと。

P2114176.jpg 


日中は凪てました。これからですね。

 今日一日は気温も高い日になってくれたおかげで身体が楽です。

連休初日の良いスタートになりました。

初来店のゲスト様をお迎えして秋の浜へ。

凪で静かな海です。

リクエストのハナダイからスタートして、

後半はウミウシをメインに。

2本目はハゼでしたが出てなくて。

明日に持ち越しですね。

帰り道、同年代のガイドさんから水中で「見つけたよ」

的な証拠写真を見せてもらい、早速その場所を教えてもらって。

オオモンかな? イロかな?

オオモンじゃない??

というわけです。。。

今夜から明日の未明がどれだけ荒れるのか?

たぶん雨と南風が強いので、秋の浜は安心かと思ってます。

今夜の大型船は早々に大島以外の島へは欠航となりました。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温14℃ 南西6m╱s

凪 うねりなし 水温15~16℃ 透明度20m 長潮

フタイロハナゴイから。

P2106513.jpg 

お亡くなり手前のコガネキュウセン幼魚。

砂地にポツンと落ちてました。。。

P2106521.jpg 

ミナミハコフグ幼魚は変わらず元気にしてます。

P2106523.jpg 

アオボシミドリガイ。

ボチボチと春のウミウシが出てきましたね。

P2106528.jpg 

産卵中のヒメギンポ。 手前はオスで奥はメスです。

P2106533.jpg 

さらに成長中のツノザヤウミウシ。

P2106540.jpg 

水中で教えてもらったオオモンっぽいような、

イロカエルのような。

P2106542.jpg 

段落ちの壁にへばりつくキリンミノ。

P2106557.jpg 


凪ってことは。。。

 寒さもいつもよりは和らいだ感じがしたんですけど、

その代わりに花粉が飛ぶようになりました。。。

おかげで昨日から鼻水とくしゃみが出っ放しの状態に。

休んでよかったのかよくなかったのかはどうだか。。。

今日は凪。

という事は、やっぱり連休は荒れるのかな???

予報では南よりの風なので、秋の浜は問題なさそうです。

あとは、船が出ないと元もこうもないのですが、

こればっかしは出たとこ勝負ですね。

久しぶりというより数年ぶりになるかも!?

深場へ足を運んでみました。

久々にハナダイオンリーで望んでみたものの、

ポツポツはいるようですね。

深いから時間がないけど。

要所要所で押さえておきたいポイントも含めて、

確認して証拠写真。

そしてすぐに退散しました。

あと、10メートル手前にあると嬉しいんだけど、

遠くて深いからいるのでしょう。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温11℃ 南西8m╱s

波1.5m うねりなし 水温16℃ 透明度20m 小潮

スミレナガハナダイ(メス)から始まり。

P2094108.jpg 

サクラダイ(メス)幼魚を逃したのち、

フタイロハナゴイ。

P2094120.jpg 

アサヒハナゴイ幼魚を見つけて、退散です。

P2094137.jpg