FC2ブログ

季節の海が増してます。

 今日も朝から凪スタート。

海はとっても静かで快晴だし富士山よく見えるし、

陸はとっても素晴らしいですね~。

海の中は!? 透明度は!? 水温は!?


。。

。。。

。。。。

。。。。。

言葉にならないほど季節感が増した海中でした。。。。。。。

水中が暗かったせいか、

甲殻類とかよく出てましたね。。。

魚はシルエットが良く似合う感じでしたね。。。

よし! もうこの辺りで勘弁してもらおう!

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温20 南西3~7m╱s 凪 うねりなし

水温15~16℃ 透明度(書きたくない) 中潮

ハシゴ近くの岩に。ベニカエルアンコウ。

P4307339.jpg 

ハリセンボンのように前向きに笑顔でいたいと思いました。

P4307364.jpg 

左の砂地で見つけたハクセンアカホシカクレエビ。

P4307341.jpg 

威嚇のポーズで。コウイカの仲間。

P4307351.jpg 

イロカエルアンコウはほぼ同じ場所で。

P4307330.jpg 

コウイカのペア。

P4307380.jpg 

まだ可愛らしいサイズのマツカサウオ幼魚。

P4307394.jpg 

インターネットウミウシ。

ウミウシも多く感じる海でした~。

P4307323.jpg 


季節感ある海です。。。

 今日からゴールデンウィーク前半の初日です。

海もダイバーが増えて賑やかな感じになってきました。

天気も良く南風がドライだと暑いくらいに感じますが、

海を楽しむのは人それぞれですね~。

学生さんの団体やシニアの方で味が出ている器材とロクハンスーツ。

スノーケリングを楽しむ女性の人たちもいたり、

ジャグジーや温水シャワーが大活躍したりなどなど。

伊豆大島の海が賑やかな感じで始まったのが嬉しいですね。

初日はとっても季節感がある海なので、

それも楽しめる要素を探し明日の海もご案内してきます。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温21℃ 南西5~8m╱s 凪 うねりなし

水温15~16℃ 透明度5~7m 中潮

お隣のガイドさんから教えてもらったソウシカエルアンコウ。

久々に見ましたが、やっぱり大きいですね~。

ありがとうございます!

P4297290.jpg 

今年初!のネコザメの卵。

ドリルのような形。これはこれで理にかなっている形状。

産みたては柔らかいので中の卵にダメージが残らないように、

手に触れないように観察しますが、

今日見つけたのは、しばらく経過しているので少し硬くなっています。

岩と岩の隙間に入り込み様な形で波の揺られで動かないような仕組み。

だと思います。 たぶんね。

P4297307.jpg 

テントウウミウシも春の定番。

P4297287.jpg 

極小ミドリアマモウミウシ。

P4297282.jpg 

ヒラミルミドリガイとワレカラ。

P4297278.jpg 

キンギョハナダイがギュっと。

P4297301.jpg 

季節感ある背景の海。ガラスハゼと。

P4297274.jpg 


水面が賑やかでした。

 明日からゴールデンウィーク前半の週末。

今日は朝から良い天気に恵まれて海も穏やかだと思っていたら、

なんだか水面がザワザワしていて海鳥も忙しなく集まっている様子。

またまたマグロでも跳ねているのかなぁ~。

そんな淡い気持ちを抱きながらエントリーしてみましたが、

だいたい、ダイバーが入る頃にはシーンとなるのが結末通りの展開。

そうなりましたけど。。。

海から上がるとまた始まってるし。。。

なんだったんだろうね。 そんな金曜日でした。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温19℃ 南西5~7m╱s 凪 うねりなし

水温16℃ 透明度10~12m 中潮

アオサハギにばったり出会ったので、

今日はここいらで腰を据えてじっくりと。

手前と奥で良い感じに。

P4287187.jpg 

フトヤギにアミメハギ。

P4287199.jpg 

砂地方面でアオリイカチェック。

まだまだのようですが、やはり気にはなるので、

ついついそっち方面に移動してしまいがち。

その近くでは、ポツンと小さな花を咲かせているようにウミエラ。

P4287242.jpg 


そんなもんだと思いながらも。

 今日も快晴で海は凪です。

風もそよそよなので海日和が続きます。

毎日のように海は変化するものだと思うので、行ける日はいっとこう!

そんな感じで今日も出掛けてみました。

早速入ってみると、昨日より抜けている気がするのは気のせいか?

沖へ目指すと、浮遊物は沢山ありますが少し青く抜けてました♪

これなら昨日見つけたヤシャハゼ幼魚でも。

巣穴の近くにヒラメがズーン!!! って。。。

それじゃ無理っす。

てなわけでヒラメでも。 そう思って構えたら逃げられる。。。

こんな感じはよくあるような話なので、

ムチカラマツにつくガラスハゼにどっぷりと。

P4257125.jpg 

アキノハマカクレエビなんかも確認したりして、

P4257131.jpg 

アオリイカはどうかな~? と思って際辺りに差し掛かった時に、

イサキの群れが怯えるかの如く過ぎ去った後の、

マグロの群れ!!! 

すぐさま構えても液晶画面は完全にマクロモード。。。

過ぎ去るのをこの目で確かめつつもそんなもんだと思う今日の海でした。

けっこう近くで頭上を通り過ぎたから悔しいですね~。

では~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温20℃ 南西╱南東3~5m 凪

うねりなし 水温16℃ 透明度10~12m 大潮

ホウライヒメジとウツボのみでした。。。

マグロが通ったし、もう少し水温が上がってくれれば。

とは思っています。

P4257149.jpg 


いろいろと気になるから?

 今日も海へ出掛けてきました。

春濁りが始まったけど、瞬時になかったことになるかも?

そんな淡い期待を瞬時に現実世界に戻してくれました。

とはいっても赤潮で真っ赤とか、

グリーンや茶色でコーティングされているわけではないので。

浮遊物が目立つ季節感ある海。 そうしておきます。

そんなわけで探すのも多少は時間が掛かるので、

当てもなくウロウロしていたら、

たぶん、ヤシャハゼ幼魚が出てました。

目と目があった瞬間に巣穴に逃げられてしまったので。。。

浅場へ戻って、昨日のベニカエルアンコウの場所を見ていたら、

面白い状態というか、

小さいうちだから種類が違うのと一緒に同居生活!?

そんなシーンが目に入り込んだので。

ゆっくり時間かけてたら、天井辺りにヤドカリも横切ったり。

アオリイカの産卵はまだまだのご様子でした。

では~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温17℃ 北2m╱s 波1.5m うねりなし

水温16℃ 透明度5~7m 中潮

せま~い岩穴の中でトラウツボにコケウツボ。

クロシマホンヤドカリも天井辺りをチョロチョロと横切ったり。

なんだか笑えました。

P4247062.jpg