FC2ブログ

時化が続きますね~。。。

 昨日は幾分か穏やかだったようですが、

海はお休みして、今日は出掛けてきました。

明日はいれるかどうかは微妙どころか、そもそも。。。

なんて暗い事ばかり書いても仕方ないので、今日の海でも。

何日ぶりかに入った秋の浜。

梯子は無事かどうかもチェックしながら、

久々に海底貯蔵酒をチェックして砂地エリアの生物でも。

秋の浜は荒れた後だからも感じられるけど、

春濁りが幾分進んだ感じですね。

暗い水中エリアと残念に思えるかもしれませんが、

その中で、一際目立つ生物が砂地からポツポツ出ていました。

海に咲いた花のように見える大小のウミエラ。

P3316110.jpg 

大きいのは良く目立つのですぐに目に止まります。

ウミエラカニダマシも探せばよかったけど、

沢山出ていたので心が折れました。。。

P3316085.jpg 

ナイト中に見れる生物ですが、

日中でも暗い条件やプランクトンの影響などで出てくることもあります。

せっかくなのでウミエラをじっくりと。

明日は荒れない事を願います。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 曇りのち雨 気温12℃ 北東6m╱s 

波2m うねり弱い 水温15℃ 透明度10~12m 中潮


今日は体験ダイビングのご案内でした。

 未だ消えぬしつこすぎる東ウネリの影響が続く伊豆大島の海です。

夕方の今頃になってようやく静けさが戻りつつあるので、

やっとか。。。 また週末の予報が気にはなりますが。

そんな中でも、今日は朝から体験ダイビングで海へ!

穏やかそうなポイント選びに苦労はしますが、

友人ガイドにも助っ人で登場してもらい、あれこれと助けてもらえて一安心。

野田浜のガイドロープも応急処置で修復してもらって大助かりでした。

ゲストさんは卒業旅行で伊豆大島で体験ダイビング。

P3296045.jpg


P3296053.jpg 


楽しんでもらうためには海況的に厳しい場面もありましたが、

アオウミガメが登場したり、野田浜のアーチを潜り抜けたりと、

楽しんでもらえたようで何よりでした~。

楽しんだといえば、海に入る前に教えたサインのなかで、

「ちょっと待て下さい」 的なサインを手を前に出してくださいね。

水中でゲストさんを記念撮影する際に、

僕がそのサインを出したら、まさかのハイタッチ返しがあったのが笑えました。

海から上がって聞いてみたら、やっちまった。。。 そう言ってましたね。

今日イチの笑いでした。

そのせいなのか?

ゲストを支えていた右腕がいつも以上に筋肉痛な感じでもありますが、

仕事したな。そう思うようにしてます。

では~。

ポイント 王の浜&野田浜 曇り時々晴れ 気温14℃ 北東╱南西3~4m╱s

波1.5~2m うねりあり 水温15℃ 透明度12m 大潮

台風並みですな。。。

 今朝もショップ前の海から潮騒の音が聞こえてくる。

なんてかっこつけて書いていますが、

現実はドッカーン!!!!!!! ってもの凄い波のパワー。。。

あれじゃあ、秋の浜は無理ですわ。

そんなんで、意外と静かそうな野田浜と王の浜へご案内です。

野田浜はちょこっとエキサイティングなガイドロープ付近(汗)

王の浜は朝よりは静かになっていたのでありがたい。

今回は南のポイントに助けられたご案内でした。

明日はどうしよう。。。

明日になれば分かります(笑)

ではまた~。

ポイント 野田浜&王の浜 晴れ 気温14℃北東╱南西6~3m╱s

波1.5~2m うねり強い(野田浜) 水温15~16℃ 透明度12~15m

大潮

青い海と太陽で綺麗な感じですが、

海藻が波の力で千切れて舞っている。。。

P3286009.jpg 

ボウズコウイカは穴の中でひと休み。

P3286005.jpg 

アーチの中は意外と賑やかな感じでした。

P3286012.jpg 

マツカサウオ幼魚は一生懸命に泳いでました。

波のパワーに負けずに。

P3286022.jpg 

王の浜ではテングダイが穴の中に。

P3286033.jpg 

ハタタテダイも一緒でした。

P3286041.jpg 

隣にはネコザメがひっそりと。

P3286036.jpg 


南のポイントはありがたい。

 昨晩から今日のお昼過ぎまで荒れた天気と海。。。

季節の変わり目はそんな日があるけれど、

いくらなんでも真冬並みの気温と風と映画の始まりのような荒波の様子。

そんな時は、南のポイントまで遠征してみよう!!

でも、まずはチェックしてから。

風下エリアであるトウシキでは穏やかな海況。

時折、ウネリもあるけど別ショップのガイド君が海から上がってきてて、

聞いてみたら、これは行けそうです!

さっそく外海へ出てみると、

海藻が少々、舞ってはいるものの透明度も高いので沖へ目指しました。

アオウミガメが休憩しているだろう場所を探してみたら、

やっぱり休憩していたアオウミガメをゲット!!

P3275948.jpg 

ゲストさんもカメに出会えたら。

そんな事を車の中でお話していたので。

明日は秋の浜に行けるといいな~。

ではまた~。

ポイント トウシキ 雨のち晴れ 気温10℃ 北東9~6m╱s

波1.5m うねりやや強い 水温14~16℃ 透明度12~15m 大潮

ゲストさん越しからのアオウミガメが遊泳中。

ゆったりと泳いでくれたのでよかった!!

P3275954.jpg 

そろそろ戻ろうとしたゴロタエリアで、

まさかのベニシボリが表に出ていたラッキーな出会い。

あわよくばコンシボリガイでも。

会えなかったけどね。。。

P3275965.jpg 

タイドプール内のイソギンチャクの壁。

クマノミはちゃんといました。写ってないけど。

P3275997.jpg 

トウシキに行くと、ほぼ目にするであろうゾウリエビ。

P3275996.jpg 


東ウネリがしぶとく。。。

 昨日まで数日間は車の整備やらもろもろとやってました。

雨上がりで花粉がしんどいのもありましたが、

今日は海へ出掛けてきました。

ここんとこ、嵐が過ぎ去ってから余韻や爪痕を残す低気圧があるので、

海も落ち着きがいまひとつ。

東ウネリが残っている最中ではありますが、

海へ出掛けるのも大事なのでエントリーしてみれば、

まだ青い海が継続中です。

浅場はさすがに浮遊物が目立ってきた感じはありますけど、

下へ降りると青い海が広がってますね。

ユラユラと揺れる最中で、そんなに踏ん張る必要があるのか!?

今はそう思うのですが、

やっぱり撮りたくなってしまう衝動が。。。

明日は落ち着くかな~???

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り時々晴れ 気温13℃ 北東3~4m╱s

波1.5~2m うねり強い 水温15℃ 透明度15m 若潮

やっぱり落ち着いた海でヤギ類のポリプが広がっているのが。。。

アカホシカクレエビ。

P3235931.jpg 

動じないジボガウミウシ。

P3235925.jpg 

段落ちの壁にいるイロカエルも動じないですね。

P3235938.jpg