腰を据えてじっくりと。

 今日で9月は終わり。明日から10月に。

季節の変わり目が感じられるような北東の風になった今日ですが、

本当はゆっくりするつもりで今日はお休みしようと思っていましたけども。

用事を済ませてから天気も良くなってきたし、

出掛けようと気持ちを切り替えたらタイムリーに友人ガイドからの情報が!

おおー!! それは確認しないとね。

さっそく出掛けて見に行けば、片割れしか出てないから他のを。

ちょっと深場ではあるけどペアでいるからじっくりと。

そう思っていた矢先に、マダイ幼魚がこんにちは~!

頭にきても意味がないのでもらいネタの場所へ戻ると出てます!

ヤシャハゼ幼魚とヤノダテハゼ。

小さいから体色の赤色がまだ黒い。

あれがまさしく幼魚だな。 そう思いました。

しっかしよく見つけてくるもんですなぁ~。。。

成長したヤシャハゼも彼が見つけたしね。

ありがとう!!

僕も頑張るよ(笑)

ではまた~。

ポイント 秋の浜 曇りのち晴れ 気温24℃ 北東5m╱s 波1.5m

うねりなし 水温22~26℃ 透明度12~15m 大潮

ちっこいヤシャハゼとヤノダテハゼ。

お互いに季節来遊魚ハゼのコラボですね!

でも、どちらとも越冬して大島の海でも普通種になる勢いでもありますが。

P9308318.jpg 

ちょっと深い場所が玉にキズですが、ヒレネジのペア。

マダイ幼魚やらミギマキが邪魔しにきます。。。

P9308308.jpg 

アオリイカがイトタマガシラをキャッチ!!

でも遠い。。。

P9308324.jpg 

婚姻色になっているジョーのオス。

またまたまたまた口内保育が始まる?!

何度目っすか?

ありがたいことです。

P9308332.jpg 

ネンブツダイ幼魚の密集度が最高です!

P9308373.jpg 

イサキの大群が駆け抜けた後は!!!

P9308386.jpg 

なんもこなくてシーン。。。

なので幼魚の群れに変更しました。。。

P9308391.jpg 


そろそろ出モノが欲しくなる季節。

 そう思いながらも、何処かにいないかなぁ~?

今日はこっちへ行ってみようかな? 明日はあの場所へ。

そんな風に思いながら水中をウロウロする。

今時期は色々と出物が毎日のように登場しては消えての繰り返しですからね。

明日は久々にゲストなしなので、のんびりするけど探しネタもするでしょう。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温28℃ 南西7~9m╱s

波1.5m うねりなし 水温25~26℃ 透明度12~15m 大潮

極小のベニゴマリュウグウウミウシ。

こういったヤツは、顕微鏡モードの出番ですね。

P9298288.jpg 

もはや普通種のヌノサラシ。

昔は季節来遊魚でもよく紹介されていた記憶が。。。

P9298276.jpg 

サキシマミノウミウシも数が減って落ち着いてきた感じ。

P9298274.jpg 

小さなアカホシカクレエビ。

冬にはまたお世話になりそうな場所を見つけました。

P9298265.jpg 


今夜も出掛けて。

 昨晩のナイトダイビングがすっかり楽しかったようで、

今夜もナイトのリクエストを受けて秋の浜へ行ってきました。

誰もいない静かな秋の浜。

今夜も楽しんできました。

昨日と違った感じもアリだと思い、ライトトラップもやってみることに。

短時間ではありましたが、初めて見る稚魚も登場したのでやってよかった!

写真はダメダメなやつばかりですが、証拠写真程度に。。。

昨日ほどではないけどイセエビもワラワラしてましたね。

さー寝よう。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温28℃ 南西5~7m╱s

波1.5m うねり弱 水温27℃ 透明度20m(昼間)

ライトを設置してからわずかな時間で登場した初めて見る稚魚。

スケルトンなボディに黒の水玉模様が出てますね。

P9288230.jpg 

今夜も立派な伊勢海老があちらこちらに。

P9288207.jpg 

魚卵も潮の流れによって流されてきます。

P9288180.jpg 

寝ぼけながらフラフラと泳いでいるイシガキフグ。

P9288240.jpg 


真夏のような日差しです!

 今日もすっかり真夏のような日差しに照らされてダイビング日和です。

南海上の台風の影響も出てきた様子ですが、

東のポイントである秋の浜は静かなもんです。

今日からのゲストさんと昼間と夜の海へ出掛けてきました。

誰もいない夜の海。 星空が綺麗なのはもちろんの事、

好奇心があるからこそ真っ暗でもきっとそこには何か楽しいことが。

そう思いながらいざエントリーしてみれば、

昼間とは違った海の様子が伺えます。

今時期は、イセエビの最盛期。 あっちにもこっちにもイセエビだらけ。

足の踏み場もないような場所まであるぐらいイセエビ祭り状態の夜の海です!

他にもウツボやトラウツボがあっちこっちいましたが。。。

色々と楽しいことが盛り沢山な夜の海でした。

もう寝る。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温31℃ 北東╱南西3m╱s 凪 うねり弱

水温24~26℃ 透明度12~15m(昼間) 中潮

イセエビだらけの夜の海。 今年は特に多いような気がします。

P9278060.jpg 

寝てるブダイを正面から。

P9278080.jpg 

昼間は何処へやらなのに、夜になるといつも通る場所にしれっと。

ベニカエルアンコウ。

P9278088.jpg 

ウメイロモドキ幼魚はお休み中でした。

P9278090.jpg 

ソラスズメダイ幼魚がフラフラしながら降りてきて。

P9278100.jpg 

真っ赤な派手派手のイットウダイも夜は活発です。

P9278098.jpg 

でっかいソウシハギが口で捕まる場所を探し求めていましたが、

けっきょく捕まる良い場所がなく根の隙間でお休みしてました。

P9278108.jpg 


秋の浜でハンマーとの出会い!

 今朝から快晴でベタ凪の海になりました。

気温もグングンと上昇して夏が戻ってきたような陽気です。

久しぶりに富士山も見えてスカッと晴れ渡る伊豆大島の海。

何か良い出会いがありそうな予感は、

僕ではなくサキが担当するゲストさんがもっていたようです!!

僕らはヤシャハゼがいる場所へ。

サキたちは際と呼ばれる落っこちそうな岩(ガイド仲間が呼ぶ場所)で、

まさかのハンマーヘッドシャークとの出会いがありました。

ゆっくりと泳ぐ姿に見届ける方もいれば、上手く撮影が出来た方も。

写真を提供していただきました。ありがとうございます!

こんな素敵な出会いもあるからこそ海は素晴らしく楽しいですよね。

明日からもゲストさんを迎えて、

のんびりと海をご案内していきたいと思います。

ではまた~。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温29℃ 北~北西2m╱s ベタ凪 うねりなし

水温22~26℃ 透明度12~15m 若潮

秋の浜では珍しいハンマーとの出会い。

もっているゲストさん。さすがです!!

IMG_2544.jpg 

キビナゴの群れもびっしりと。

P9267874.jpg 

イサキ幼魚の群れも降り注ぎます。

P9267920.jpg 

今日もナガヒカリボヤとの出会いがありました。

そんな潮回りなのかな?!

P9267933.jpg 

テーブルサンゴの隙間からこちらの様子を伺うヤリカタギ幼魚。

P9267962.jpg 

ベニクラゲモドキが沢山いた今日の海でもありました。

P9267979.jpg 

木の枝が目印となっていたので遠目で分かった、

黒いチンアナゴ。 けっこう臆病ですね。。。

P9267999.jpg 

カンパチも日々成長しています。

P9268024.jpg