FC2ブログ

早朝で狙うものは…。

 どうやら神子元ではハンマーが出たらしく、これは大島もきっと来ているに違いない!

そう思ったらワクワクしちゃって、やる気満々で今朝からケイカイに行ってきました。

が!!! 潮が全然動いていなくてハンマーの影形すらない静かな海を堪能してきました(泣)

でも、ゲストさんをお連れしてハズレるより一人でハズした方がよっぽどマシだな。 そう感じました。

きっとこれからが始まりなのでめげずに、また行こうと思います。

ポイント ケイカイ 晴れ 気温 22℃ 北東のち南西の風 水温 21℃ 透明度 12m 中潮



IMG_1306_convert_20140625083055.jpg



IMG_1318_convert_20140625083228.jpg



IMG_1322_convert_20140625083401.jpg



IMG_1326_convert_20140625083517.jpg

産卵を願って

 今日はアオリイカの産卵をさらに盛り上げるべく新しい木を設置しに行きました。

例年だともうだいぶ産卵も終わりに近づいている頃なんですが、

ちょくちょくアオリイカのペアが産卵をしているシーンを見ているので、まだいけるかも?

そう思ってさっそく取りかかったものの、少々木がデカすぎて水中で運ぶのが苦労するなぁ~。

なんて思ってたら、ちょうどタイミングよくスクーターを使用しているガイドさんと水中でバッタリ遭遇。

アイコンタクトでスクーターを借りて、楽々漁礁へ辿り着くことが出来ました。

新しい木を設置している最中に、アオリイカのペアが心配そうに見ていたので、

邪魔しないようにさっさと木を設置して様子を伺いました。

そうしたらなんと! すぐにアオリイカのペアたちが産卵を開始してくれました!!!

タイミングが良すぎてビックリでした~。



IMG_1288_convert_20140624135445.jpg



IMG_1291_convert_20140624135315.jpg



IMG_1293_convert_20140624135144.jpg



これでまた沢山のアオリイカが産卵してくれて、週末のダイバーさんたちの見所になればイイですね。

その後は、ちょと時間もあったので海底貯蔵の様子を見に行ってきました。

素晴らしい感じにフジツボとかついていて、海底貯蔵らしい感じになってました(笑)

きっと熟成が進んでいることでしょうね。



IMG_1296_convert_20140624135006.jpg



IMG_1297_convert_20140624134828.jpg



ポイント 秋の浜 晴れ 南西の風 気温 26℃ 水温 17~18℃ 透明度 7~15m 中潮

晴れて透明度もアップ!

 朝から良い天気になってビーチの散歩をしに桟橋へ出掛けてから、

秋の浜へ行く準備をしていたら町内放送で岡田港に橘丸が入港して船内見学ができる!

なんて放送があったので、ちょっと急いで海へ出掛けました。

海から帰って片付けをしていると、ちょうど橘丸が岡田港へ入港していたので、

さっそく見学ツアーにいってきました。

中は広々して綺麗な船室がいくつもあってとっても魅力的な船でした。

伊豆大島には復路として立ち寄るそうですよ。

さてさて、本題の海の話ですが、秋の浜の透明度がようやく復活の兆しになりました。

全体的に透明度も高くて、これなら伊豆大島の海と呼べるような感じです。

もちろん全体的にひんやりした水温になっちゃいましたけど。。。

明るい海なので今日は深場をメインにリサーチしてきました。

目的のネタは見当たらなかったけど、まだまだ平日でリサーチするには時間があるので、

のんびりとやっていこうと思います。

ポイント 秋の浜 晴れ 南西の風 気温 26℃ 水温 17~18℃ 透明度 15m 若潮

今日はこんな感じでした~。



「ヤシャハゼ」

ホバーリングするにはもう少しの辛抱かな?



IMG_1253_convert_20140623125648.jpg



「オシャレハナダイ」

平日は当たり前のように出ているよね。

問題は週末ですね。



IMG_1256_convert_20140623125533.jpg



「マトウダイ」

冬の魚が出ているってことは、海が冷たいという証拠。



IMG_1259_convert_20140623125417.jpg



「ホウキハタ」

お腹が膨れているので産卵期か食事後?



IMG_1262_convert_20140623125246.jpg



「キタマクラ」

大人しかったんで。



IMG_1265_convert_20140623125128.jpg



「口内保育中」

オオスジイシモチの季節モノです。

様々な魚が産卵行動中です。



IMG_1276_convert_20140623125010.jpg



「ハタンポたち」

ハシゴの周りにのんびりしてます。



IMG_1279_convert_20140623124848.jpg


雨はそんなでもなかった。

 日曜日の朝は雨がパラパラと予報通りの展開でした。

でも、ダイビングをする時や、お昼頃には止んでくれて明るい空も少しだけ顔を出してくれました。

心配していた大雨ではなくてホッとしています。

水中も昨日と変わらない状態の秋の浜です。下はひんやりしたけど、

浅場へ戻ると水温の変化で温かく感じます。

今日はマイカメラを持ってガイドをしました。皆さん各々好きな被写体に集中するフリーな感じです。

ガイドもゲストも何がいるかな~? なんて一緒に探すダイビングも楽しみのひとつですよね。

もちろん!僕は紹介するのが一番ですから、その後にこっそりと写真を撮らせていただきました。

今週もゲストさんにはお世話になりました。またお会いしましょう。

ポイント 秋の浜 雨のち曇り 北東の風 気温 21℃ 水温 18~19℃ 透明度 7~12m 長潮

今日はこんな感じでした。



「チゴハナダイ」

ひょっこり岩陰に顔を出すゴンベみたいなお魚。

あんまり見かけないからありがたく撮影開始です。



IMG_1215_convert_20140622170631.jpg


「しゃくれウツボ」

帰り道に大きなウツボがいるなぁ~。 なんて思ってたら、

受け口ウツボが大人しくクリーニングされてました。

普通のウツボなら完全に無視しますが、コイツを見つけるとやっぱり撮りたくなる憎めない存在です。



IMG_1221_convert_20140622170452.jpg



「セイテンビラメが重なって」

求愛行動かな?



IMG_1223_convert_20140622170315.jpg



「サガミイロウミウシ」

この手のウミウシは種類が多いですね。

ガイドブックと睨めっこです。



IMG_1229_convert_20140622170139.jpg



「タツナミガイがくっついて」

こちらは産卵前の求愛中ですね。



IMG_1232_convert_20140622165932.jpg



「ベニツケガニ」

ホントは食事中だったので、そのシーンを撮りたかったのに、

すぐに穴の奥へ隠れちゃいました。

ゲストさんが撮影している時は、ムシャムシャと食事中だったのに。。。



IMG_1236_convert_20140622165759.jpg



「大きなニシキウミウシ」

大島サイズだから全体が入らない! そんなウミウシが多いかもしれません。



IMG_1238_convert_20140622165545.jpg


「ムツの子供たち」

毎年この時期になると、群れて大きくなる頃には深い場所へ移動します。

美味しい魚なんですよね。



IMG_1243_convert_20140622165355.jpg



「イソコンペイトウガニ」

親指の爪の大きさぐらいあるビックサイズでした。

撮りやすいし、見つけやすい。



IMG_1245_convert_20140622165148.jpg


今週も賑わっております。

 雨の心配があった週末ですが、今日は曇り空の中に太陽がちょっと出たり、

海は静かになって透明度も良くなった、ありがたい1日でした。

まだウネリが時折あったりもしますが、気にはならない程度に落ち着いたのでホッとしています。

浅場や中間層辺りが透明度が悪いですけど、ちょっと下まで降りれば綺麗な潮です。

そのかわり、冷たさがありますけどね。。。

あれこれバタバタと忙しなく動いていたのでマイカメラはもちろん持っていかず、

お遊びカメラで唯一撮影したのが巨大ヒラメとイサキの大群です。



P6217068_convert_20140621180515.jpg



P6217077_convert_20140621181109.jpg



ショボイ写真で大変申し訳ありませんが、僕の腕がない! ということでご勘弁ください。

明日は持っていこうかな?

ポイント 秋の浜 曇り時々晴れ 南西の風 気温 25℃ 水温 17~20℃ 透明度 7~15m 小潮