春濁り再開へ

 週末はずいぶんと荒れた天気になってしまいましたね。

大島も高速船が全便欠航になるほど風が吹いて大型船のみ運航になっていました。

そういえば、土曜日に岡田港でいつまでも就航しない高速船が1艇ありました…。

平日になると良くなる天気もちょっとは週末に良くしてもらいたいですよね。

そんな気持ちは届かないような3月最後の日である月曜日はとっても良い天気です。

海は波がほどほどにバシャついていましたが、気にせずエントリーしてみたところ、

緑が少し混ざっている感じに見える海が広がっています。

やはりこれは春濁りの海ですね。。。

まあ、こればっかりは毎年現れる自然現象ですし、

これがないと幼魚たちも海藻類も生き生きしませんからね。

ちょっとビックリしながらも週末に賑わせていたニセボロカサゴを狙いに行きましたが、

会えなく残念な結果に…。

その後も特に目に入ってこない時間帯が続き、とうとう普通のファンダイビングをしてしまった。

こんな日もあると思いながらまた下見に出掛けようと思います。

でも、この春濁りの海はある深海からのビックプレゼントを匂わす感じでもあるので、

もしかするともしかするかもしれませよ。

今日はこいつで終わってしまいました。



「ベニカエルアンコウ」

いつも同じような場所にいる個体ですね。

週末になると良く留守になるヤツだな。



IMG_9487_convert_20140331124922.jpg



秋の浜 水温 14~15℃ 透明度 7~10m でした。


綺麗な海が続きます。

 今日は朝から太陽が出て暖かいし海も静かになりました。

予報が外れて静かな海になっていたのでさっそく海へと出かけました。

春濁りの海は今のところ一休みみたいな感じです。浮遊物は少しだけ目立ちますけど、

青い海は広がっていますよ。水温は例年並みの15~16℃ぐらい。

透明度も12~15mぐらいありますね。

でも今日は陸が暖かいせいもあって海がヒンヤリした感じでした。

もう少し水温が上がってくれば幼魚が活発になってくるし水中もさらに快適になりますね。

ではでは本日の写真を紹介します。



「イソカサゴのペア」

仲良くカイメンに張り付いていました。



IMG_9458_convert_20140328124310.jpg



「フタバベニツケガニ」

トサカに隠れていたので覗いてみたらカニがいました。

本当は別のカニを探していたんですけどね。



IMG_9460_convert_20140328124110.jpg



「フサカサゴ」

顎を強調してみました(笑)



IMG_9466_convert_20140328123925.jpg



「イズカサゴ」

顔が泥やコケが多く付着していたので特殊メイクしてるみたいでした。



IMG_9468_convert_20140328123744.jpg



「オキゴンベ」

成魚がソフトコーラルに乗っていたので。

だいぶフラッシュの光に敏感でしたね。



IMG_9472_convert_20140328123525.jpg



「伸びるニシキウミウシ」

何も無いところに首を長くして伸びていました。

何かあるのか???



IMG_9479_convert_20140328123342.jpg



「オオナガレカンザシ」

打ち上げ花火みたいなイメージで撮影したけど、

やっぱ生き物だからそうはいかないですね。



IMG_9486_convert_20140328123136.jpg


風が暖かいですね。

 南西の風がビュービュー吹いていて春なんだなぁ~と思わせる日でした。

おかげで花粉症の症状がMAXな一日でティッシュが手放せない日でもありましたけど。

秋の浜はベタ凪なので海に行ってきました。

昨日、ビーチと一緒に岡田港の桟橋を散歩していたら、

海がメチャクチャ綺麗だったので、期待しながら入りました。

綺麗は綺麗なんだけどやっぱり春らしい海ではありましたね。

でも、エントリーしたところタカベの幼魚の群れが本当に凄い感じで僕の周りを泳いでいました。

こんなにも沢山の幼魚が見れるなんて楽しすぎるので水面にしばらく浮きながら撮影してました。

キビナゴの群れだけじゃなくタカベの幼魚の群れも混ざって浅場はさらに癒しの感じです。

ウミウシの種類も豊富で、今日新たに初めて見るウミウシを撮影しました。

水温も安定してきているし透明度もまずまずなので、春らしい海を堪能できますね。

それでは、今日撮影したのを紹介します。



「タカベ幼魚の群れ」

手の届くところまで幼魚の群れがやってきました。

夏から秋にかけて見応えと食べ応えがある魚ですよ。



IMG_9452_convert_20140325193510.jpg



「キイロウミウシ」

でっかいやつでした。



IMG_9418_convert_20140325193253.jpg



「クセニアウミウシ属の一種の1」

初めて見るウミウシでした。とっても綺麗なウミウシで沢山シャッターを切ってましたね。

お店に戻って図鑑で調べたら、見たかったウミウシのひとつでもあったので嬉しいひと時でした。



IMG_9429_convert_20140325193122.jpg



「クダゴンベ」

幼魚とは言えないかもしれませんが、小さいクダゴンベです。



IMG_9432_convert_20140325192916.jpg



「インターネットウミウシ」

今年もコイツに出会う事が出来ましたね。

名前が名前なので、水中でスレートに名前を書いて教えても、

嘘でしょ?って思われてしまいます(笑)



IMG_9435_convert_20140325192733.jpg



「トウシマコケギンポ」

ちょうど腰を据えて撮影していたら、

タカベ&キビナゴの群れが近くをずっと上を通っていたので、

トウシマコケギンポがキョロキョロして落ち着かない感じでした。



IMG_9439_convert_20140325192526.jpg


ずっと天気良い連休でした。

 連休最終日の今日も天気良く風も弱くて海も静かです。

そんな日は花粉も飛んでいるので朝からティッシュが手放せない一日でもありました。

海に入ればスッキリ爽快になるから気持ちがイイですけどね。

ゲストさんと連休初日から最終日まで秋の浜を潜り倒してきました(笑)

あれこれコースを変えては様々な生物が見つかるポイント、秋の浜です。

今日のヒット!は、いなくなったと思っていたイロカエルアンコウの復活でした。

ラストダイブで浅場をメインに潜っていたら、目に止まりました。

しばらく同じような場所に居つくとイイですね~。

あとはやっぱり浅場の癒しの時を過ごせるキビナゴの群れですね。

いつみてもキラキラと輝く小魚ではありますが、見応えがあります。

春濁りも落ち着いてはいるけど、まだまだこれからが本番なのかもしれませんね。

この連休中は透明度が良くて助かりました。

それでは、本日撮影したのを紹介します。



「マツカサウオ」

背景がソフトコーラルで良い感じでした。

幼魚だったらもっとよかったかも?



IMG_9374_convert_20140323163610.jpg



「ベニカエルアンコウ」

深場で出合いました。



IMG_9376_convert_20140323163417.jpg



「ヘラヤガラ」

本来は季節が違うのに、生き残っていたんですね。

寒そうに見えたけど。。。



IMG_9381_convert_20140323163240.jpg



「キビナゴの群れ」

やっぱ癒されますね~。



IMG_9385_convert_20140323163043.jpg



「チシオコケギンポ」

同じ場所に何年も住んでいます。



IMG_9391_convert_20140323162841.jpg



IMG_9393_convert_20140323162634.jpg



「クマノミ」

まだ水温が低い時期でもあるので、撮りやすさがあります。



IMG_9394_convert_20140323162439.jpg



「イロカエルアンコウ」

ウミウシを撮った後に、何気に目に止まりました。

また動いちゃうかもね。



IMG_9400_convert_20140323161418.jpg


透明度抜群の海でした。

 今日も朝から良い天気に恵まれている大島です。

風は予報とは違った北風ですが、秋の浜の水面だけ少しザワついているぐらいで、

昨日のような潮の流れも無く普段どおりの快適な海でした。

透明度も上がって気持ちが良い海が広がっていました。

そんな素晴らしい海を堪能すべく深場のソフトコーラル地帯へ行ってみました。

目ぼしいネタは…。 でしたが、立派なソフトコーラルにキンギョハナダイの群れが圧巻です。

浅場では変わらずキビナゴの群れに癒される時間帯があるので、安全停止にはもってこいな感じですよ。

それでは、本日の撮影したのを紹介しますね。



「クロスジウミウシ」

秋の浜では深場によく目にするウミウシです。



IMG_9335_convert_20140322155953.jpg



「シモダイロウミウシ」

これも深場に生息するウミウシですね。



IMG_9337_convert_20140322155806.jpg



「サクラミノウミウシ」

春先に見つかるウミウシかな?



IMG_9340_convert_20140322155624.jpg



「オキゴンベ幼魚」

今年は当たり年ですな。



IMG_9342_convert_20140322155438.jpg



「ウデフリツノザヤウミウシ」

ちょっとショボくれた感じでした。



IMG_9343_convert_20140322155309.jpg



「キビナゴたち」

浅場の癒しです。



IMG_9345_convert_20140322155123.jpg



「サガミリュウグウウミウシ」

名前が言い難いから改名してほしいですね。



IMG_9355_convert_20140322154952.jpg



「ニホンアワサンゴ」

たまにはこんな感じもアリかと。



IMG_9356_convert_20140322154810.jpg



「アオリイカたち」

そろそろ産卵時期に近づいてきたかな~?

今年こそはアオリイカの産卵シーンを見たいですね~。



IMG_9359_convert_20140322154614.jpg