陸も海も寒さは今日まで?

 今日も昨日と変わらず寒いような気もしますが、太陽パワーがあれば陸は助かりますね。

海も天気予報みたいに寒さは今日まで! ってなると嬉しいかも?

昨日からのゲストさんと今日からいらっしゃる常連さんをお迎えして秋の浜へ。

やはり水中は、浮遊物が多くなっている様子です。

そのため、イサキ・コガネスズメダイ・キビナゴの群れは活発なご様子でした。

三本目の帰り道では目視確認のみですけど、

特徴的である立派なコブが印象深いオスのコブダイが通り過ぎました。

久しぶりに見たけど、やっぱり冬から春先の水温が低い時期に見かけますね(経験上)

いつか写真に収めたいものです。

今日はポイントで教えてもらった赤のイロカエルアンコウを見に。

その近くにはオスのベニカエルアンコウもいました。

さらにヒット!だったのは、

これまた近くに大きなマダコが岩陰に潜み卵を守っている様子が伺えました。

あれ名間違いないでしょう。下見の時にでも確認して証拠写真を押さえます。

今回も毎度おなじみであるゲストさんがご利用下さいました。

こんな寒い月日にダイビングをしにきてくれて本当に感謝してます。

それでは本日の写真を紹介しますね。



IMG_9026_convert_20140223183733.jpg



IMG_9027_convert_20140223183958.jpg



IMG_9036_convert_20140223184244.jpg



IMG_9045_convert_20140223184503.jpg



IMG_9033_convert_20140223184653.jpg



IMG_9052_convert_20140223184832.jpg



野田浜とケイカイと秋の浜

 今週も沢山の来島をしていただいているゲストさん。本当に感謝です!

今朝も冷え込んでいた大島でしたが、日中も日差しがあれば大丈夫な感じです。

秋の浜以外のポイントにリクエストがありましたので行ってきました。

まずは野田浜です。

名物のアーチへ向かう途中にゲストさんが指示棒で何やら教えてくれました。

ナント! ネコザメがイイ感じの場所にいました。

ラッキーな出会いです。エントリーする前にサメが見たいよね。 と、話していましたから。

そんな幸先の良いスタートダッシュが出来たので、調子にのってケイカイでカメ見せます!

なんて宣言をしましたが、宣言通り休憩中のアオウミガメをゲット!です。

大島のカメにしては、大人しいヤツだったのでゲストさんと一緒に撮影しました。

これは三本目もやれる気がしたので調子よく潜っていたら、

やっぱり調子に乗るからでしょうね。カメラカバーが水面にフラフラと浮上していく様子を、

ゲストさんが確認したけど、僕が気づいた時には、時すでに遅し。。。

まあ、そんなもんですね。

今夜は反省して明日は謙虚よくガイドをしようと思います。

水温も低いのが今がピークな感じです。14~15℃

透明度は少し落ちて浮遊物が目立つようになりました。10~12m

春が近くなってるのかな?



IMG_8949_convert_20140222192450.jpg



IMG_8988_convert_20140222192724.jpg



IMG_8980_convert_20140222192940.jpg



IMG_8973_convert_20140222193141.jpg




秋の浜のハシゴ修理

 今日は兼ねてから行う予定だった秋の浜のハシゴ修理をしました。

2月の南岸低気圧2週連続の大荒れでよくぞ持ち堪えたハシゴでしたが、

かなりの限界近くまで達していたので、少々の荒れ模様でしたが今日修理をしました。

荒波に負けず、懸命に現地ガイドの精鋭の皆さんの力でハシゴの補修作業を終える事が出来ました。

水温も低い中でしたが、作業をしている時は寒さは感じないものです。

写真を撮るつもりだったけど、一時間以上水中作業を揺れながらやったものだから、

軽く酔った感じですね…。なので、修理前の写真でご勘弁を!

明日からガイドで海に入りますが、これでゲストさんを連れて秋の浜でダイビングできます。



IMG_8901_convert_20140221181214.jpg



IMG_8938_convert_20140221181419.jpg


楽しそうでしょ?

 来たる3月15日と4月12日に向けて、事前準備を行ってきました。

現地ショップの仲間が賛同して伊豆大島を盛り上げていこう! と、みんなやる気満々です。

以前撮影した様子を写真でご紹介しようと思って書きました。

ポイントは秋の浜で行いました。

イベント当日は、秋の浜・野田浜・トウシキの3ポイントで実施します。

当店は秋の浜が一番近いので、そこに海底貯蔵をしようと考えています。

試験的に行った日は、2月の初め頃でしたが先週と先々週の大荒れで時化た海でもバッチリ!でした。

まったく動じない場所へ貯蔵しているので、皆さんが購入されて貯蔵するお酒も大丈夫かと思います。

瓶の口には、防水加工を施してケースに入れて貯蔵させるようにしました。

試験的に行った際には、焼酎だけでなくビールやワインなど様々なお酒を投入してみました。

引き揚げは二週間ほどで引き揚げてみました。防水効果は万全なのか?

味わい深く見れるように瓶のまわりに貝や付着物があると気分も上がるかなぁ~? などなど。

イベント当日には、参加されたゲストさんたちと一緒にダイビングして、

貯蔵する場所へご案内をし、貯蔵して記念撮影もしようと思います。

ネームプレートもつけてコメントも入れると半年後の自分に書くタイムカプセル的な要素もあって、

楽しさが広がるかと思いますよ(笑)

興味ある方やご質問等などありましたら、ご連絡してくださいね。

みなさんどうぞよろしくお願いしま~す。



IMG_8904_convert_20140220135716.jpg



IMG_8907_convert_20140220135939.jpg



IMG_8914_convert_20140220140201.jpg



IMG_8918_convert_20140220140415.jpg



写真は、引き揚げた様子や持ち帰る際に雰囲気を出せたらと思って、

動じない魚とクマノミ城で撮影してみました。

伊豆大島海底貯蔵プロジェクト

 

海底貯蔵プロジェクトのイメージポスター



 皆さんこんにちは。ようやく皆さんにご紹介できる日がやってきました。

この度、多くのダイバーである皆さんやそうでない方にも必見のイベントが始まります。

それは、伊豆大島名産である御神火麦焼酎を海に沈めて熟成させるイベントです。

たま~にテレビやネットの話題で沈没船からその当時のワインやお酒が出た!!!

なんて話を見たことや聞いたことがありますよね?

そんなヒントを得たわけじゃないけど(笑)大島のダイビングショップの皆で企画した

海底貯蔵プロジェクトをします。

貯蔵日である3月15日と4月12日、2回行うイベントです。

ご購入してもらった方に貯蔵日であるイベントに参加してもらって、

一緒にダイビングポイントに潜って海底貯蔵をします。

後々、4回ある引き揚げ日にお好きな日程を選んでもらい一緒に引き揚げてアフターダイブ後に

BBQしたりお店で一緒に海の揺らぎで熟成したロマンあるお酒を楽しむってのはどうでしょう?

誠に残念ではありますが、僕やサキはお酒に弱いので一口だけ飲めれば嬉しいです(笑)

もちろん、お酒だけ予約購入してもらって貯蔵してもらうのもOKです!

貯蔵イベントに参加して引き揚げ日が参加できなかったとしても、

こちらで手配いたしますのでご安心ください。

皆さんの心温まるご連絡をお待ちしております。

詳しくお聞きしたい方は、ビーチライン望月宛にメールや電話してくださいね。