FC2ブログ

ネタはいた!連休中日編

 連休中日の今日も朝から良い天気で秋晴れってとこです。

夜中に風が吹いていたのも治まり、秋の浜も水面が少しだけザワついていましたが、

水中は穏やかでまったく問題なしの海でした。

水温 22.7~23.7℃ 透明度 15~20m でした。

海に入ってから沖へ向かう途中で、イサキの群れがやけに水面近く上がっている気がしたけど、

気にせず沖へ出て行くと、サーモクラインが出てる! 冷たい…。

もう冬支度に駆け込んでしまっているのか! と思ったほどでした。

ご紹介した生物も、まさかのカンナツノザヤウミウシがいたりしちゃって…。

赤色のカミソリウオペアも朝一番の海では見つけたけど、

午後には姿が見えませんでした。

新しい場所のヤシャハゼは見事に顔を出してくれていたので、お見せできてよかったです。

他にもハタタテハゼ幼魚ソメワケヤッコ幼魚ニシキフウライウオ黒クマも健在でした。

そういえば、午後から野田浜にご案内したサキチームが、

黄色のイロカエルアンコウ幼魚を発見したとか。

僕も見たかった…。

明日は連休最終日です。まだまだきっと新顔がいるハズ!

頑張りま~す



大きなヒラマサにゲストさんも興奮でした!!



PA136760_convert_20131013211619.jpg



青い海とソフトコーラルに幼魚が良く似合います。



PA136765_convert_20131013211928.jpg



大きなコロダイはクリーニング中でした。



PA136762_convert_20131013212201.jpg



水中から見上げる太陽の光っていいですよね。



PA136755_convert_20131013212357.jpg

ネタ何処いった?連休初日編

 秋の最後の三連休が始まりました。

10月の連休でウエットダイバーは卒業される人が多いので、

沢山のウエットダイバーが秋の浜に大集合しました。

季節風になる西の風が強く吹いているので秋の浜のみ潜水可能でした。

水温 25℃ 透明度 12~15m でした。

大混雑した初日の海ですが、

明日は風が弱くなる予報なので、西側の海も入れそうですね。

ではでは今日撮影したのを紹介します。



大きなイロカエルアンコウでした。

友人ガイドからホットな情報をいただきました。

白クマ出ないかなぁ~。



PA126752_convert_20131012201817.jpg



パイナップルウミウシです。

ガイド中にサキが発見しました。

大きなウミウシでしたね。

ウミウシシーズンが始まった気がしました。



PA126753_convert_20131012201652.jpg



それでは海の中へいってきま~す。

古くからの常連さんの家族に手を振りながら潜降です。



PA126750_convert_20131012201511.jpg

人気者は健在でした。

 今日も夏陽気な一日です。

雨もパラパラ降ったと思えば、夏の日差しもあるヘンテコな天気でした。

明日からの連休もあって、僕はガイドで海をご案内しているので、

サキにネタをチェックしにいってもらいました。

人気者は健在だったようです。

明日から殺到することは間違いナシですね。

秋の浜 水温 24.8~25.5℃ 透明度 12~15m でした。

秋の最後の三連休は海も静かで天気がイイことを願いたいです。

ではでは本日撮影したのを紹介します。



フリソデエビのペアです。

明日からも見れるといいですね~。



IMG_1096_convert_20131011191927.jpg



ニシキフウライウオです。

深場の個体みたいです。オスも近くにいるとか。



IMG_1079_convert_20131011191654.jpg



イガグリウミウシです。

ウミウシも少しずつ増えてきました。



IMG_1087_convert_20131011191443.jpg



アカスジカクレエビです。

この時期になると、ハゼだけじゃなくエビも定着します。

透明なエビが沢山いる事もあるのでチェックですね。



IMG_1076_convert_20131011191258.jpg



クマドリカエルアンコウです。

ちょこちょこ場所を変えるので、探すのに苦労するときもありますね。



IMG_1140_convert_20131011191111.jpg

今日も夏陽気です。

 天気が良くて10月とは思えない気温に恵まれたおかげで、

海での休憩も楽々で過ごしやすい一日でした。連休もこんな調子でお願いしたいですね。

のんびりと秋の浜を堪能してきました。

水温 25.5~25.8℃ 透明度 12~15m でした。

本日は、さっそく話題のフリソデエビのペアを確認しに右エリアへ行きました。

先に到着していた他ショップのガイドがその場所に居たので、

すぐに目印のフリソデキャッスルが目に入りました。

石を捲り岩の切れ目を覗くと、ペアのフリソデエビを確認できました。

が、しかし! 大事なカメラを海に持っていくことが出来ずに、目に焼き付けて帰りました。

カメラはお店に忘れちゃったんですよね…

そんなこんなんで、二本目からカメラを持ちながらガイドに専念しました。

二本目はまったりしながらのんびり正面の浅場を中心に潜りました。

今日の写真は、大島の海ではよく目にする魚たちになります。

言い訳を言えば、新顔を見つけられなかったということですね…。

まだ明日がある! それでは皆さんおやすみなさい。



ニシキウミウシです。

夏には紫色の小さな幼体が良く見つかります。



IMG_1056_convert_20131010222008.jpg



キンギョハナダイ幼魚たちです。

今年も多くの幼魚たちを目にする機会が多いですね。

ソフトコーラルに集まる姿は、とっても絵になる光景です。



IMG_1062_convert_20131010221829.jpg



ウツボアカシマシラヒゲエビです。

クリーニングをするならエビホンソメワケベラですね。



IMG_1068_convert_20131010221652.jpg

続々と新顔が出る海です。

 今日も、もちろん秋の浜です。

ですが、なにやら原因不明のウネリがありました。

気にはならないレベルなのですが、時折浅場は揺られることもあるカンジでした。

本当に何なんでしょうね…。

まあでも、そんな事は軽くぶっ飛ぶような新顔が今年も登場したようです。

僕はまだ未確認ですが、

フリソデエビのペアが登場したらしく早いトコ確認したいです。

でも、今年もフリソデエビを自力で見つける事ができない年でした。

毎年思うのですが、何故か?フリソデエビ運が無い気がしてならないです。

来年こそは!自力で見つけられるように目を光らせたいと思います。

残すとこ、白クマ幼魚のみとなりました。

この調子なら、連休中には出る期待が高まります。

出来ることなら連休前に確認したいですね。

今日は水中で後輩ガイドに赤のカミソリウオペアを教えてもらいました。



IMG_1028_convert_20131009184252.jpg



その代わりといっては何ですが、

僕も負けずに、チビのウデフリツノザヤウミウシトコブシの貝殻に乗っていたので、

手渡してみました(笑)



PA096687_convert_20131009184600.jpg



近くの岩にも一匹居たので、早い登場かもしれません。

もう、ウミウシシーズンが始まるのかと思うと軽く寒気がきましたけどね…。

明日は何が見つかるか楽しみです。

秋の浜 水温 25.5~25.9℃ 透明度 15m でした。

せっかく他にも撮影したのもあるので載せたいと思います。



PA096703_convert_20131009184944.jpg



小さいハナミノカサゴ幼魚です。

スケルトン状態は幼魚のほんのわずかな時です。



PA096705_convert_20131009185249.jpg



青い海にイサキのシルエットもなかなかなものです。



PA096719_convert_20131009190118.jpg



子供のアオリイカも見事に魚をゲットです。

ハシゴ付近では、水面下もチェックですね。



IMG_1045_convert_20131009190602.jpg



こちらもハシゴ付近です。

ハタンポ幼魚も太陽の光でキラキラしています。