ハンマー祭りは始まっている。

 ようやく早朝ダイブに行けるとあって、前日の夜からワクワクしながら朝を迎えました。

朝5:00にはポイントのケイカイへ到着できるように準備をしていざ出発です。

すでに多くのダイビング車がポイントの駐車場に停まっていて、

ほとんどのチームが海に入っている様子です。

やば。出遅れた…。 と思い、急いで海に飛び込みました。

目的地の場所へ到着すると、すでに何組かのエアーが見えます。

しばらく待ってカメラのセッティングをしながら水面を見上げていると、

やってきました!!!

 ハンマーヘッドです!!!


IMG_7736_convert_20130731144715.jpg



IMG_7745_convert_20130731144814.jpg



数は多くなかったけど、何度も数匹単位で僕らの頭上を駆け抜けていく姿が最高でした。

潮の流れももちろんあるけど、根待ちスタイルすれば問題ないし、

水深が浅い場所でも見られるから素晴らしいですよね。 (5~7㍍)

深くても 10~12㍍ ぐらいです。

しばらく祭りは続く事でしょう。

週末が凄い事になる予感がしますね…。



IMG_7746_convert_20130731144600.jpg


夏の日差しが戻りました。

 今日の大島は夏の日差しが戻る気持ちが良い日となりました。

やっぱり太陽のパワーは本当にありがたいですね。

早朝便で大島に到着されたゲストさんを迎えて海へご案内です。

秋の浜へ行ってきました。

水温 18.6~21℃ 透明度 10~15㍍ でした。

1本目は寒さは感じなかったけど、2本目になって冷たい潮が上がってきました。

やはり冷たい海はビックリしちゃいますね。

早いとこ海の中も安定してほしいものです。

体験ダイビングをされたゲストさんは、楽しく海の中を散歩出来た様で明るい顔が印象的でした。

それと、今日の早朝ハンマーは大当たりだったとか…。

もう我慢出来ないので、明日早朝ハンマーを狙います。

見事にゲットできるか今から楽しみです。



ネンブツダイの群れとゲストさん」

見応えある群れに癒しの時間でもありました。



P7305876_convert_20130730194819.jpg



ニセボロカサゴも健在でした」

ゲストさんが粘って撮影された時は、大あくびをしてくれたとか。

けっこう大きな口であくびをしますよ。


P7305884_convert_20130730194924.jpg



「砂地に目立つ色したウミテング幼魚

今砂地には可愛い黄金色したウミテングがいます。



P7305867_convert_20130730195033.jpg



「体験ダイビング後の記念撮影です」

お二人とも楽しい時間を過ごされたようです。

天気も良くて海も静かで魚も沢山見れて良かったですね。

ニモの親戚クマノミもいましたね(笑)



P7305882_convert_20130730195236.jpg


雨が多いですね。

 今朝方にドシャ降りの大雨だったようですが、昨日は沢山潜ってご案内したので、

まったく気付かずに朝を迎えました。ゲストさんを宿に迎えに行ったのち、

車の中でその話題になった時に顔になった自分がちょっと恥ずかしかったです…。

今日1日は生憎の空模様でした。

しかも、ゲストさんのテンションを更に下げる現実が海の水温の低さでした。

でもせっかくの大島の海を楽しまなきゃ損ですからね。

話題になるような生物を求めて砂地へ行きました。

秋の浜 水温 18.6~21.3℃ 透明度 15㍍ でした。

今砂地にはアイドル的な存在の黄金色したウミテング幼魚がいます。

珍しい体色なので皆さんも沢山撮影していました。

しかし、この辺りは冷え冷えの海なので一気に浅場に戻ってハシゴ近くでまったりしました。

今日の海はさすがに皆さんも僕も冷えました…。



P7295832_convert_20130729183748.jpg



2本目には、水温が上がっている事を期待して野田浜へ行きました。

海から上がってきていた他のガイドさんから話を聞くと、

ありがたいことに水温が上がった話を聞いたので、気分は一気に上昇です。

水温 23~24.7℃ 透明度 20㍍ でした。

温かい潮と冷たい潮が混ざり合っていた場所もありましたが、

全体的に温かいので気持ちよく潜る事が出来ましたね。

アーチの中に入っているイサキの数は減ったけどまだまだ見応えがあるし、

潜り抜けるとイサキの幼魚の群れが沢山いるので楽しい海が広がっています。



P7295843_convert_20130729183908.jpg



P7295853_convert_20130729184010.jpg



P7295860_convert_20130729184235.jpg



話は変わりますが、隣のケイカイでは早朝にハンマーがけっこうな数で群れていたとか…。

黒潮が近づいてきた今がチャンスなので、近いウチに早朝ハンマーを狙ってみます。

昼も夜もダイビングしまくりです。

 昨晩は完全に落ちたので今朝ログを書いています。

早朝でケイカイへ大物狙いで入りましたが、ちょっとの差でハンマーを逃してしまい残念。

先に海に入っていた他のダイバーたちは数匹見れたようです…。

またいつかリベンジする機会があったら万全の態勢で望みたいと思います。

水温が激低だったので皆さんは目が覚めたと言っていました。

あれは確かに寒かった。。。

水温 18℃ 透明度 30㍍ でした。

その後、午前中に王の浜秋の浜へご案内をしました。

新たにゲストさんを迎えて海へ行きました。

王の浜は水温は高くなって良かったのですが、

潮の流れが速く所々楽しむとこと大変なとこがあった感じでした。

それでも、帰り際にアオウミガメとゲストの2ショット撮影に成功です。

のんびり泳ぐアオウミガメに感謝でした。

水温 25℃ 透明度 20㍍ 



P7285794_convert_20130729073717.jpg



秋の浜ですが、こちらは水温&透明度が他のポイントに比べて良くない状況ですね。

生物は大島一なんですが、いかんせんこの時期にしては水温が全体的に低いので、

海水浴の人も海に入っている姿が見当たらなかったような気がします。

海に入って納得でした。



P7285797_convert_20130729074234.jpg



P7285795_convert_20130729074407.jpg



水温 18~21℃ 透明度 10~15㍍

午後からは再びケイカイへ行きました。

こちらも水温が低いのと潮の流れが強くて大変な場面もありましたが、

頑張ったかいがあって群れの魚が圧倒的に多くてゲストさんたちも喜んでいました。

水温 21℃ 透明度 20㍍



P7285822_convert_20130729073833.jpg



ラストは昨日もナイトダイビングをしていただいたゲストさんと、

再びナイトダイビングをしに秋の浜へ行ってきました。

今宵もイセエビ祭りであちこちわんさかいます。

ゲストのお2人はよっぽどイセエビが大好きなんでしょうね。

食い付きがちがいましたね(笑)

沢山潜って夏を感じさせる1日でした。



寝ているブダイです



P7285830_convert_20130729074035.jpg



今日も張り切って海へご案内いたします。 

南と北の海では違います。

 今日は南から北へ大遠征のダイビングを致しました。

ゲストさんのリクエストでトウシキへ行きました。

天気は午前中は雷雲があったり不安定な陽気でもありましたが、

海の中はメチャクチャ明るくて温かい海が広がっていました。

水温 26℃ 透明度 20㍍以上 でした。

昨日まで冷たい海だったので激変した海になったので大当たりな感じです。

もちろん潮の流れも大変でしたけど…。

黒潮の暖流域が流れ込んだかもしれませんね。

この調子で夏の海本番と言っても大丈夫ですね。

午後からは北部の海、秋の浜

こちらも水温が上がっていたので安心しました。

透明度はちょっと残念でしたけど、昨日の海よりは断然マシなのでOKでしょう!

水温 23.5℃ 透明度 5~7㍍(浅場です)

ナイトダイビングも秋の浜で行いました。

今日のナイトは、夜光虫が多くて最後にライトを消して夜光虫の光を楽しみました。

とっても幻想的で海の蛍みたいで夏らしい感じでした。

明日は早朝ダイビングで大物を狙いたいと思っています。



P7275774_convert_20130727230942.jpg




P7275777_convert_20130727231325.jpg