嵐が過ぎ去った後は

 先週は爆弾低気圧なんてのが来たもんだから陸や海は大荒れでした。

あれは台風と一緒みたいなもんですね。

海が落着いたので出掛けてみると、大事なハシゴが無残な姿に変わっていました。

まだ上がれるからいいけど、応急処置をしないとマズイ感じでしたので、

友人ガイドと一緒に水中での足場固めをしました。

このままにする訳には行かないので近いウチに直すと思います。

秋の浜」 へ

水温 16.4~16.7℃ 透明度 15㍍

浮遊物が目立つ海でした。

浅場のゴロタ岩はかなり裏返しになっていたので、相当な嵐だったでしょうね。

前回ガイドで訪問した場所へ行きました。

始めに目が止まったのは、「ホウキハタ」 でした。

最近、この辺りで良く見かけます。



IMG_5557_convert_20130121164600.jpg



そして、狙いの 「コウリンハナダイ雄」 は探すものの見つからないので、

仕方なく大人しそうな雌を撮影しました。



IMG_5564_convert_20130121164742.jpg



その場所でウロウロしていたら、

別のガイドサンから 「クマドリカエルアンコウ」 を教えてもらいました。

ちょっと大人に向けて成長しているタイプですね。



IMG_5571_convert_20130121164847.jpg



帰る間際に 「アサヒハナゴイ」 が見つかったので撮ってみると、

上手い感じに決まったので満足して浅場へ戻りました。



IMG_5577_convert_20130121164953.jpg



浅場は、寒そうにジッとしている 「ヒトスジギンポ」 がまだ頑張っています。



IMG_5583_convert_20130121165104.jpg



あと、「ミゾレウミウシ」 の小さいのもいました。



IMG_5582_convert_20130121165246.jpg



まだまだ寒い日が続きますが、海の中はネタが豊富なので楽しいですよ。

嵐が来る前に

 今日は日帰りのゲストさんと一緒に海へ出掛けました。

明日は成人式ですが、天気予報だと大荒れの予報が出ていますね

やはり、成人式とセンター試験の日は天候が荒れるジンクスは間違いなさそうです。

自分も成人式の日を迎えた日は大雪だったなぁ~

その時のニュースの話題といえば、着物にブーツ姿の成人が多くテレビで話題となっていました。

話がだいぶ脱線しましたが、本題の海はと言うと水温が上がって快適な海でした。

透明度もそこそこ良好で魚の動きも活発でした

印象的な出来事といえば、

沖へ向う途中で大きなヒラマサアオリイカを狙っての攻防戦が凄かったです。

イカはスミを吐きまくって真っ黒になっていたし、

一瞬、何が起こったんだと思う出来事でした

秋の浜」 へ

水温 16.7~17.2℃ 透明度 15~20㍍

海も静かでベタ凪です。風も弱く日差しもあってこの時期としては、気温も高くて快適でした。

狙いのネタは、「コウリンハナダイ」 です。



IMG_5504_convert_20130113164112.jpg



ゲストと目的地へ到着すると、まず最初にメスを発見しました。

近くを探すとオスも無事に見つけることが出来ました。

しかし、よ~く見るとオスが2匹いる事に気がつきました

コレはチャンスと思い、お互いに1匹のオスを狙っての撮影開始です。

でも、僕が狙ったオスは動きまくりでピントが全然こない…。

また今度にでも狙いたいと思います。

2本目の狙うネタは、「ボロカサゴ」 でした。



IMG_5523_convert_20130113164012.jpg



1本目の帰りの途中で目に入ってきたので、2本目にじっくりと撮影しました。

でも、コケが生えちゃってあまり綺麗とはいえない状態になっていました

そのうち脱皮でもすれば、ツルンとした肌になるでしょうね。

他には色々と帰り道に目に入ったのを撮って終了です。

明日は大荒れの予報なので家でゆっくりします



イロカエルアンコウ幼魚



IMG_5549_convert_20130113163841.jpg



ハナミノカサゴ若魚



IMG_5545_convert_20130113163756.jpg



アジアコショウダイ幼魚



IMG_5542_convert_20130113163652.jpg



イソカサゴ



IMG_5539_convert_20130113163550.jpg



ミズヒキミノカサゴ幼魚



IMG_5531_convert_20130113163433.jpg



ヒトスジギンポ



IMG_5515_convert_20130113163216.jpg



クマドリカエルアンコウ幼魚



IMG_5512_convert_20130113163113.jpg



ニラミギンポ



IMG_5552_convert_20130113163003.jpg



アヤメカサゴ」 などなどでした。



IMG_5509_convert_20130113162851.jpg

風も無く海も静かです。

 今日はゲストさんの最終日です。

風も無く海も静かで快適なダイビング日和となりました。

秋の浜」 へ

水温 15.2~15.8℃ 透明度 15~20㍍

海は冷たいですけど、陸に上がってから風が無いのは本当に助かりますね。

ここ数日は、北よりの風があったので陸に上がると寒くて、

器材を取り外すのも上手くいかないし、お湯で手を温めてから外す感じでした。

最終日の今日もハナダイ狙いで行ったのですが、

目的の魚が見つからずに次回に持ち越しとなりました。

あれこれと撮影したのを紹介します。



大きなネコザメ



IMG_5438_convert_20130106165450.jpg



エントリーして、すぐ真下に居たのでビックリしました。

全然逃げないし堂々としてましたね。



チゴハナダイ



IMG_5440_convert_20130106165336.jpg



数年ぶりに見たと思います。

前回はもっと浅い所で見たんだけどなぁ~。



ベニハナダイ



IMG_5442_convert_20130106165216.jpg



これも、もうちょと浅場に居ると嬉しいのに…。



ベニカエルアンコウ



IMG_5446_convert_20130106165110.jpg



浅場へ戻る途中で一休みしようとしたら、見つけました。

お腹が大きくなっていたので捕食した後でしょうね。



ヒラムシ



IMG_5447_convert_20130106165009.jpg



エレガントな存在です。



ニセクロスジギンポ



IMG_5453_convert_20130106164903.jpg



ここ最近見かけなかったのは、引越ししていたんですね。



モクズショイ



IMG_5458_convert_20130106164726.jpg



浅場のゴロタに隠れていました。



アサヒハナゴイ



IMG_5460_convert_20130106164545.jpg



キンギョハナダイの群れの中に入るので目立ちます。



カシワハナダイ



IMG_5465_convert_20130106164437.jpg



もう成魚に近いですね。



ウデフリツノザヤウミウシ



IMG_5476_convert_20130106164328.jpg



冬の定番です。



キンギョハナダイの群れ



IMG_5491_convert_20130106164223.jpg



こんな冬の海でも群れているなんて素晴らしいです。

冷たいけど楽しい海です。

 今日も朝から海へと出掛けました。

秋の浜」 へ到着すると、

どうやら僕らが一番乗りだったようで早速準備をして海へと入りました。

水温 15.2~16.2℃ 透明度 20㍍

若干ではありますが、浮遊物が目立つ感じの海でした。

午後には潮が入り込んだようで綺麗な海へと変化しました。

冷たさは変わらないですけどね~。

今日も綺麗な魚たちの場所へ訪問して撮影を楽しんできました。

明日はゲストさんの最終日なので、バッチリ決めれるようにガイドしてきます



コウリンハナダイ



IMG_5420_convert_20130105164736.jpg



優雅に泳いでいました。

いつみても綺麗な魚ですね。



サクラダイの雌



IMG_5422_convert_20130105164843.jpg



大きな子でした。

雄はもっと派手な色合いです。



サガミリュウグウウミウシ



IMG_5428_convert_20130105164947.jpg



毒々しい色合いが特徴です。



ヒメサンゴガニの仲間



IMG_5432_convert_20130105165056.jpg



この低水温でも生き残っているんですね。

天気も良くて海も綺麗です。

 今朝も寒い始まりでしたが、

風も徐々に弱くなり日中は太陽も顔を出して、とてもありがたい1日でした。

明日の予報は良くないですが、張り切って海へ飛び込んで行こうと思います

秋の浜」 へご案内です。

水温 15.1~15.8℃ 透明度 20㍍

今日は深場のハナダイをリクエストされたので行ってきました。

向う途中で大きな真っ黒い存在が目に入りました。

冬場限定の大きい 「コロザメ」 が見つかりました。



IMG_5361_convert_20130104174943.jpg



存在自体デカイので、すぐに分かりますね

ダイバーを入れて撮影すればよかったのですが、

目的はハナダイなので、サクッと撮って移動開始です。

ゲストさんは、コウリンハナダイ狙いで自分は他のハナダイを探しました。

最初に目に入ったのは、「しゃくれたウツボ」 です。



IMG_5369_convert_20130104175115.jpg



今までに色んな場所で見かけたけど、こんな場所にいるとは…。

その後、目的であるハナダイたちを探して見つかったのは、

アサヒハナゴイ」 や 「ベニハナダイ」 でした。



IMG_5365_convert_20130104175226.jpg



IMG_5367_convert_20130104175330.jpg



水深が深いので短時間でしたが、なんとか撮影できました。

お昼を挟んで午後からは、のんびりと別の場所でハナダイたちを狙いに行きました。



ケラマハナダイ」 



IMG_5388_convert_20130104175440.jpg



スジハナダイ」 



IMG_5377_convert_20130104175543.jpg



キンギョハナダイたち」 を撮りました。



IMG_5373_convert_20130104175641.jpg



他にも、フタイロハナゴイ幼魚・サクラダイ幼魚・スミレナガハナダイ幼魚 などなど…。

魅惑の魚たちがいっぱいなので目移りしがちな場所ですね。

浅場へ戻る途中では、「コガネスズメダイの群れ



IMG_5383_convert_20130104175741.jpg



休憩中のクマノミ」 



IMG_5391_convert_20130104175842.jpg



ベニカエルアンコウ



IMG_5397_convert_20130104175949.jpg



ハナミノカサゴ幼魚」 を撮影しました。



IMG_5407_convert_20130104180055.jpg



ベニカエルアンコウは、昨年の夏以来、目にしたと思います。

昔は沢山いたんですけどね。

そして、今日も海から上がった後はお湯をかぶり身体を温めて帰りました。

お湯の存在は非常にありがたいものです

明日も海から上がったら、お湯をかぶってありがたみを感じたいと思います