空は暗くても海は明るい

 11月の連休の初日ですが、生憎の空模様となってしまいました。

天気予報で風が強くなる予報も出ていましたが、お昼ぐらいまでは穏やかな海況でした。

昨日ご連絡があったゲストさんを迎えて海へご案内いたしました。

秋の浜」 へ

水温 19.3~19.8℃ 透明度 15~20㍍

こんな日でも、海は明るく穏やかで魚たちも多く見られました。

初大島で、昨日は観光&ドライブを楽しんで〆は食事と温泉だったようで、

今日のこの天気にプレッシャーを感じましたが、ゲストさんは楽しんでくれたようでした。

さすが秋の浜です。期待を裏切りませんね。

ビギナーの方だったので、浅場を中心に潜り、慣れた頃にちょっと沖へ出てみました。

ソラスズメダイキンギョハナダイの群れを見たり、

クマノミ城ギンポ団地で遊んでもらいました。

ガイド的には、ホシノエソイトフエフキ幼魚を捕食したシーンが見れたり、

白のちっちゃなイロカエルアンコウ幼魚を見せれたのが良かったかなぁ~と思ってます。

その他に紹介したのは、

キビナゴの群れ・アカホシカクレエビ・ハナミノカサゴ幼魚・キリンミノ幼魚

アオヤガラ・ツノダシ・イサキの群れ・テンクロスジギンポ・ニセクロスジギンポ
 でした。

今年は良く出ます。

 昨晩と今朝方にかけて雨が降ったようです。

雷もちょっとだけあったような時間帯もありました。

そのせいか、ちょっと肌寒い陽気でした。

今日は、昨日他ショップの現地ガイドさんが偶然発見されたという新顔を見に出掛けました。

秋の浜」 へ

水温 20.3~20.5℃ 透明度 12~15㍍

ちょっとだけ白っぽい感じはしますが、

若干水温の変動もあったため昨日よりはブルッとはしませんでした。

まだまだ生物も豊富な海ですし、新顔が出てくる期待も高いので楽しいです。

早速、その情報の場所へ。

白くて小さい 「イロカエルアンコウ幼魚」 がいました。

最近、黄色の子が見当たらないので新旧交代か?



IMG_5119_convert_20121122185938.jpg



すぐ近くには、「コールマンウミウシとイガグリウミウシ」 がいました。

同じ場所に別々のウミウシがそばにいるなんて、なんだかお得な感じです。



IMG_5123_convert_20121122185555.jpg



IMG_5124_convert_20121122185808.jpg



その後は、いつものように当ても無くフラフラ沖へ出てしまい、

深場まで足を伸ばしたので、ハナダイたちを訪問しに。

ピントはダメダメですが 「ベニハナダイ」 を見つけて撮りました。



IMG_5128_convert_20121122185232.jpg



いつもなら、この辺りに綺麗どころのハナダイが多いのですが、

例年より水温が高い影響なのか? キンギョたちが多くて他は…。

帰り道に見慣れないハゼがいたのでそっと近づいて撮りました。

ダテハゼ属の1種の1」 のようです。

分布域が小笠原と書いてありましたが、大島でも見れるって本当に海は不思議ですね。



IMG_5134_convert_20121122185058.jpg



中層には 「アオリイカ」 が沢山群れていて、見ているだけでも楽しい光景です。



IMG_5142_convert_20121122184920.jpg



浅場へ戻り、まだこの時期になっても卵を抱えている 「オトヒメエビのペア」 を撮りました。

水温が高い影響なんですかね~?



IMG_5147_convert_20121122184725.jpg



ハシゴ近くでは、可愛いサイズの 「コウワンテグリ幼魚」 も見つかりました。



IMG_5151_convert_20121122184458.jpg



明日の天気はイマイチらしい予報が出ていますが、

海が荒れないことを願います。









穏やかな日が続く

 今日も朝から日差しが降り注ぎ、空は快晴に恵まれています。

風は北東に変わって、ちょっと寒く感じますが太陽の光によって気持ちが良いです。

秋の浜」 へ出掛けました。

水温 19.3~19.6℃ 透明度 12~15㍍

浅場は白っぽい感じがありますが、沖へ出ればすぐに綺麗な潮に恵まれています。

ここんとこ、潮流も無く快適に海の中を散策できますね。

ぐるっと正面のコースを回ってきました。

始めに目が止まったのは、 「ハチマキダテハゼ」 でした。



IMG_5056_convert_20121121152238.jpg



もうすでに大きく成長しているので、だいぶ前から居たんでしょうね。

撮り始めてすぐに嫌な気配がするので横を見ると、

若いウツボがこちらに向ってやってきます。

これは、間違いなく邪魔されると思ったので移動開始です。

移動している時に良く目に入るのが、「ホタテツノハゼsp」 です。



IMG_5058_convert_20121121152124.jpg



けっこう臆病な性格なので近寄るのも気を使うのですが、

今回のは、大人しい良い子でした。

何も無いようなだだっ広い砂地を縦横無尽に動きまくっていると、

ヨメゴチ」 が目に入りました。



IMG_5059_convert_20121121151958.jpg



ここでもイヤ~な気配を感じたので、チラッと横を見たら

またまた同じウツボがこちらに近づいていました。

まさしくストーカーですね。 アイツは…。

完璧に無視して振り返らずに当ても無いネタ探しを続行しました。

友人ガイドも似たような時間帯に潜っていたので、

水中で挨拶を交わした後に小さな 「ウデフリツノザヤウミウシ」 が見つかりました。

すぐそばにも、ずんぐりした子も見つかりました。



IMG_5071_convert_20121121151718.jpg



IMG_5075_convert_20121121151829.jpg



近い場所だったので 「ボロカサゴ」 にも立ち寄りました。



IMG_5088_convert_20121121151552.jpg



こうもずっと同じような場所に居るので、

今月いっぱいまで見れるんじゃないかな 確たるものがないのに何故か自信が湧きますね。

居なくなったり見れなくなったら、ガクッと感が計り知れませんけど…。

そう言えば 「ヒラメ」 も最近良く見れますね。

潜る度に見ているような気がします。



IMG_5063_convert_20121121151424.jpg



浅場に戻ってからは、昨日見た ハナミノカサゴ幼魚 を確認して、

すぐそばにいた 「キリンミノ幼魚」 を撮りました。

今年も多いですね。



IMG_5091_convert_20121121151300.jpg



最後はハシゴ手前で見かけないような魚が目に入ったので数枚撮って上がりました。

お店に帰ってから図鑑で調べてら、 「ワヌケトラギス」 のオスでした。



IMG_5103_convert_20121121151138.jpg



地味な色合いの魚なのでスルーするところでした。

上がり際にも目が離せないと感じた今日の海でした。

深場の誘惑につられて

 昨日は天気も悪くて、寒くて家に引きこもっていましたが、

今日は天気も良くポカポカ陽気に恵まれて海へ出掛ける事にしました。

秋の浜」 へ

水温 19.9~20.3℃ 透明度 12~15㍍

とうとう水温も 20℃ を下回ってしまいましたね。

週末も冷たい潮だったので、何かの間違いだと思っていたんですが…。

現実は常に厳しいものですね。

週末のゲストさんがリクエストされていたネタを再度確認しに行ってきました。

深場にいる魅惑のハナダイなので、中層を泳いで沖へ出てから目的地へ一気に降りました。



コウリンハナダイのメスたち

この辺りで5匹は確認できました。

密集しているのですね。



IMG_4999_convert_20121120221118.jpg



コウリンハナダイのオス

1匹だけ魅惑な色合いをしたオスでした。

綺麗な魚ですよね~。



IMG_5001_convert_20121120220842.jpg



ボロカサゴ

未だ同じ場所に定着しています。

よっぽどこの場所がお気に入りなのかな?



IMG_5022_convert_20121120220616.jpg



フリソデエビ

日曜日は見なかったのに、今日は見れました。

穴の奥に隠れているので非常に撮り難いです。



IMG_5046_convert_20121120220357.jpg



ハナミノカサゴ幼魚

透ける身体が魅力的な魚です。



IMG_5040_convert_20121120220023.jpg



明日も天気が良さそうなので、海へ出掛けようと思います。

晴れたけど

 昨日の台風のような嵐から一転、今日は晴れました。

朝のうちは雲が多めでしたが、時間が経つにつれ回復しました。

でも、西風予報だったのに北東風で水面はバシャついてしまいました。

昨日は雨で風は無くベタ凪。今日は晴れたけど風があってバシャバシャ…。

どっちが良いか迷いどころでもありますね。

秋の浜」 へ行きました。

水温 18.9~20.4℃ 透明度 20~30㍍

早朝は素晴らしく綺麗な海が広がっていました。一気に明るくなった海ですが、冷えました。

やはり冬モードに突入しました。

中層を泳いで移動すると、下にいるダイバーたちが良く見えます。

今日のリクエストである ハナダイ たちを中心に紹介してきました。

アサヒハナゴイ・チゴハナダイ・カシワハナダイ・ケラマハナダイ・アカオビハナダイ

コウリンハナダイ・フタイロハナゴイ幼魚・スミレナガハナダイ・スジハナダイ
 などなど。

まだまだ他にも沢山の種類が見え隠れしているので、

一日では全然足りませんね。

ハナダイ たちを紹介する時期になると、冬がやってきたなと感じる今日この頃です。

ハゼ たちも紹介しようと尋ねてはみたものの、

あっという間に巣穴に隠れるヤツらばかりで泣かせてくれました。

ヒレナガネジリンボウ・ホタテツノハゼsp・ヤシャハゼ・オトメハゼ は見れましたが、

撮れない&寄れない…。

水温的にもう厳しいかもしれませんね。

ゲストさんが撮影している合間にちょこちょこ撮りました。



カンナツノザヤウミウシ

冬らしい感じが満載ですね。



IMG_4919_convert_20121118155409.jpg



フタイロサンゴハゼ

でっかい個体です。

越冬したら最高ですけど、無理でしょうね。



IMG_4938_convert_20121118155306.jpg



スジタテガミカエルウオ

相変わらずシャイです。



IMG_4947_convert_20121118155200.jpg



アカシマシラヒゲエビとイソカサゴ

これからクリーニングするよ。って時にバシッと一枚。



IMG_4963_convert_20121118155047.jpg



キンギョハナダイ幼魚の群れ

ギュって集まるところを狙うものの、上手くはいきませんでした。



IMG_4967_convert_20121118154943.jpg



キビナゴたち

浅場の癒しの時間です。



IMG_4984_convert_20121118154838.jpg



アオリイカの子供たち

色々と狙っている様子でした。



IMG_4992_convert_20121118154727.jpg



その他に見れたのは、

ウメイロモドキ幼魚・ヤリカタギ幼魚・バラハタ幼魚・カンパチ・テングダイ・タカベの群れ

ヒラメ・ボロカサゴ
 です。

明日からまたガランとした海になっちゃいますね。