人気者が集まる海へ

 今朝早く大雨と共に目覚めました

予報では午後から雨だって聞いていたので油断してました。

でも一時の大雨だったので、すぐに天気は回復してくれたので一安心です。

どんよりした一日でしたが風も弱くなったので助かりました。

秋の浜」 へご案内です。

水温 22.4~23.2℃ 透明度 10~12㍍

昨日の白濁りが取れてきたので、少しは透明度が上がりました。

今回はゲストの方が写真を提供してくれたので使わせていただきます

最初にご案内したのは、フリソデエビ です。



conv0007_convert_20121029161618.jpg



やはり人気者だけあって、沢山のダイバーが訪れていました

サクサクと撮影してもらい、移動した頃に中層を見ると沢山の アオリイカ が群れています。

あまりにも数が多いのでビックリです

水底には、ゲストさんが発見した大きな アカエイ がいたり、



conv0009_convert_20121029161746.jpg



季節来遊魚の セナキルリスズメダイ や ハタタテハゼ幼魚 も見る事が出来ました。



conv0011_convert_20121029161929.jpg



浅場へ戻る途中では、下見の時には一切見当たらなかった、

小さな ミヤケテグリ幼魚 があっさりと見つかりました



conv0012_convert_20121029162031.jpg



また今度、トライしてみようと思います

2本目は、浅場で サンゴガニ の仲間をじっくりと撮影開始です。

大島の海も本当に テーブルサンゴ が多くなりましたね。

水温が高い時期は、サンゴハゼ の仲間もあちこちで良く見かけました。

クロサンゴガニ や アミメサンゴガニ などが沢山見られました。



conv0013_convert_20121029162138.jpg



その他には、大きなヘラヤガラ3匹・ミナミハコフグ幼魚・チシオコケギンポ・ハナミノカサゴ

カザリイソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・タテジマキンチャクダイ幼魚
 でした。

やっぱ北東風ですか…。

 朝から快晴で絶好調じゃないかー なんて思ったのはその時だけで、

風がビュービュー吹いています…

晴れと思ったら風が吹くって、ある意味嫌がらせとしか思えないですね。

10年のお付き合いがある馴染みのゲストさんが久しぶりにダイビングしに来てくれました

まずは、感覚を取り戻すダイビングをしようと思い、

風の影響が少ない 「ケイカイ」 へ行きました。

水温 22.5~22.8℃ 透明度 7~10㍍

白濁+逆潮の影響で、水中は暗いですね…

残念な透明度は仕方ナシなので、小物ネタでじっくりと攻めてみました。

海に入ってしまえば感覚はすぐに取り戻せた様子で、

楽しんで撮影もしていました

見られた生物は、

ブダイのケンカシーン・コイボウミウシ・ニラミギンポ(沢山)・ルージュミノウミウシ

クマノミ&ミツボシクロスズメダイ幼魚(沢山)・オオモンカエルアンコウ幼魚

ホウライヒメジの群れ
 などでした。

2本目は、落着いてきた様子がちょっと感じられる 「秋の浜」 へ行きました。

水温 22.3~22.5℃ 透明度 10~12㍍

こちらの海も白濁していますが、浅場がユラユラするのですぐに沖へ出ました。

目指すは砂地方面へ

ですが、肝心の カミソリウオ が見つからず…

週末が重要なのにね~

諦めて、際へ移動したのち浅場へ戻って海から上がりました。

見られた生物は、

キビナゴの群れと追い掛け回すカンパチ&ワラサ・イサキの群れ・イロカエルアンコウ幼魚(黄色)

アカシマシラヒゲエビのペア・キリンミノ幼魚・キンギョハナダイの群れ
 でした。

そして、今日は別チームでサキが体験ダイビングを担当しました。

野田浜」 で開催です。

若い男女の三人組で肝心の海はというと、難なく行えたようです。

あまりにも上手だったらしく、最後の方は自分たちで泳ぎ回っていたそうです



IMG_4171_convert_20121027183957.jpg



明日は天気が下り坂なので、せめて風が止んでくれることを願います

白濁した海

 ここ最近の伊豆諸島北部の天気は晴れ時々曇りって出ますが、

だいたい曇っているんだよなぁ~

季節的に北風が多くなるので、そのせいもあって雲が発生しやすいから仕方ないけど、

明日はおおむね晴れとか、秋晴れした日になりそうです。 なんて言われちゃうと期待しちゃうよね

でもって、朝から海へ出掛けると雲がモクモク出てるし…。

明日はお願いしますよ~

秋の浜」 へ

水温 22.3~22.8℃ 透明度 10~12㍍

白濁りした海が広がっていますね。

秋だって言うのに、台風後から透明度が回復していない海が続いております

下見と言う名の遊びみたいなカンジでふらっと回ってきました。

まずは右側から駆け下りに降りて、正面に回り、左の砂地へ行ってきました。

ほとんど泳ぎっぱなしな感じですが、所々ネタポイントを確認して行ったので、

撮影もほどほどに…。

今年の秋の海で出てくるアイドルなどは、出るもののその場に落着かない事が多く、

見られるのも数十分~数日程度になってしまう傾向が見られます

留まってくれるとありがたいですけどね。

こればっかりは、タイミングかもしれません。

明日からはガイドで海へ入ります。

10月最後の週末は良い海で締めくくりたいですね



テングダイのペア

最近、右側のエリアで良く見かけます。



IMG_4426_convert_20121026142945.jpg



コロダイクリーニング中

良く見かける光景でもあります。



IMG_4428_convert_20121026143109.jpg



ヤシャハゼ

大きいので撮りやすいですね。



IMG_4436_convert_20121026143238.jpg



アカホシカクレエビ

ヤギ類に乗っていました。



IMG_4442_convert_20121026143354.jpg



カミソリウオ

昨日の個体です。まだこの辺りをウロウロしてました。



IMG_4450_convert_20121026143517.jpg



ハナミノカサゴ若魚

今年は多いかもしれませんね。



IMG_4453_convert_20121026143619.jpg



クマノミ城にいる魚たち

透明度が良くて天気も良ければもっと素晴らしい感じになるでしょうね。



IMG_4470_convert_20121026143751.jpg

秋深まりつつある海

 季節も少しずつ秋らしくなってきますね

秋晴れとはいかないけど、雲が多い一日となりました。

風は北東なので、海へ出掛ける際は防寒対策が重要な今日この頃です。

秋の浜」 へ出掛けました。

水温 22.5~23.2℃ 透明度 12~15㍍

ちゃくちゃくと水温が下がってきましたね。

深場は綺麗な潮ですがヒンヤリしたので、行くのをヤメました

週末に向けてあれこれネタチェックをしに

際の棚の上にいた クマドリ は何処かへ移動したようですね。

可愛くないけど、居なくなると急に寂しくなります

砂地へ移動して前々に聞いていた情報のネタを探しますが、目に入ってきません

きっと探しながらウロウロしていたので、気付かないうちに引っ込ませてしまったかも

浅場へ戻ると風波の影響で揺れます

早々にハシゴへ戻って上がりました。

明日も色々と探しに出掛けてみようと思います



クリーニングされているアカハタ

本当は アカホシカクレエビ がいたのに、撮ろうとしたら エビ が逃げました。

変わりに ホンソメワケベラ の登場です。



IMG_4348_convert_20121025175258.jpg



フリソデエビのペア

変わらず同じ穴にいます。

アカヒトデ を大事そうにしてますね。



IMG_4361_convert_20121025175149.jpg



ムレハタタテダイの群れ

成長もして数も増えているようですね。



IMG_4385_convert_20121025175031.jpg



カミソリウオのオス

探しネタに夢中になっていたら見つかりました。

フラフラと移動しているようなので、同じ場所には居ないだろうなぁ~。



IMG_4399_convert_20121025174811.jpg



クリアクリーナーシュリンプ

撮りやすい位置に居ました。



IMG_4409_convert_20121025174656.jpg

↑うまそう続きの↑


今日は サキ が 秋の浜 へ 行きました。


昨日の、巨大ヒラメ といい、 大量の イセエビ といい、

今日は アオリイカの超=大群 と カンパチの群れ と、

引き続き うまそ~~~~~うな サカナシリーズ となりました。


最近、なかなかあれだけのオイシイ群れに出会ってなかったので、

ホントに 「うまそぉ~~~~~」  と ウットリ ながめておりました

ワタシ的に 久しぶりの テングダイの群れ も見れてとても楽しい海でした。


じわじわ水温が下がってきているので、

防寒対策 は しっかりめ でお願いします