FC2ブログ

本格的な春濁り

 ようやくと言った感じで、陸は少しずつ暖かくなってきました。

一周道路に植えてある オオシマザクラ もあちこち咲き始めています。

例年よりかなり遅いですね

冬が長く居座っていたからでしょうね

週末に吹き荒れた西風の影響を心配しながら海へと行ってきました。

秋の浜

水温 14.7~14.8℃ 透明度 5~7㍍

やっぱり水温下がりました…。

そして、潜る度に悪くなる透明度…。

まだまだ始まったばかりですからね

予想はしていたので、ガッカリ感は少なかったですが、

久しぶりに両手が痺れましたね

そんな中でも、何かしら見つかる事を信じて沖へと向いました

始めに見つかったのは、

寒そうにジッとしている 「ハナミノカサゴ」 でした。



IMG_2027_convert_20120328154114.jpg



かなり接近して撮影をしても、動じないヤツでした。

そのまま、沖へ出て久しぶりに、

ジョーフィッシュ」 を探しました。

穴はいつものようにフタをしてあったので、

巣穴を壊さず、ゆっくりとフタを外してしばらく待つと、

イヤイヤ顔をチョロっとだけ出してくれました。

かなりの臆病さと目が寂しそうな感じに、

悪い事したな…。 って思いました



IMG_2032_convert_20120328154336.jpg



こちらの 「テンクロスジギンポ」 は、

元気一杯に顔を出してくれました



IMG_2040_convert_20120328154501.jpg



それでも、さすがに透明度の悪さと暗さで早々に浅場へ戻りました

段落ちの壁では、

春に良く目に付く 「ハナミドリガイ」 がいました。

探しやすい ウミウシ なのですぐに見つかります。



IMG_2044_convert_20120328154614.jpg



最後は、

団地に新顔登場の 「トウシマコケギンポ」 を撮りました。



IMG_2048_convert_20120328154738.jpg



ココの団地に住む ギンポ たちは、

黒か白っぽい個体ばかりなのですが、

黄色は多分、新顔ですね

引越しシーズンですから、彼もそうなんでしょう

ココを気に入って長く住み着いてくれると嬉しいですね

春濁りが始まった海

 昨日の大雨の1日から一転、

今朝は暖かい晴れとなりました

ただ、風がもの凄く強く吹いていて、

高速船も欠航や条件付になるぐらい海上は大時化です

そんな中でも、

東のポイントにある 「秋の浜」 は静かなもんでした。

水温 15.6~15.8℃ 透明度 7~10㍍

前回よりかなり濁りが本格的になってきた海です。

春濁りも本番に入ってきたような気がします

水温もだいぶ下がってきましたね…。

残念ではありますが、海本来の季節的なものなので仕方ないですね。

砂地方面に出掛けてみましたが、

目に入ってきたのは 「イズカサゴ」 ぐらいでした。



IMG_2005_convert_20120324131610.jpg



このまま、砂地を彷徨う羽目になりそうだったので

急遽、コースを変更して正面に向いました。

そこでは、小ぶりの 「インターネットウミウシ」 が見つかりました。



IMG_2014_convert_20120324131738.jpg



透明度が悪い中ですから

自然と下を向きながら何かを見つける感じになるので、

たまたま目に入ってきたものですね。

そのまま、右側へ進むと 「オオモンカエルアンコウ幼魚」 がいました。



IMG_2020_convert_20120324131850.jpg



昨年から同じ場所に変わらずいるようですね

大きさもあんまり変わらない感じがします。

ちゃんと飯食ってるのかな

最後は浅場で 「キンチャクガニ」 を見つけましたが、



IMG_2021_convert_20120324132000.jpg



かなり小さく、撮るのも苦労させられました

撮った後は、すぐに何処かへ隠れて居なくなりましたね。

相変わらず、逃足の速いヤツです

しかしあれですね。

3月に入って、まともに週末が静かで晴れる日って少ないですよね

今日は晴れたけど、風は強いし…

4月からは、落着いた週末になってほしいものです


春らしくなってきた海

 今日は良い天気です

風は冷たいけど、まずまずのお出かけ日和な感じですね

海も少しずつ春らしくなってきました。

秋の浜」 へ

水温 16.4~16.5℃ 透明度 10~12㍍

この間より、若干水温は低くなりましたが、

この時期本来の水温でしょう。

透明度も浮遊物が多く見られるようになり、

だいぶ透明度は落ちましたね

でも、まだまだ春濁り本番ではないので特に気にする感じでもないかな。

最近、全然見なかった 「ウデフリツノザヤウミウシ」 を発見。

久々に見れたので、思わず粘ってしまいした



IMG_1968_convert_20120320141541.jpg



際に降りていくと、 「サクラダイ幼魚」 が見つかりました。

名前のように春らしくと思ってね

なかなかシャイなヤツだったのでこちらも粘りが必要でした



IMG_1982_convert_20120320141653.jpg



その後は、とっとと浅場へ戻りました

ここでも小さな 「ニシキウミウシ幼体」 が見つかりました。



IMG_1996_convert_20120320141801.jpg



今日は ウミウシ ばかり見たような気がします。

そろそろ本格的な春を感じたいですね~

落着いてきた海へ

 今日は朝から良い天気に恵まれました

風も南西風になり、本来の季節風になったようです。

風は冷たいけど、日差しが心地よいので海へと出掛けました。

秋の浜」 へ

水温 17.4~17.5℃ 透明度 15~20㍍

まず海に入る前に、

ハシゴがどのようになっているか

写真を見れば、一目瞭然ですね…



IMG_1908_convert_20120312134232.jpg



水中には、残骸が…



IMG_1910_convert_20120312134400.jpg



まあ、来月には毎年恒例のハシゴ設置が行われるので、

ご安心下さい

入って早々、海の中が暖かく感じます。

それもそのはず、

この時期としては 1~2℃ 高い水温ですから。

快適に生物探しに没頭しました

沖へ向うなり目に入ったのは、

越冬個体の 「ニラミギンポ」 でした。

昨年は多く見かけたので、生き残りでしょうね。



IMG_1913_convert_20120312134516.jpg



次の 「アマミスズメダイ幼魚」 も越冬個体と思われます。

元気に泳いでいました



IMG_1921_convert_20120312134625.jpg



そのまま、沖へ目を向けると、

何やら目印なるものが置いてあるので行ってみると、

そこには大きな 「イロカエルアンコウ」 がいました。

だいぶ前からこの辺りにいたのかな



IMG_1929_convert_20120312134733.jpg



クダゴンベ幼魚」 も健在でした。



IMG_1937_convert_20120312134842.jpg



でも、だいぶこの辺りは雰囲気が変わったような気がします。

変わらず、流れもありました

帰る途中では、

アオリイカの群れ」 も数多く見られました。

今年も産卵床に期待が持てそうな気がします



IMG_1941_convert_20120312134945.jpg



浅場へ戻って、

穴の中を覗いたら 「アカシマシラヒゲエビ」 が見つかりました。

昨年と同じ場所に居たので、この子も生き残りですね



IMG_1944_convert_20120312135045.jpg



壁を上がってみると、

これまた生き残りの 「スジタテガミカエルウオ」 がいました。

ビックリしましたね



IMG_1958_convert_20120312135250.jpg



なんだか今年の春先の海は、色々と越冬個体がいるので、

例年よりは、春先の海も明るい感じがします

最後は、左のハシゴの補修作業を手伝って海から上がりました。

だいぶ痛んではいますが、

来月の作業までは持ちそうです。

あれから1年

 今日は、東日本大震災から1年。

被災者の方たちには、本当に心からご冥福を祈ります。

今年は静かな年になってくれればと思います。

さて、大島の海はと言うと、

今年は北東風ばっかで、秋の浜のハシゴ(右側)もぶっ飛びました…。

もちろん、海の中も台風がかき回したような感じです。

陸はまだまだ暖かくならないし、

海も静かになる日が本当に少ないです。

早く落着いて暖かな春を迎えたいものです。



IMG_1906_convert_20120311202419.jpg