2011年の潜り納め

 2011年の潜り納めの日になりました。

年末である海をご案内出来る事に感謝してます

今日から、来島されたゲストをお迎えして海へ行ってきました。

午前中は、北東風が強く残っていたので、

ケイカイ」 へ

水温 18℃ 透明度 15㍍

ゲストの方は、大島の海3回目ですが、

初ポイントの海らしく、

僕も気合を入れて目を凝らしながらのガイドで攻めようとしましたが、

流れも強く入ってきたので、流す感じになりましたね。

ヒットは、大小の 「アオウミガメ」 でした。

最初に小さめの子が、根で休んでいてゆっくり近づいて撮影されていました。

だいぶ、アップの写真が撮れたことでしょうね

大きい方は、特徴がある個体でした。

甲羅がずいぶんと山盛りな感じで、初めてあんなのを見ました

奇形なのかな

その他に見られた生物は、

スミゾメミノウミウシと卵・キンギョハナダイの群れ・イサキの群れ・ニシキウミウシ・ハマフエフキ

ニラミギンポ×2・テンクロスジギンポ・ミツボシクロスズメダイ幼魚&クマノミの集団

イシガキフグ&ハリセンボン
 などです。

午後からは、風も穏やかになって海も落着いたので、

秋の浜」 へ

水温 18℃ 透明度 15㍍

ゲストさんのリクエストである、ハナダイエリアへ行きました。

さすがに、午後で日差しも無くなってきている海でしたので、

出が悪かった状態でしたが

何とか撮影もできてよかったです

明日もリクエストされているので、午前中が勝負ですね

その他に見られた生物は、

アカボシハナゴイ幼魚×2・フタイロハナゴイ幼魚×3・ケラマハナダイ幼魚・フリソデエビ

クジャクベラ幼魚・イサキ&タカベの群れ・スジタテガミカエルウオ・ボウズコウイカ×2

コウワンテグリ幼魚・キツネベラ幼魚・アカホシカクレエビ・アカオビコテグリ×2・アカスジウミタケハゼ

オオモンカエルアンコウ幼魚
 などです。

今年は、例年以上に水温が高い月日が多かったので、

季節来遊魚も多く越冬しています

このまま新年も良い状態で続くと嬉しいですね

そして、今年多くのお客様が当店に来て頂いた事に、

大変感謝しております

本当にありがとうございました

新年 もどうぞ Beach Line をよろしくお願い致します

皆さん、良いお年をお迎え下さい

冬らしく

 3連休は、ずいぶん寒い日々でしたね。

大島も凄く寒い連休でした

なかでも、ウチのお店の周りでは、朝早くみぞれも降って驚きました

今日は、朝から良い天気で風も弱かったので、

海へ出掛けました。

秋の浜」 へ

水温 18℃ 透明度 20㍍以上

海へ到着後、準備をして少し海を眺めていたら、

沖合いの方で、バシャバシャしている所があります

鳥も集まっていたので、きっと マグロ が跳ねていたんでしょうね。

期待しながら中層をしばらく漂っていたんですが、

残念ながらハズレでした…

今日は陸も海もコンディションが良かったので、

フィッシュアイレンズを使用しました



IMG_1500_convert_20111226162009.jpg



IMG_1506_convert_20111226162735.jpg



IMG_1525_convert_20111226163127.jpg



冬らしい透明度の高さと、

立派に咲き誇るソフトコーラルを撮りました

また、あれこれ挑戦してみようと思います

その他に見られた生物は、

サクラダイ・ベニハナダイ・アサヒハナゴイ・ツルグエ・シテンヤッコ幼魚・ホウキハタ・キンギョハナダイの群れ

イサキ&タカベの群れ・マダイ・アオリイカ
 などです。

あれ?あったかい海に

 今年最後の3連休になりました。

朝起きて、窓を開けたら雨がポツポツと降っています…。

俄然、テンションは下がる一方です…

予報では普通に晴れマークだったのにね。

風も北よりで陸上は、本気で寒いです

ゲストを迎えて、

秋の浜」 へ行きました。

先々日では、水温が低かったので意を決して海に入ったら、

あれれ あったかい…

18℃ まで復活しています

曇り空でも、透明度も良く 20㍍以上 はありました。

魚たちも少しは元気になったような気がします

1本目は、正面のエリアへ。

クマドリカエルアンコウ・ミズヒキミノカサゴ幼魚・テントウウミウシ・コロダイ・ミツボシクロスズメダイ幼魚・ネコザメの卵

クダゴンベ幼魚・カシワハナダイ幼魚・フタイロハナゴイ幼魚・キイロウミウシ・ニシキウミウシ・コウワンテグリ幼魚

などなどを紹介しました。

2本目は砂地のエリアへ行きました。

ミノカサゴ×2・イサキの群れ・イズカサゴ・カスザメ・タツノイトコ・ガラスハゼ・ウミテング×3

スジタテガミカエルウオ
 などを見てきました。

まだまだ見所満載の海ですね

ヒンヤリします

 朝起きが辛い毎朝を迎えていますが

身体を起こして、海へと出掛けました。

お昼前に海へ行くと、数名だけ海にインしているので、

上がるのをしばらく待ちます。

上がってきた人に海の状態を聞くと、かなり冷えたとか…

これは、僕も気合を入れて、速攻で潜って速攻で上がる作戦で行きました。

秋の浜」 へ

水温 16℃ 透明度 15㍍

本当に下がったな と、感じる海でした。

この間のリベンジをかましに、

ハナダイエリアへと突入してみました

前回までは、全然目に入ってこなかった、

アサヒハナゴイ幼魚」 があちこち点在してました



IMG_1480_convert_20111221160740.jpg



他にも、

カシワハナダイorケラマハナダイ幼魚・スジハナダイ幼魚・フタイロハナゴイ幼魚・スミレナガハナダイ幼魚 もいました。

リベンジをかます予定だった サクラダイ幼魚 は、

全然目に入ってきませんでした

その代わりと言ってはなんですが、

アカボシハナゴイ幼魚」 は大人しく撮らせてもらいました



IMG_1484_convert_20111221160959.jpg



帰りには、

イサキの群れ」 に遭遇。



IMG_1497_convert_20111221161103.jpg



何か来る期待はしたけど、特に何も…。

水温は低いけど、ネタはアツい海でした

また懲りずに出掛けてみようと思ってます

下がっても

 日に日に気温も下がる一方で、水温も日に日に下がっていますね…。

朝のうちは雲も多かったのですが、昼ごろにはスッキリした晴れです。

空気も乾燥して、喉がイガイガしやすい季節ですよね

海も凪てきたので、出掛けてみました。

秋の浜

水温 17℃ 透明度 12~15㍍

どんどん水温は下がっていますが

魚影の濃さは、例年としては異例の多さだと感じます

入ってすぐに 「ツノダシの群れ」 がいました。

例年だと、この時期に見かける事は少ないのですけど。



IMG_1421_convert_20111219155940.jpg



沖へと出て、「クマドリカエルアンコウ」 を確認しました。

結構、長く同じ場所に居座っているので珍しいです



IMG_1429_convert_20111219160101.jpg



さらに沖へ出て行くと、

カゲロウカクレエビ」 がいました。

スケスケなので、肉眼でもデジカメの液晶で見るのもちょっと苦労しますね



IMG_1436_convert_20111219160212.jpg



近くのソフトコーラルでは、

オキゴンベ幼魚」 や 「クダゴンベ幼魚」 がいました。

同じ場所に居るので、ありがたいですね



IMG_1443_convert_20111219160325.jpg



IMG_1445_convert_20111219160427.jpg



戻る途中では、

大きい 「アカホシカクレエビ」 を撮り、

浅場へ移動しました。



IMG_1450_convert_20111219160534.jpg



壁下には、「フリソデエビ」 も元気にしています

ちょうど食事中でした



IMG_1457_convert_20111219160728.jpg



ハシゴまで戻って最後は、「カエルウオ」 を撮って上がりました。



IMG_1468_convert_20111219160843.jpg



まだまだ魚も元気いっぱいで見応えがある海です