スッキリした海へ

 今朝は何気なく、イルカの観察に出掛けようと思い、

ガイド仲間からもイルカが出ている情報も無かったので、

特に器材を用意しないで出掛けてみたら、

イルカが2頭普通に湾内沖に出ていました

今から器材を取りに戻っても、居なくなってたら後の祭りなので、

仲間に連絡して、僕は陸班でイルカを観察しました。

5~6人、ガイド仲間が海に入り、

イルカも湾内で遊んでくれたようです

明日はちゃんと器材を持って観察に出掛けようと思います

その後、「秋の浜」 へ

水温 22~23℃ 透明度 20㍍

スッキリした海が広がっていました

でも、激流でした…

あっちいってもこっちいっても流れまくり…。

落着いて撮影すら出来ない事もありました

とりあえず、 クマドリカエルアンコウ 探しをしました。

でも、見つかったのは大きな個体だけ…。

どっかに移動したんでしょうね

早々に、フリソデエビ を探しに際へ移動

でもブン流れているので、全然探せませんでした…

諦めて戻る途中で

トラウツボとアカシマシラヒゲエビ」 を撮りました。

なかなかこういうシーンに、お目にかかれないので、

バシバシ撮りました



IMG_0748_convert_20111031170857.jpg



後ろを振り返ると、

ガイド仲間が 「サザナミフグ」 と併走しながら撮影しているので、

僕も参加しました

大きな フグ ですね~

こっちの海には、あまり見かけませんね



IMG_0753_convert_20111031171029.jpg



浅場へ移動して、

ミヤケテグリ幼魚」 を撮り、



IMG_0776_convert_20111031171149.jpg



ハシゴ下で 「カンムリベラ幼魚」 を撮って上がりました。



IMG_0786_convert_20111031171250.jpg



週末が終わると、

天気も良く海も良くなるってどういう事なんでしょう

ギリギリセーフ

 今朝は、曇り空の中でも太陽が少しだけ覗いた1日でした。

ゲストの方をお見送りする頃に、ポツポツと雨がありましたけど

ギリギリセーフでしたね

昨日、サキがガイドしたゲストさんをお連れして、

ケイカイ秋の浜」 へ

水温 21~23℃ 透明度 15㍍

昨日、西側のポイントは水温が低かったようで、

覚悟して入りましたが

何て事は無く、むしろ温かいと言ってもいいぐらいでした

さすがに、陸は北東風で寒いですけど…。

ケイカイ は、宣言どおりのダイビングでした

ブリーフィングで、テングダイ・カスザメ・アオウミガメ なんかが見れます

何て言ってたら、その通りに見れたダイビングでした

特に、アオウミガメ は、しばらく見れたので本当に楽しかったですね

息継ぎしたり、クラゲ を食べてる姿が見れました

秋の浜 は、

クマドリカエルアンコウ をじっくり見てもらいました。

その話をお店で何気なく話をしていたら、

サキチームは、同じような場所で別個体と思われる、

クマドリカエルアンコウ を発見していたようです

明日にでも見に行って確認してみようと思います

今日も何気に流れていた 秋の浜 でした

早朝の醍醐味

 今朝は幾分、北東風が残るものの、

昨日よりは全然問題なしの海でした。

多少は満潮時と重なり、波は高く当たる事もありますが

水中は快適でした

早朝便でいらしたゲストの方を連れて、

秋の浜」 へ

水温 21~22℃ 透明度 15㍍

お店で休憩&朝食を食べて、

いざ海へ向います

最近、右側のエリアが面白いので行ってきました

最初に出迎えてくれたのは、

イサキ&タカベの大群でした

見応えある群れを見た後、

クマドリカエルアンコウ の場所へ。

岩にへばり付いている貝の中で、ちょこんと居座ってました

近くには、ネッタイミノカサゴ幼魚 も見つかりました。

際に移動して、

何かいないかなぁ~ と、下ばっか見ていたら、

ゲストの方が叫んでいるので、振り向くと、

マグロの大群!!! が通り過ぎました

僕が見た時は、数匹でしたけど、

ゲストの方たちは、大きな群れで沢山見れて大満足した様子でした

段落ちの壁には、

小さな ミヤケテグリ幼魚 も見つかりました

早朝ダイブは、素晴らしい出会いとともに良いスタートを切りましたが、

2本目に潜った時には、

激流の海へと変貌していました…

これでもか って言うほど流れていて、

あっという間に左の砂地方面へ流されました

ちょうど行くコースだったので、結果的には良かったのですが、

ヒレナガネジリンボウ も見るのが精一杯で

帰りは、流れに逆らって帰る始末…。

みんなヘトヘトになりました

こんなに流れるのってかなり珍しいと思います

明日、大丈夫かな~

風が冷たくて

 天気は良いものの、

風が北よりなので、寒さが身にしみてきます

午前中は、バシャついていたので

午後から 「秋の浜」 へ

水温 21~22℃ 透明度 10㍍

水温は上がったり下がったりと変動はあるものの、

この時期としては、

例年並に戻っていますね

週末に向けて、あれこれ見て回りました。

マズは、クマドリカエルアンコウ幼魚 の場所へ。

いない…

知り合いのガイドサンは、午前中は見たよ と言っていたので、

動いているのでしょうね

移動中に、「タカベの群れを追いかけるヒラマサ」 を見ました。

ここ最近、右側のゴロタエリアでよく見かけますね



IMG_0686_convert_20111028175413.jpg



ヤシャハゼ」 も顔を出していました。

ちょっと、臆病かな



IMG_0699_convert_20111028175534.jpg



正面エリアに移動中に 「ヒラメ」 を見ました。

大きいですね~



IMG_0700_convert_20111028175701.jpg



際に移動して、浅場へ目指すと、

とうとう、この時期になったんだと実感する生物を見ました。

ウデフリツノザヤウミウシ」 です。

海も晩秋になってきましたね



IMG_0717_convert_20111028175808.jpg



自分が気に入っている、

テンクロスジギンポ」 もいました。



IMG_0709_convert_20111028175913.jpg



近くでは、

アカシマシラヒゲエビ・スケロクウミタケハゼ・カガミチョウチョウオ などがいました。

浅場へ戻って、

最近見かけていなかった、

イロカエルアンコウ幼魚 を見つけたあと、

ヒメテグリのペア」 を撮りました

何やら求愛行動をしている様子でした。



IMG_0732_convert_20111028180059.jpg



スジタテガミカエルウオ」 は、珊瑚の穴から顔を出していました。



IMG_0719_convert_20111028180236.jpg



明日はどんな生物が紹介できるか楽しみです

久しぶりのイルカ

 今朝は、北東風がビューっと強く吹き荒れました。

一昨日と昨日辺りに、イルカが目撃されているようなので

今朝早くから出掛けてみました。

海水浴場へ到着すると、すぐに背鰭を確認出来ました

仲間のガイドも朝早くから観察をしていたので、

一緒に海へ飛び込みました

しばらく海水浴場で水面待機をしていましたが、

一向に出る気配がありません

陸上班の観察の人も到着されて、

指示がある方向へ移動をしていたら、

向こうからやってきました

久しぶりに イルカ2頭 を確認しました

今回は、小笠原使用で購入したフィッシュアイレンズで動画を撮りました








でも、上手くピントが合ってないですね…

明日も朝から観察してみようと思います