凪の平日

 今日は凪です。

風も弱く、海も静かで最高です

今朝の早朝便で到着されたゲストをお迎えして、

秋の浜」 へ

水温 20~25℃ 透明度 10~15㍍

昨日とさほど海況は変わりませんが、

透明度が上がってきたので、スッキリした感じになってきました

今回はデジイチはお休みらしく

コンパクトカメラであれこれ見て撮影されてました

マンツーマンでのガイドでしたので、

ゲストの方は、のんびり撮影を楽しんでいました

印象的だったのは、

キンギョハナダイの群れです。

大きな塊となって群れているので迫力がありました

それに色的にも癒されますね

その他に見られた生物は、

タカベの群れ・イサキの群れ・カンパチ・イナダ・イロカエルアンコウ&幼魚・ウミテング

アカホシカクレエビ・カザリイソギンチャクエビ・ワニゴチ・ハナタツ・クマノミbaby&卵

ミナミハタンポの群れ・ミナミハコフグyg・カエルウオ・カンムリベラyg×2・ムレハタタテダイyg×4

ミノカサゴ・ヒレナガネジリンボウ・ネジリンボウ・オランウータンクラブ・ベニカエルアンコウ×2
 です。

新顔や新たな季節来遊魚が日に日に増えています

平日は、意外と海も空いていますので、

皆さんどうぞ遊びに来てくださいね~

スッキリしない日々

 あの台風から天気が一気に崩れた気がします。

雨がシトシト。まるで梅雨が戻った陽気です

夏の高気圧が回復するまで、もうしばらくみたいですね。

今日も 「秋の浜」 へ行ってきました。

水温 19~24℃ 透明度 10~15㍍

浅場は問題ないのですが、

深場へ行くに連れて、冷たくなってしまいますね

昨日と同じ状況ですね

普段はあまり行かない右のコースへ。

浅場では、

スズメダイの群れ」 が良く見られます。



IMG_9958_convert_20110728212613.jpg



通り道では、

ベニカエルアンコウ」 がいました。

やはりこの時期は、普段見かけない場所でも見つかります。

お腹が大きい雌でした。



IMG_9963_convert_20110728212851.jpg



砂地へ降りて、

復活した 「ウミテング」 を見つけました。

台風前の ネタ は、大体無事でした。



IMG_9966_convert_20110728213020.jpg



そのまま沖へ向い、

大きな岩には 「ムラサキウミコチョウ」 が2匹いました。

夏の代表的な ウミウシ です



IMG_9972_convert_20110728213137.jpg



トサカ林へ突入すると、

小さめの 「テングダイ」 がいました。



IMG_9977_convert_20110728213251.jpg



帰り道では、大きな子が2匹。



IMG_9982_convert_20110728213403.jpg



ゴロタの駆け下りに目を向けると、

セナキルリスズメダイyg」 が見つかりました。

新たな季節来遊魚ですね



IMG_9979_convert_20110728213512.jpg



帰り道では、友人ガイドが教えてくれた、

オオモンカエルアンコウ」 がいました。

またまた場所を変えていますね。

色々と落着く場所を探しているのでしょう。



IMG_9990_convert_20110728213633.jpg



昨日と別の場所では、

クマノミの卵」 があります。

もう目がパッチリ見えますね



IMG_9999_convert_20110728213746.jpg



あちこちで産卵活動が見られ、海も賑やかになっています

あとは、天気だな~

雨のち晴れ

 午前中はやっぱり雨。

午後から日が差し込む陽気でした。

南西風が、そこそこ吹いているので、

秋の浜」 へ

水温 21~25℃ 透明度 7~12㍍

浅場はそこそこキレイな潮で温かいです。

深場へ行くに連れて、濁りと冷え冷えな感じです

台風が明けて、落着いた海では季節来遊魚が増えてきます

エントリーして真下にいたのは、

カンムリベラyg」 でした。

小さくて動きもゆっくりです



IMG_9879_convert_20110727181402.jpg



移動して前に3匹見つかった、

ベニカエルアンコウ」 がいる岩には1匹だけ。



IMG_9884_convert_20110727181752.jpg



海藻にまぎれていたのは、

キイロウミウシ」 でした。



IMG_9891_convert_20110727182105.jpg



ちょっとした砂のたまりには、

セイテンビラメ」 がいました。

口元近くにある、第一背ビレを上手く使って、

獲物をおびき寄せる行動をするみたいです。



IMG_9897_convert_20110727182439.jpg



際に移動して、

白くて小さな 「ミツイラメリウミウシ」 がいました。

黄色の個体もよく見かけます



IMG_9898_convert_20110727182707.jpg



そのまま沖へ進むと、

アサヒハナゴイyg」 がいました。

その中には、ケラマハナダイyg もいました。



IMG_9906_convert_20110727183014.jpg



ふと、中層を見上げると、

丸々とした大きな マグロ が通り過ぎました

速攻で泳ぎ去るので、見るだけでした

浅場へ戻って、

クマノミ」 と 「クマノミの卵」 を見つけました。

生みたてな感じですね



IMG_9934_convert_20110727183738.jpg



IMG_9939_convert_20110727184046.jpg



そして、居なくなってた、

イロカエルアンコウ」 が戻ってきました。

無事に生き延びていたようです

一生懸命にエスカを振っていました。



IMG_9948_convert_20110727184421.jpg



明日も潜って色々と探してみようと思います

不安定な海と空

 予報通りにはならなかったけど、

雨が降ったのは少しだけ。雷もゴロゴロと鳴っていました

昨日の海況が良かった、

秋の浜」 へ

水温 21~24℃ 透明度 7~12㍍

昨日より若干、水温&透明度の変動がありましたが、

魚影が濃い海でした。

ワラサ&カンパチの群れが、流れるように通り過ぎました

夏らしい光景のひとつです

今日もゲストの方に写真をお借りいたしました

ご協力、感謝いたします



無事に戻ってきたオオモンカエルアンコウ



IMG_4120_convert_20110726195830.jpg



定番のジョーフィッシュ



IMG_4133_convert_20110726200017.jpg



ソフトコーラルと魚たち



IMG_4087_convert_20110726200145.jpg



ミナミハタンポとハシゴ



IMG_4157_convert_20110726200330.jpg



裏切らないカエルウオ



IMG_4103_convert_20110726200449.jpg



その他に見られた生物は、

キンギョハナダイの群れ・イサキの群れ・アカオビコテグリ・クマノミの卵・クマノミbaby

大きなイセエビ・ツツイシミノウミウシ
 などです。

予報では、今週はパッとしない天気が続きそうですが

予報が外れて、晴れると思うので問題ないでしょう

東と西で大きな差が…。

 今日は太陽も出て、夏らしさを取り戻しつつありますが、

まだまだパワーが足りませんね

急に思い立って大島に来島されたゲストをお迎えして、

秋の浜王の浜」 へ

秋の浜は素晴らしい変化がありました

水温が 25~26℃ 透明度 10~12㍍

昨日までの海とはエラく違います

ゲストの方も気持ちが違いますね

写真をお借りいたしました。

ありがとうございます

ワイドレンズで沢山撮りたいとのコトでしたので

砂地へ行きました。

リクエストの アオリイカの卵 も確認しましたが、

ほとんどハッチアウトしてしまったので、残念です

アレコレ気に入ったのをバシバシ撮っていました


ハタタテダイyg



IMG_4008_convert_20110725195637.jpg



ソフトコーラルにて



IMG_4015_convert_20110725201351.jpg



ミノカサゴと青い海



IMG_4028_convert_20110725201556.jpg



他に見られた生物は、

イサキの群れ・タカベの群れ・ダイナンウミヘビとアカホシカクレエビ・マダイとカイワリyg・カスザメ

アカエイ・ベニカエルアンコウ・ミナミハコフグyg・カエルウオ
 などです。

午後から王の浜へ行きましたが、

こちらは残念な海でした…

水温 23~24℃ 透明度 5㍍

ビックリするぐらいの悪さで、ゲストのテンションも急降下です…

ここでの見所は、

アオウミガメ なんですが、教えようとした時には、もういない…。

超デッカイ ガメラみたいなのもいたけど

速攻で逃げられました

他に見られた生物は、

イナダの群れ・ハタタテダイ・コロダイ・イサキの群れ などです。

明日は、まさかの雨予報

外れる事を願います