FC2ブログ

嵐の前の静けさにて

 今日も朝からイルカ観察です。

台風が接近している中、ウネリはあるものの

まだ海には入れる感じです。

雨は小雨でシトシト。梅雨入りした関東地方。

今年は随分と梅雨入りが早いです

明けるのも早いと嬉しいのですが…。

今日もダメかなぁ~と思っていると、湾内に背鰭が

1頭だけ確認できます

5~6日ぶりにイルカを確認できました

台風が接近している最中、無事に乗り越えてもらいたいですね







詳しい観察内容&活動はこちらから見れます

                 http://oshimadolphin.blog39.fc2.com/

流れてきた海藻に

 ずっと毎日のようにイルカ観察へ出掛けていますが

ここんとこ3日間、まったく姿が見えません…。

気持ちを切り替えて、

秋の浜」 へ

友人ガイドと一緒に潜ろうとしたら、

右側のハシゴに大量の海藻が絡み付いていました。

これは大変だと思い、2人で流れ藻をハシゴから外しましたが、

最終的には、波の力によって戻されて元通り…。

まあそれでも、メダイの子供が見れたり ハナオコゼ が居たりなどなど。

海に入ってすぐ感じたのは、

水温の激的な上昇です

20℃ まで上がりました

もの凄く快適です でも、透明度は非常に落ちました…。

5~7㍍ しかなくて、白っぽいです…。

週末に見つけた ネタ を中心に潜りました。

残念なのは、見つけた ネタ は出ていなくて、

教えてもらった ネタ が出ていました…。

早速、粘って撮りました

キシマハナダイyg」 です。

体が スケルトン状態 です。

水深もギリギリ20㍍台をキープしているのでありがたい



IMG_0124_convert_20110526170915.jpg



砂地では、

タツノイトコ」 を撮りました。

近くにはもう1匹いました



IMG_0131_convert_20110526171039.jpg



その後、アオリイカ の産卵床が気になったので、

見に行ってみました。

そしたら、新たに卵が産み付けられていました

順調ですね~

何故だか分かりませんが、

ちぎれた卵を撮りました。



IMG_0136_convert_20110526171142.jpg



アオリイカ は必ずと言っていいほど、

ちぎれた卵がよく周辺に転がっています。

卵を産む際に、何かあるのでしょうね。

海から上がると、天気が下り坂になっていました

今夜から雨予報。

しばらく雨が続く予報です

台風 の動きも気になる所ですね



思わぬ出会いに

 今朝は目覚めが早かったので、

さっさと観察へ出掛けちゃいました。

沖合いで、2頭と1頭が別行動している様子が見えました。

仲間が次々と集まり、

いざ海へ。

すると、1頭だけがやってきました

遊ぶ気分ではなさそうですが、

様子を伺いに来てくれただけありがたいです







その後、いったん海から上がって、様子見です。

しばらくして、湾内に来るようになったので、

再び海へ。

待っていると、さっきとは別のイルカがやってきました

こちらも、遊ぶ気分ではないようです

それと、今日はやけに透明度が良く水温も高い。

やっかいなのは、クラゲでした。

でも、クラゲもよくよく観察してみると、

小魚がいたりするので、意外に楽しめます。

それに、ウエットスーツを着ているから安心なんですけどね。



IMG_0098_convert_20110523195606.jpg



もうひとつ、貴重な出会いがありました

イルカ待ちをしていたときに、

サルパ がユラユラと流されてきたので、

暇つぶしに撮ろうかな と近づいてみたら、

サルパの中に見慣れない タコ が入っていました

こんな出会いもあるんですね。

貴重な出会いに感謝です



IMG_0107_convert_20110523195748.jpg



明日は大荒れの予報。どうかな~

詳しい観察活動内容はこちらから見れます

               http://oshimadolphin.blog39.fc2.com/

引き続き

 今日もどっぷりと秋の浜へ。

水温 17~18℃ 透明度 5~10㍍

1本目は、陸から見てもハッキリと分かるぐらいの流れが…。

入ると予想通りの流れ

最悪な事に、手前と沖では流れが全く逆だったこと。

自然相手だから、そうそう上手くはいきませんね

本日も 「マダラハナダイ&キシマハナダイyg」 狙いです

向う途中では、

アカオビコテグリの縄張り争い による雄同士のケンカが見られました。

お互いの口を噛み合い、背鰭を全開に広げるシーンが何度も見られました。

そろそろ求愛&産卵行動が見られる時期になっているかもしれませんね。

2本目は、流れも緩やかになったのは良かったけど、

透明度が一気に落ちてしまいました

そんな中でも、マクロ生物探しには問題ないです

無事に2本潜って、ダイビングは終了。

午後は時間があったので、ゲストと一緒にイルカ観察へ

でも出ない…。

次回に持越しですね



秋の浜のみ

 今日も南西風が強く吹いてしまったため

ポイントは 「秋の浜」 のみです。

水温 16~18℃ 透明度 7~10㍍

昨日のゲストの方は、サキに交代をしてもらい

今日新たにゲストを迎えて海へ行きました。

狙いは、「マダラハナダイ」 です。

新たなゲストもデジイチ3人組ですから、

気合と迫力で迫るものがあります

ポイント到着後、

速攻で準備をしていざ目的地へ。

予想通り、誰もいません。

これは撮り放題でしょう

出たり出なかったりの時間帯もありますが、

無事に収めたようです

その後、辺りをウロウロと探し、

アナモリチュウコシオリエビ・ニシキウミウシ幼体×2(フタイロ&フルーツver.)・ジボガウミウシ など。

棚に上がってから、嬉しい出会いがありました

2~3㎝サイズの キシマハナダイyg です。

体はスケルトン状態で、泳ぎもまだぎこちない感じが可愛いです

平日に撮りに行かなくては

帰りは砂地に少し寄って、タツノイトコ×2 を見て、

菅の中に入っている テンクロスジギンポ が見つかりました。

2本目は、昨日の予定通りアオリイカの産卵へ

何組かのペアになっていて、

全部で8~10匹の大きなアオリイカでした

他には、イロカエルアンコウyg・カエルウオ×2 を見てEXです。

アオリイカの産卵シーンは撮れませんでしたが、

集まってくる動画は、何とか撮影できました

あとは、透明度かな







ダイビング終了後、

ゲストの方たちをお連れして陸上イルカ観察へ行きましたが、

背鰭を見ることは出来ませんでした

朝は3頭確認できたんですけどね