FC2ブログ

ようやく凪になり

 ここ数日は、寒い日が続いていました

雨も降ったり、風も北よりの風で寒かったですが、

今日は朝から晴れです

海もようやく凪になりました。

秋の浜」 へ

水温 17℃ 透明度 12~15㍍

入った瞬間、 おっ 暖かいぞ と思いました。

透明度も上がって、明るい海になっていました

多少の浮遊物は、この時期ならではなので、

特には気にしません。

1~2℃も水温が上がってくれて、さらに快適です

水面下には、

多くの 「キビナゴの群れ」 がいます。

水産試験場の人たちも、調査ダイビングをしていました。



IMG_9179_convert_20110325151701.jpg



沖へ向い、この間ガイド中に見つけた、

イロカエルアンコウ」 の場所へ。

ちょこっと移動をしていましたが、

絵になるような場所にいてくれたのが最高でした



IMG_9188_convert_20110325151814.jpg



何にも無い砂地では、

久しぶりに見た 「カンナツノザヤウミウシ」 がいました。

まだまだ元気にしてそうですね



IMG_9199_convert_20110325151916.jpg



流れもあったのですが、

いつものように気にせず、深場へ降りました。

そこでは、本当に久しぶりに撮った

ジョーフィッシュ」 です。

通称BIGジョーなんて呼ばれているらしいですが、

臆病で、なかなか顔を出してくれません

今回は機嫌が良かったとしましょう。



IMG_9206_convert_20110325152025.jpg



他には、写真は撮れませんでしたが

クジャクベラyg や スミレナガハナダイyg などがいました。

浅場へ戻ると、

春の海らしい光景が見られました

ムツの子供とメバルの子供」 です。

小さすぎてゴミみたいにしか写っていませんが…。



IMG_9207_convert_20110325152132.jpg



最後には、

石を捲って 「キンチャクガニ」 を撮りました。

前回のガイド中に見つけた同じ個体でした



IMG_9218_convert_20110325152248.jpg



陸に上がって、先輩ガイドと話をして、

帰ろうかと思ったら、

沖合いに マグロの群れ がバンバン跳ねてました

ついつい眺めてしまい

写真を撮った時には、全然跳ねていないし、

凪の海だけの写真に…。



IMG_9225_convert_20110325152402.jpg



遠くからでも、

肉眼でハッキリとデカイのが跳ねていたので、

潜っている時に出会いたかったなぁ~

連休最終日にて

 やっぱり、今朝から雨です

でも、気温も高くシトシト雨でしたので、

海から上がっても寒くはありませんでした

それもつかの間の話で、

11時頃には、低気圧が過ぎ去って影響で、

風は北風に変わり、凪で湖のようだった、

秋の浜」 も豹変して、荒れ荒れの海に変わりました。

水温 15~16℃ 透明度 7~10㍍

1本目は、

狙いの フリソデエビ でしたが、

残念ながら何処かへ…。

さすがに、見れなくなってしまったようです

結構長く見れたんですけどね~

気持ちを変えて、際の方へ行き、その後は浅場へ戻りました。

浅場では、

ヒメイトマキボラ が、ツマジロナガウニ を捕食していました

今回のダイビングは、

捕食シーンに出会えたダイビングでしたね

それと、エントリーしてすぐに、

シマアジの幼魚が、僕に近づいてきます。

頭の周りを一周した後に、去っていきました。

何だったんでしょうね

その他に見れたのは、

イサキの大群・スジハナダイ・ヨウジウオ・サガミリュウグウウミウシ・スイートジェリーミドリガイ

ツユタマガイ・キビナゴの群れ・キンチャクガニ
 でした。

1本目は、凪でフラットでしたので、

浅場でものんびり出来ました

2本目には、ちょと荒れた海に変わり始めてました

まだ潜水可能だったので、行ってきました。

さすがに、浅場は揺れが酷く、

砂も舞っています

早々に、深度を落として沖へ向いました。

見られた生物は、

テングダイ×2・シロウミウシ・イロカエルアンコウ・アカオビコテグリ・イズカサゴ

サツマカサゴ・ジョーフィッシュ・アカホシカクレエビ・サツマカサゴ
 などなど。

風が変わって雨が降り始めると、

一気に気温が下がります

朝からでなくて良かったぁ~

連休中日にて

 今日から、早朝便のゲストを迎えて、

秋の浜」 へ行ってきました。

水温 15~16℃ 透明度 7~10㍍

しかし、日が出る時間が延びましたね。

早朝便のゲストを迎える頃には、

すっかり明るくなっています。

これから、どんどん日照時間が延びてくれるのは、

本当にありがたいです

さて、海は何の ウネリ か分かりませんが、

時折、強いのが来ます…

全体的には、問題は無いのでサクッと行ってきました。

1本目は、正面のコースへ。

ウミウシ を中心にお見せしようかと思っていたのが、

意外にも魚が多く見れたので、

それはそれとして良かったと思います

見られたのは、

ミツボシクロスズメダイyg・クマノミ・イサキの大群・アカオビコテグリ

イロカエルアンコウ(オレンジ色)・ニラミギンポ・ハナミノカサゴyg
 でした。

中でも、とっても貴重なシーンに出くわしたのは、

キタマクラ を捕食していた アカエソ です

キタマクラ は、身動きがとれず、

身体を膨らませて抵抗をしていましたが

アカエソ の歯は、非常に細かく鋭利なため、

一度銜えた獲物は逃がさん って顔をしていました。

ゲストの方も興奮して、シャッターを切っていました。

しっかりとビデオモードでも撮影されたようです

僕も撮りたかった…。

非常に悔やまれる1本でしたが、

貴重なシーンに出会えたので良しとします

2本目は、砂地へ。

見れたのは、ビシャモンエビ・ワレカラ・イズカサゴ・マダイ

コクテンカタギ・マツカサウオ・マダコ・イロカエルアンコウyg(黄色)・キビナゴの群れ
 などです。

昨年から登場していた、

イロyg は、長い事観察されてますね。

もう、4ヶ月ぐらい経つでしょう

全然、成長している気配が感じられませんが、

生きている事は間違いないです

明日は、荒れ模様の天気予報ですが

外れる事を期待します

春濁りの始まりか?

 今日は朝から良い天気に恵まれています

昨日は、まさかの雪が降りました…

しかも、朝に雪。昼間は晴れ。夕方に雪。そして夜もちょこっと雪。

目まぐるしく天候が変わっていた大島です。

何だか今回の雪は、砂埃や花粉が引っ付いていたような感じでした

車にベットリ汚れがついていたし…。

さて、本題に入りますが、

海は春濁りが始まったようです

透明度は 5~7㍍ でした。

水温は 15~16℃ です。

秋の浜」 へ行きました。

マズは、

この間発見した 「イロカエルアンコウ」 の場所へ行きました。

全く同じ場所にいてくれました。

このまま長く観察できると嬉しいですね



IMG_9148_convert_20110318164503.jpg



沖へ進んでも透明度は変わらず

その中で、悠々と泳ぐ 「マトウダイ」 がいました。

もう1匹見られたので、2匹いました



IMG_9151_convert_20110318164621.jpg



さらに、深場へ降りてみると、

変わった魚がいました

たぶん深場で見られるようなヤツなのかな

レッドストライプ」 ってやつなのか

すいすいと動きまくるので、

こんな証拠写真です



IMG_9158_convert_20110318164725.jpg



帰りは、「ウデフリツノザヤウミウシ」 を見つけて、



IMG_9163_convert_20110318164829.jpg



その近くに 「クロスジウミウシ」 も見つかりました。



IMG_9168_convert_20110318164930.jpg



その後は、さっさと浅場へ戻りました

浅場では 「キビナゴの群れ」 が戻ってきてました。

濁りが無ければ、もっと癒される時間を満喫出来るのですが、

自然の事なので仕方ないですね



IMG_9170_convert_20110318165033.jpg



陸に上がってからは、

富士山がとってもキレイだったので撮りました



IMG_9171_convert_20110318165214.jpg



話は変わりますが、

今現在も、大変な危機を迎えている日本。

東北地方の方や関東圏内に住む方たちの計画停電により、

本当に大変な日々をお過ごしかと思います。

僕にとって出来る事は何だろう?って思う日々を迎えています。

のん気に海へ潜っていいのだろうか?

いやいや、自分の仕事だし、

大事な事だから止めるなんて考えるのはおかしい。

でも、大島は計画停電に入っていないし、

物資だって、伊東からの貨物船や東京から送られてくるし、

安定した供給があるからこそ、安心して暮らせてる。

でも、テレビをつければ、

悲惨な現状や、避難生活をしている多くの皆さんの元気な姿や、

悲しい現実が目の前にあって、

福島の原発の悲惨な光景が、広がっている。

全力で復旧活動をしている人たち。

一生懸命に被災者へ物資を送ろうと懸命にしているひとたち。

放射能汚染の恐怖を感じながら生活をしているひとたち。

多くの方が本当に困っている現状を、

今、僕にとって出来る事は、節電や被災者への祈りだけなのか。

決して、人事ではないです。

僕が小学3年生の時に、大島の三原山が大噴火を起こして、

全島民避難をした時、多くの方が援助をしてくれました。

みんなが助けてくれました。

今度は僕自身が、被災者へ手助けをする事が大事だと考え、

Beach Line  に来てくれた、

お客様の売り上げの一部を、義援金に当てようと思います。

少ない金額になるかもしれないけど、

少しでも役に立てればと思います。

大島は無事です。

 地震発生後、津波警報が発令されて、

注意報に変わり、昨日の夕方に解除されました。

大島も東日本大地震による影響で、

船がストップされました。その後は運行していますが、

熱海行きの高速船は、計画停電により欠航となりました。

地震発生後に、伊豆諸島に6メートルの津波が、

到達される報道がありましたが、大きな影響はありませんでした。

そして、今日は凪の海でしたので、

出掛けてみました。

秋の浜」 へ

水温 15℃ 透明度 10~12㍍

しばらくぶりに海へ入りましたが、

春らしいプランクトンが少し目立つような海でした。

それでも、青々とした海が広がっていました

特に考えてもいなかったので、

ふらっと沖へ出ました。

ソフトコーラルにちょこんと乗っかっていたのは、

オキゴンベ」 でした。

可愛らしいので撮りました



IMG_9123_convert_20110314171345.jpg



ふと視線を見上げると、マグロの群れが通りました

頻繁に沖合いを通るのかな

前回も見たので、大島近海を回っているのかもしれませんね。

ソフトコーラルつながりで、

オルトマンワラエビ」 も撮ってみました。

岩場や壁にいるよりは、こちらの方が絵になりますね。



IMG_9133_convert_20110314171626.jpg



キンギョハナダイの群れの中に、

1匹だけ 「スミレナガハナダイyg」 がいました。

生き残っているんですね~

大きくなってほしいものです



IMG_9126_convert_20110314171806.jpg



浅場へ戻る途中で、

アカオビコテグリ」 を見つけました。

全部で4匹いたかな~。



IMG_9135_convert_20110314171915.jpg



その後、戻りがてら下ばっか見ていたら、

イロカエルアンコウyg」 を見つけました

昨年の大島の海は、カエルアンコウ祭りでした

その名残かな

大きさは5㎝ぐらいでした。



IMG_9136_convert_20110314172129.jpg



最後は、ハシゴに住み着いている、

カエルウオ」 です。

今日はパイプから出ていました。



IMG_9146_convert_20110314172244.jpg



話は戻りますが、

大地震や津波で亡くなられた方のご冥福を祈ります。

首都圏や他の地域でも影響が出ているとニュースでやっていました。

駅構内に大行列になっている人々の姿。

そして、計画停電によって不便な日々を送られる方も、

大変でしょうが、東北地方で一生懸命に生きようとしている人達に、

1日でも早い復興が出来るように応援しましょう。