FC2ブログ

寒いけど凪なんで

 毎日、寒くてイヤになりますが、

海が凪だと、出掛けちゃいますね

若干の ウネリ はあるものの、

全体的には全く問題ない海でした。

秋の浜

水温 15℃ 透明度 20㍍ 

とうとう、15℃台になってしまいました

スッキリした海は良いのですが、

冷たくなると、長時間の下見には堪えます

友人ガイド情報のネタを探しに。

でも、全く見つかりません…。

どこかに移動したようですね

最近、同じ場所で見られる 「テングダイ」 を撮りました。

ほとんど動かないので、撮り放題です



IMG_8967_convert_20110119183423.jpg



正面の深場では、

カンナツノザヤウミウシ」 に出会えました。

久々に見た気がします。

エサとなるコケムシ類を、モリモリ食べていました



IMG_8992_convert_20110119183547.jpg



目線を沖に向けると、

大きな 「マトウダイ」 がいました。

大きいくせに、なかなか横に向いてくれませんね。



IMG_8995_convert_20110119183647.jpg



際に移動していたら、

ネッタイミノカサゴyg」 がいました。

なかなか撮りづらい場所でしたが、

動じないので助かりました。



IMG_9005_convert_20110119184137.jpg



ココで時間を費やしてしまったので

浅場で 「キンチャクガニ」 を探すと、

あっさり見つかってラッキーでした



IMG_9013_convert_20110119183808.jpg



近場では、「ミヤケテグリ」 もいました。

越冬して大きくなっていますね

いつまで見られるかな~



IMG_8980_convert_20110119183925.jpg



話は変わりますが、

そろそろ、最悪で憂鬱な季節がやってきます

今年の花粉は、昨年の10倍以上らしいので

本当に苦しい日々を送る事になりそうです…

イイ海です

 今日も寒い日です

でも、風もなく海も穏やかです。

この時期では、こんな日は滅多にないので、

日差しが降り注ぐ海へ出掛けました

秋の浜

水温 16℃ 透明度 30m以上 あります。

入ってすぐに青い海が広がり、

沖へ進んでも青々とした海が広がっていました。

気持ちが良いので、どんどん沖へ向いました

エントリー&エキジット付近には、

キビナゴの群れ」 や 「タカベの子供」 がいます。

ギュッと丸くなったり、

色々な形に変化していて、見てるだけでも飽きません



IMG_8897_convert_20110114152547.jpg



IMG_8958_convert_20110114152711.jpg



そして、この時期にしては珍しい、

ツムブリ」 を見ました。

まだ小さく若魚ぐらいの大きさですが、

黒潮が当たってる訳でもないのに、

見れるなんて正直、驚きです

僕のイメージでは、

夏から秋にかけて見る事が多いのですが、

冬に見たのは初めてです



IMG_8901_convert_20110114152818_convert_20110114152840.jpg



いつもの場所では、

クマドリカエルアンコウ」 がいます。

長い事観察できている、ありがたい存在ですね



IMG_8905_convert_20110114153046.jpg



場所を変えて、

前回と同じ場所へ戻ってきた、

イロカエルアンコウ」 も見られました。



IMG_8923_convert_20110114153222.jpg



この辺りでは、

ウデフリツノザヤウミウシ」 も見られました。

だんだん水深が浅い場所へ移動してきてますね



IMG_8929_convert_20110114153356.jpg



際へ出て、

ソフトコーラル を見ていると、

クロスジウミウシ」 がくっついていました。

けっこう大きい個体でした。



IMG_8932_convert_20110114153505.jpg



あまりにも、透明度が良く気持ちが良いので、

深場へ降りました。

昨年からずっと同じ場所で観察されている、

フリソデエビのペア」 を見てきました。

エサとなるヒトデがないのに、

どうやって生き延びているのでしょうね



IMG_8941_convert_20110114153637.jpg



IMG_8947_convert_20110114153732.jpg



ここで、ずいぶんと時間が経ってしまったので

一気に浅場へ戻りました。

戻りながら、イサキの群れが降り注いできたりしたので、

眺めるひと時を味わえました

浅場の珊瑚がある場所では、

テンクロスジギンポ」 が穴に入っています。

どうやら、この場所が気に入ったようですね。

だいぶ前から見れてます



IMG_8950_convert_20110114153859.jpg



明日から週末ですが、

残念ながらノーゲストなので、海はお休みすると思います

予報では、明日から天気が荒れ模様らしいのですが

外れる事を期待したいですね

粘り勝ち?

 今日も冷え込んだ1日でしたね~。

今週は極寒週間に入ってしまったのでしょう

大島の最高気温が一ケタの 6℃ って…。

水中は 16℃ ありますけど…。

透明度は 20㍍以上 あります。

秋の浜」 へ

誰も海に入っていませんでした。

旗も下がっていると、寂しい気になります。

お昼頃に行ったんですけどね

狙いは、ガイド中に見つけたのを撮りに行きました

ガイド中は気が張っているせいか、

寒さも気にはならないのですが、

1人寂しく誰も他に入っていないと、

妙に寒さと不安が…。

最初の探し物は、

ガイド中にたまたま目に止まった、

ネコザメの卵」 です。

もう、子供たちが巣立つ時期に入っているので、

卵をじっくり見ると、

割れ目が見えたので、ちょこっと覗かせてもらったら、

バッチリ子供の姿が見えました。

もういつでも旅立ちの準備が出来ているようです。

ガイド中もゲストの方に見てもらいました

決して、無理やり開けたのでは無いのでご安心を



IMG_8857_convert_20110111195858.jpg



2番目の目的は、

ウミウシカクレエビ」 です。

やはり、ホストであるアカオニナマコが消えていました

移動したのでしょうね

予想通りの展開でしたので、

あちこち探し回りました

探す事、30分近く諦めて帰ろうとした時に、

目に入ってきたナマコの影に、

エビらしきものが見えました

ガイド中に見つけたBIGなやつではありませんが

別の2匹が見つかったのでヨシとします



IMG_8884_convert_20110111200038.jpg



IMG_8877_convert_20110111200159.jpg



探し回っている時に、

体の中心辺りに椿の花のような模様をしている、

ベニカエルアンコウ」 を見つけました。

前にも見た事がある個体だと思います

こんな場所に隠れていたのか…。



IMG_8862_convert_20110111200621.jpg



さすがに寒さが厳しくなってきたので

戻りがてら、

キンギョハナダイの群れ」 を撮って、



IMG_8865_convert_20110111200737.jpg



のんびり泳いでいる、

ハナミノカサゴ」 と遊んで、



IMG_8887_convert_20110111200839.jpg



帰りました。

こんな寒い状態の海ですが

魚も多く、南方系の魚も頑張っています

まさか、フエヤッコダイ が元気に泳いでいるのを見た時は、

さすがにビックリしました

他にもいますが、大島の海も平均水温が上がっているのでしょね。

だから、年を越えても生き延びる魚も少なくないでしょう

カラフルになるのもいい事ですが、

冷たくなるからこそ見れる魚もいますから、

何ともいえませんね

思ったよりは

 昨日の予報では、

今日が一番の冷え込みと言っていましたが、

そんなに寒いと思うほどではありませんでした。

でも、三原山へ行く道の御神火スカイラインや月と砂漠ラインは、

凍結のため通行止めと町内放送が流れました

やっぱ山は極寒だったようですね

昨日に引き続き、

ゲストと一緒に 「秋の浜」 へ

水温 16℃ 透明度 20㍍

若干の水温の変動と透明度が落ちたように思えます。

でも、冬らしいく、スッキリした海が広がっています

正面の深場&右へ行きました。

深場は、アサヒハナゴイを紹介しました。

数が減ったのと、あんまり出てくれなかったのが残念です

帰り道は、ウデフリツノザヤウミウシ を紹介しました。

今日は2匹見つけて、1匹はちっちゃなヤツでした

右のコースは、

大きなヒラメネコザメに出会いました

どちらとも動じないので、撮り放題でした

僕もゲストの方もビックリしたのは、

僕が見た中では、

最大サイズのウミウシカクレエビがいました

明日でも潜りに行って証拠写真でも撮ろうかな

でも、期待していくとホストである、

アカオニナマコが動いていたりして、

結局見れずじまいになる事も…。

期待しないで行ってみようと思います

その他に見れた生物は、

アオリイカの群れ・イサキの群れ・テングダイ・ニセクロスジギンポ・アカホシカクレエビ

キビナゴの群れ・カゴカキダイ×2・アジアコショウダイyg・ネンブツダイの群れ

キンギョハナダイの群れ
 などなど。



目が覚めます

 今年初のガイドとなります

常連さんをお連れして 「秋の浜」 へ

水温 16~17℃ 透明度 20~30㍍

昨晩から、西風が強く吹いています。

今朝到着された常連さんも防寒対策バッチリで、

大島に到着されました。

午前中は強く風が吹きましたが、

午後には南よりの風に変わって、

気温もこの時期にしては高い方です

正面と左の砂地へ行きました。

午前中の1本目は、

海に入った瞬間、

目が覚めるようなスッキリした海が広がっています

ゲストの方も、とっても気持ちが良くて、

寒さを忘れていたかのように撮影されてました

今回は大物運が強く、

マグロの群れ大きなブリに出会う事が出来ました。

ちょっと気になったのは、流れです。

午前中は、どこに行っても変な流れでした

沖出し・左・右などなど。

本当に困った潮の流れでした

午後はいつものように治まっています。

その他に見られた生物は、

イサキの群れ・クマドリカエルアンコウ・ニシキウミウシ・ウデフリツノザヤウミウシ

イズカサゴ・ヒラメ・オキゴンベyg・フタイロハナゴイyg・イソコンペイトウガニ

ベニカエルアンコウ・ミナミギンポ・カスザメ・ササハゼ・ホシテンスyg

イロカエルアンコウyg・マダイ・ゴマヒレキントキ
 などです。

明日は寒波が降りてくるらしく

冷え込むようなので心して海へ出掛けます