FC2ブログ

ラストです。

 長々とお付き合いしてもらった、

パラオの海も最終日となりました。

振り返ってみると、

沢山写真を撮ったなぁ~と実感しましたね

初めてのパラオの海は、

僕にとって贅沢すぎるぐらいの海でした。

でも、またいつか行きたいと思っています

最終日の海は、

再び訪れた 「シアストンネル」 です。

2日目に潜ったディープなポイントですが、

ココにはまだまだ見所満載の魚達に出会える事になりました。

一気にトンネルまで降りて中へ入ると、

天井付近で隠れている珍しい魚を紹介してもらいました

その魚は 「コリンズエンゼルフィッシュ」 と言う魚です。

ライトを当てると、すぐに隠れちゃいますが

なんとか証拠写真ぐらいは…。



IMG_7515_convert_20101026142023.jpg



他にも、

バージェスバタフライフィッシュ と言う魚もいるらしいのですが、

その魚は見れませんでした

でも、前々から見たかった、

ヘルフリッチ」 や 「アケボノハゼ」 を見る事が出来ました。

どちらもペアでいるなんて、

とっても贅沢ですね

写真は1匹だけしか撮れませんでしたけど…。



IMG_7525_convert_20101026142153.jpg



IMG_7534_convert_20101026142310.jpg



IMG_7488_convert_20101026141253.jpg



IMG_7499_convert_20101026141550.jpg



IMG_7504_convert_20101026141723.jpg



IMG_7509_convert_20101026141901.jpg



2本目は、

シアスコーナー」 へ行きました。

ココでの見所は、

オオテンハナゴイの群れ」 です。

まぁ~見事に咲き乱れてると言う表現が似合います



IMG_7550_convert_20101026143719.jpg



IMG_7552_convert_20101026143822.jpg



他には、

アカネハナゴイ」 や 「バートレッツアンティアス」 などの

群れも見事でした



IMG_7560_convert_20101026144002.jpg



3本目は、

ウーロンクリフ」 へ行きました。

ココは、

クマザサハナムロの群れ」 が沢山見られ、



IMG_7598_convert_20101026144531.jpg



ギンガメアジの大群」 や 「ツバメウオの群れ」 も見られました。



IMG_7615_convert_20101026144642.jpg



IMG_7617_convert_20101026144742.jpg



IMG_7622_convert_20101026144859.jpg



IMG_7626_convert_20101026145050.jpg



特に ツバメウオ は、

終始、一緒に遊んでくれるので、

とても楽しめました

これにてパラオの海は終了です


 

25日の大島の海

 日付は変わりましたが、

月曜日は、曇りから晴れになりました

気温も高く、10月にしては快適な1日でした。

パラオから帰ってからの海でしたので、

水温は確実に冷たいだろうと思っていたら、

以外に高くてビックリしました

黒潮が近いわけでもないのにね

秋の浜」 へ行きました。

水温 25℃ 透明度 12~15㍍

変わらず カエルアンコウ 祭りは継続中です

他のポイントでも、

沢山新顔が出ているようです。

今年は異常なくらい見つかっていますね

エントリーしてすぐに、

沢山の 「キビナゴの群れ」 がいます。



IMG_7636_convert_20101026011416.jpg



その キビナゴ を狙っている

カンパチ×2」 も見られました。



IMG_7643_convert_20101026012140.jpg



沖へ進むと、

アオリイカの群れ」 もいました。



IMG_7645_convert_20101026012336.jpg



そして、前々から同じ場所に定着している、

オオモンカエルアンコウyg」 を撮りました。

ほんの少しだけ成長したかな



IMG_7649_convert_20101026012508.jpg



近くでは、

後輩ガイドに教えてもらった、

イロカエルアンコウ」 を撮りました。

グレーの色は、なかなか見られないので、

貴重な存在ですね



IMG_7660_convert_20101026012632.jpg



アカホシカクレエビ」 もあちこちいます



IMG_7677_convert_20101026012853.jpg



際へ移動してからは、

今年も多く見られる、

キンギョハナダイygの群れ」 を撮りました。



IMG_7680_convert_20101026013004.jpg



戻る途中では、

場所は変わったけど、

まだまだ健在の 「イロカエルアンコウ」 を撮り、



IMG_7685_convert_20101026013130.jpg



オオパンカイメン で休憩中の、

キリンミノカサゴyg」 を撮りました。



IMG_7691_convert_20101026013242.jpg



浅場へ戻ってからは、

不思議な行動をしていた、

ウミスズメのペア」 を撮りました。

求愛行動なのかな



IMG_7697_convert_20101026013400.jpg



そのまま壁を見ていくと、

ガンカゼカクレエビ」 を見つけました。

僕が今まで見た中では、1番大きかったと思います



IMG_7699_convert_20101026013611.jpg



海はまだまだ魚が中心ですね

このまま好調な海を願います



そして海へ

 1日ダイビングをお休みしてから、

4日目のパラオの海へ。

1本目は、初日に マンタ を見た、

ジャーマンチャネル」 です。

残念ながら、マンタ は出ませんでしたが、

周りには、撮る生物は欠かさないので、

全然問題なしです



IMG_7333_convert_20101026000519.jpg



IMG_7339_convert_20101026000721.jpg



IMG_7348_convert_20101026000839.jpg



IMG_7355_convert_20101026001004.jpg



IMG_7357_convert_20101026001110.jpg



IMG_7363_convert_20101026001228.jpg



IMG_7370_convert_20101026001408.jpg



IMG_7380_convert_20101026001601.jpg



IMG_7392_convert_20101026001704.jpg



2本目は、

ブルーコーナー」 再びです。

初日の素晴らしい透明度とはいきませんでしたが、

魚影の数はハンパじゃないです

流れも多少あったので、

沢山撮る事は出来ませんでしたが、

カレントフックを使って、

流れに身を任せて楽しむのは最高です



IMG_7394_convert_20101026002135.jpg



IMG_7398_convert_20101026002253.jpg



IMG_7402_convert_20101026002448.jpg



IMG_7404_convert_20101026002548.jpg



IMG_7406_convert_20101026002653.jpg



IMG_7415_convert_20101026002819.jpg



IMG_7423_convert_20101026002941.jpg



IMG_7428_convert_20101026003110.jpg



IMG_7441_convert_20101026003237.jpg



3本目は、

ショートドロップオフ」 です。

ココでの見所は、

ニチリンダテハゼ でしたが、

他のゲストさんが夢中になっていたので、

僕はパスをして、他の生物を撮りました



IMG_7454_convert_20101026003724.jpg



IMG_7456_convert_20101026003842.jpg



IMG_7464_convert_20101026003945.jpg



IMG_7480_convert_20101026004112.jpg



4日目も満足でした

パラオの滝

 中日は、のんびり観光にでも出掛けよう となったので、

ダイビングはお休みをして、滝がある場所へ行きました。

ダイビングサービスからレンタカーを借りて、

車で約30分ぐらいでしょうか

滝があるスタート地点に到着です。

そこでは、待合所にパラオ人のお母さんみたいな人がいて、

5$を支払い、いざ出掛けました



IMG_7224_convert_20101025232125.jpg



IMG_7289_convert_20101025232309.jpg



IMG_7290_convert_20101025232412.jpg



獣道みたいな下り坂なので

サンダルだと滑って危ないとのコトでしたので、

ダイビングブーツを持参して歩きました。

最初は、足取りも軽いのですが、

奥へ進むに連れて、足場も悪くなるし、ぬかるんできます



IMG_7223_convert_20101025232558.jpg



IMG_7225_convert_20101025232722.jpg



IMG_7226_convert_20101025232837.jpg



IMG_7231_convert_20101025233013.jpg



IMG_7232_convert_20101025233150.jpg



歩き始めて20分ぐらいで、

滝へとつながる場所の中間点である、

水が流れてる場所へ到着しました。

そこで、調子よく写真を撮っていたら、

滑りやすい場所で、見事にすっころびました

いや~ 恥ずかしかったですね…。



IMG_7236_convert_20101025233425.jpg



IMG_7237_convert_20101025233549.jpg



IMG_7241_convert_20101025233750.jpg



IMG_7244_convert_20101025234050.jpg



その後、足元を気をつけながら進むと、

滝の音がどんどんと近くなりました。



IMG_7248_convert_20101025234259.jpg



IMG_7251_convert_20101025234412.jpg



IMG_7252_convert_20101025234541.jpg



歩き始めて、40分ぐらいになった頃に、

ようやく目的地である滝へ到着です

僕らが到着した頃は、誰もいなかったので

貸切り状態で満喫をしました



IMG_7255_convert_20101025234730.jpg



IMG_7261_convert_20101025234846.jpg



IMG_7271_convert_20101025235021.jpg



IMG_7280_convert_20101025235139.jpg



IMG_7281_convert_20101025235319.jpg



なかなか楽しめたし、癒された時を過ごさせてもらいました





3日目です。

 3日目は、 サキ と一緒に潜りました。

他にいたゲストさんが、

じっくりゆっくり生物を観察&撮影される方と一緒だったので、

僕らものんびり潜らせてもらいました

ポイントは、

ゲロンインサイドアウトサイド」 です。

インサイド では、

ハダカハオコゼ」 が沢山いました。

黄土色に白色、赤色までいて、

揃いも揃って同じ場所にいました



IMG_7120_convert_20101024222756.jpg



IMG_7132_convert_20101024222904.jpg



IMG_7134_convert_20101024223032.jpg



IMG_7144_convert_20101024223204.jpg



IMG_7155_convert_20101024223323.jpg



その後は、

自力で見つける事が出来た

カニハゼyg」 が僕的にヒットでした

何匹もいるし、大きいのから小さいのまで、

選びたい放題でした

ありがたいことに、全然逃げなかったのが嬉しかったです



IMG_7173_convert_20101024223547.jpg



IMG_7178_convert_20101024223648.jpg



アウトサイド では、

流しながら移動する感じでした。

現地ガイドのパラオ人が教えてくれた、

大きな 「ツカエイ」 が印象的でした



IMG_7221_convert_20101024223839.jpg



IMG_7196_convert_20101024224001.jpg



IMG_7197_convert_20101024224115.jpg



IMG_7204_convert_20101024224238.jpg



IMG_7207_convert_20101024224341.jpg



3日目は終了です。