発見ならず

 今日は、昨日の情報をもらった、

クマドリカエルアンコウyg を探しに 「ケイカイ」 へ行きました。

30分近く、教えてもらった場所や近辺を探しますが、

見つかりませんでした…。

非常に残念です

大きくなって、また見つかると嬉しいですね。

しょうがなく、他の ネタ を撮ってました。

カゴカキダイの群れ」 は、浅場で良く確認されます。



IMG_5872_convert_20100831135927.jpg



近くでは、

キャラメルウミウシ」 も見つかりました。



IMG_5878_convert_20100831140047.jpg



その後は、早々に引き上げて

不完全燃焼だったので、 「野田浜」 へ行きました。

居なくなる前に撮りたかった、

カミソリウオのペア」 を撮りました。



IMG_5907_convert_20100831140208.jpg



メスのお腹には卵があります

新しく発見できたのは、

ネッタイミノカサゴyg」 でした



IMG_5895_convert_20100831140340.jpg



なかなか大島では見られる機会が少ないと思います。

近くには、

ハナミノカサゴyg」 も見られました



IMG_5882_convert_20100831140504.jpg



帰りには、

コウワンテグリyg」 を撮り、



IMG_5931_convert_20100831140616.jpg



ベニシボリ」 や 「シロハナガサウミウシ」 を撮りました。



IMG_5937_convert_20100831140734.jpg



IMG_5949_convert_20100831140837.jpg



明日も海へ行こうかな


東も西も

 今日はゲストさん最終日です。

昨日、秋の浜 で カエルウオ を逃したので

今日の1本目は、「秋の浜」 に決定です。

水温 21~26℃ 透明度 7~12㍍

水深20㍍ぐらいまでは、暖かい潮に守られてますが、

それ以上行くと、冷たくて暗い潮が待っています

やっぱ 黒潮 が ズドーン っと来るか、

台風 が、かき回してくれないとダメですね…。

見られた生物は、

アカオビコテグリyg・ジョーフィッシュ・ハタタテハゼyg・ミアミラウミウシ・ベニカエルアンコウ

ミヤケテグリyg・パイプの中に カエルウオ と ニジギンポ
 などです。

2本目は、

ゲストさん初のポイント 「ケイカイ」 へ

ここも透明度がサッパリしません…。

水温も低い状態でした…

水温 23℃ 透明度 7~10㍍

まだ誰も入っていないので、

僕らが1番乗りで入りました。

入ってすぐに、アオウミガメ の登場です

初めて見た方もいたので、興奮したようです

皆さん全員見れたのが、本当に良かったと思います

他には、

ホウライヒメジの群れ・ニラミギンポyg・サメジマオトメウミウシ・マツバギンポyg

トウシマコケギンポ・イズヒメエイ・テングダイ×2・スイートジェリーミドリガイ

リュウモンイロウミウシ
 などです。

ダイビングが終了して、お店で後片付けをしていたら、

友人ガイドから連絡があり

クマドリカエルアンコウyg (白で約1㎝) を発見したようです

早速、明日にでも確認しようと思います

夏最後の日曜日

 今日も昨日からのゲストと、

今日到着されたゲストを迎えました。

ポイントは 「秋の浜野田浜」 です。

水温 22~26℃ 透明度 7~10㍍

どちらのポイントも、透明度がスッキリしません

水温的には問題ないのですが…。

秋の浜 では、

昨日からのゲストのリクエストで、

ちょっと深場へ行きました。

そこでは、大きな マダイ に遭遇し、

帰りの浅場では、これまた大きな カンパチ に出会えました

美味しそうな魚を見れて満足気でした

野田浜 は、

今日からのゲストと合流して、

のんびり撮影をしてもらいました

カミソリウオのペア や ミヤケテグリyg に興味があったようです

午後からは、

今日のゲストさんをお連れして、

秋の浜 へ行きました。

小さい魚やウミウシをリクエストされたので

浅場を中心に潜りました。

見られた生物は、

イソギンチャクエビ×2・ギンポsp・アジアコショウダイyg・キンチャクダイyg

アカスジウミタケハゼ×3・ミナミハコフグyg×2・クマノミyg・コロダイyg

ヒレグロコショウダイyg・アカホシカクレエビ・ハナゴイyg
 などです。

野田浜 は、

ミナミハコフグyg・フタスジタマガシラyg・ハナミノカサゴyg・アーチの中にイサキ

クマノミの卵・ホシテンスyg
 などです。

明日からは、すっかり人も少なくなるでしょう

また静かな海に戻るでしょうね

早朝から午後まで

 今日は新しいゲストを迎えて、

早朝ダイビングに行きました

その後、昨日からのゲストと合流をして、

午前中と午後にダイビングをしました。

早朝の 「野田浜」 では、

最近の海では、1番良かったかなと思うほどでした

水温 25℃ 透明度 12㍍ 

簡単に書いちゃって申し訳ありませんが

見られた生物は、

コロダイ×2・ブチススキベラyg・カミソリウオのペア・ヒメテグリ・ミナミハコフグyg

フジイロウミウシ・ミヤコウミウシ・アーチの中にイサキ・トラウツボをクリーニングしている

クリアクリーナーシュリンプ×5・クセニアウミウシ属の1種の1・カンムリベラyg・コウワンテグリyg


午前中のダイビングは、

ケイカイ」 へ行きました。

今このポイントは、エントリー場所を工事中ですが

ちょっとした小道が出来ているので入りました。

水温 25℃ 透明度 7~10㍍

早朝が良かっただけに、残念です…

それでも、浅場では キビナゴの群れ が最高でした

回遊魚が来たらもっと最高でした

その他では、

ハマフエフキ×2・イズヒメエイ・ホウライヒメジの群れ・カスザメ・クマノミyg・ツユベラyg

午後は、「秋の浜」 へ

水温 23~27℃ 透明度 7~12㍍

浅場は本当に最高ですが、

ちょっと行くと、ニゴニゴの海がお待ちしています…。

ココでは、ようやく夏を感じさせる光景が見られました。

それは、キビナゴの群れ をアタックする

カンパチの子供とナンヨウカイワリの子供たち でした

ゲストも喜んでいたので、何よりです

その他では、

モンツキハギyg・ツユベラyg・ウミシダカクレエビ・アカホシカクレエビ・クマノミの卵

ベニカエルアンコウ・ニラミギンポyg・コロダイyg
 などです。

明日は、とうとう 夏最後の日曜日 ですね

なんだかんだで、あっという間に終わってしまいます…

それでも、明日も頑張って潜ります

透明度が…。

 今日はガイドです。

昨年もこの時期に来ていただいたゲストを迎えて、

秋の浜野田浜」 へ

どちらのポイントも透明度が落ちていました

そして、嫌な流れもありました…

どうしちゃったのでしょうか

水温 22~25℃ 透明度 7~10㍍

1年ぶりのダイビングなので、

ゆったりのんびり潜ってきました

ダイビングの感覚を再認識してもらうように

器材の使い方や泳ぎ方、中性浮力を取るなどなど…。

1本目は緊張されてましたが

2本目は、すっかり慣れたようです

浅場を中心に潜りましたが、

沢山の生物を紹介できるこの時期は、

楽しいですね

見られた生物は、

秋の浜ソラスズメダイygの群れ・クマノミ&幼魚&卵・キンギョハナダイyg群れ

イソギンチャクエビ×2・ベニカエルアンコウ・スズメダイygの群れ・コロダイyg

マツカサウオ・ニラミギンポyg・ツユベラyg・カマスの群れ


野田浜アオヤガラyg×3・カミソリウオ×2・ミナミハコフグyg・キビナゴの群れ

ニラミギンポyg・アカネコモンウミウシ・シロタエイロウミウシ・ミヤコウミウシ・カンムリベラyg

コウワンテグリyg・ブチススキベラyg
 などです。