変化アリ

 今回も曇った画像でスミマセン

天気は  /  &霧が少しでした。

最近は濃霧が凄くて、

船も遅延したり、欠航しています

週末は落着いてくれるとイイですね。

一昨日、愛用している  の調子が悪くなり

修理に出しました

今日の画像は、

先輩のガイドさんからしばらく借りる事になった、

 で撮ったものです。

慣れるまでしばらくお勉強ですね

秋の浜」 へ行ってきました。

水温 16~19℃ 透明度 10~12㍍ です。

流れがあちこちあって、

水中では、暖かい層と冷たい層がぶつかってました

週末は、暖かい海でお願いしたいですね

ウミウシ ばかり目立ちましたが、

その中で 「フタスジミノウミウシ」 が目に止まりました。

でも曇っている…。



フタスジミノウミウシ



左の砂地では、

オラウータンクラブ」 が見つかりました

でも曇った画像…。



オラウータンクラブ



最後の最後で、

曇りが取れて 「ムラサキウミコチョウ」 を撮りました。



ムラサキウミコチョウ



気温と水温の差には、

ホントに困ったものですね

冷たいよ

 ようやく今日から 梅雨らしい1日となりました

天気予報通りにはなりませんでしたが、

晴れてる時間があったり、

小雨がパラパラしてました

秋の浜」 へ行ってきました。

入ると、あれ

透明度はイイけど、寒いぞ

透明度 15㍍ 水温 16~17℃ でした。

一気に冷え込んだ海でした

そのおかげで、

 のレンズは曇りまくりです

写真の 「イボイソバナガニ」 もご覧の通りです



レンズ曇っちゃった



潜ってから、

30分ぐらい経った頃に、

ようやく曇りが取れたので撮影開始です

ヤシャハゼ」 もバッチリ出てました

ホバーリング はしていませんでしたが、

この水温で出てくれてた事に、

感謝です



ヤシャハゼ



最後は、

EX近くの場所で、

川魚と思われる 「サツキマス」 に出会いました。

海で出会えるって不思議ですね

もちろん、

伊豆大島 は川なんてありませんし、

この出会いはホントにビックリでした



サツキマス(川魚)



発見者は、

秋の浜 の仙人と呼ばれる人らしいです

流石です

南方系の魚

 今日は  /  の1日でした。

秋の浜」 へ行きました。

ずっとベタ凪の海が続いています

水中は白い浮遊物が目立つのと、流れがありました

久しぶりに深場へ行ってみると、

ソフトコーラル に密集してる 「マツバスズメダイの群れ」 がいました。

あちこち岩場に集まってたり、

そこらじゅうにいました。

産卵期に入ってるせいなのでしょうかね
 


マツバスズメダイの群れ



目的の サカナ を探しましたが、

残念な結果でした

そこでは 「シモダイロウミウシ」 がいました。



シモダイロウミウシ



ここで時間切れとなり

浅場へ戻る途中に 「テントウウミウシ」 のペアがいました



テントウ(ペア)



その近くでは、

インターネットウミウシ」 も見つかりました。



インターネット(単体)



今日は、ウミウシ で終わりかな と思っていたら、

早くも 「ツユベラyg」 が登場しました

岩場の隙間に上手く隠れていました



ツユベラyg



南の サカナ が登場すると、

 が近づいているんだなと感じます

透明度 10~12㍍ 水温 18~19℃ でした。

梅雨といっても

 まだ大島では梅雨らしくはなってませんね。

今日も朝のうちは  で、お昼頃から  でした。

そして、海はベタ凪です。

この時期は1番ベタ凪の日が多いですね

秋の浜」 へ行きました。

気になっていた 口内保育中の ジョー を見に行きました。

巣穴から、かなり体を出していましたが、

残念ながら卵は…。

もしかしたら終わっちゃったかも

次に期待したいですね



ジョー(no.1)



こちらは、別個体の 「ジョーフィッシュ」 です。

少し臆病な方ですかね



ジョー(no.2)



移動してから、

何気なく下を見ると、

テントウウミウシ」 がいました。

相変わらず小さい ウミウシ です



テントウウミウシ



浅場へ戻ってから、

少し場所を移動した 「イロカエルアンコウ」 を見つけました。

場所は変わっても、

オオパンカイメン にしっかり着いてますね



移動したイロ



段落ちの壁まで来ると、

非常に大人しい 「ベニツケガニ」 がいました。

普段なら サササッ と逃げるのに、

ほとんど動かずにいてくれたので、

何枚か撮りました



ベニツケガニ



その近くには、

ベニカエルアンコウ」 もいました。

この辺では最近見かけなかったので、

何処かに移動してたんでしょうね



ベニ(オレンジ色)



最後は、

ハシゴを住み家にしてる 「ニジギンポyg」 です

大きな個体もいましたが、

逃げられたので、小さくて動かない個体にしました



ニジギンポyg



しかし、いつまでこの空梅雨は続くのでしょう

 が毎日も困るけど

降らないのも困りますね

透明度 12㍍ 水温は 20℃ でした。

キレイになって

 午前中は / でしたが、

お昼頃には   て暑くなりました

南西風が残っていたので、

秋の浜」 へ行ってきました。

今日は、潜ってから目的地を考えようと思い、

フラフラしながら沖へ行きました。

入ってみると、透明度&水温が良くなってました

左の砂地がキレイだったので

そちらに向いました。

まず始めは、

昨年からずっと同じ場所にいる、

オオモンハタyg」 です。

ちっちゃな小魚を一生懸命に捕食してました



オオモンハタyg



その近くには、

ベニキヌヅツミガイ」 がいました。

綺麗な  なんですよ



ベニキヌヅツミガイ



少し移動して、

思わぬ所に 「マツカサウオyg」 がいました。

背景の ソフトコーラル がイイ感じでした



マツカサyg



左ナナメ付近に気配を感じたので

振り向くと 「ミノカサゴ」 がいました。

ドキッとしますね…。



ミノカサゴ(左の砂地)



少し浅い所へ移動すると、

ヒレナガネジリンボウ」 がいました

まだ臆病でしたね



ヒレナガネジリンボウ



帰り掛けには、

久しぶりに 「タツノイトコ」 が見つかりました

お腹が大きいですね~



タツノイトコ



そして、毎年恒例となる、

カエルウオ」 がEX用のパイプに住み始めたようですね



カエルウオ



透明度は 12~15㍍ 水温 21℃ でした