FC2ブログ

西側へ

 本日も快晴で海もベタ凪でした。

久しぶりに西側のポイント 「ケイカイ」 へ行ってきました。

入ると透明度も高いし 15㍍

水温も高い海でした。18~19℃

沖へ向うとすぐに目に止まったのは、

テングダイ」 でした。

大体この場所がお気に入りらしく、

高確率で見れる場所のひとつです



手前のテングダイ



何本もある水路を通って行くと、

壁には数種類の ウミウシ たちに出会います。

目に入ったのは 「アオボシミドリガイ」 でした。



アオボシミドリガイ



そのまま沖へ進むにつれて、

流れが強くなってきました

ちょっと休憩しようとした岩場には、

ニラミギンポ」 がいました。

この大きさでは、

間違いなく越冬しただろうと思います

他のポイントでも、

ミナミハコフグ が見つかったり、オイランヨウジ がまだ見られるなど、

南の サカナ も生き残りがいるようです



ニラミギンポ



すぐ近くには、

スミゾメミノウミウシ」 がいました。

この ウミウシ は、 ウミウチワ にいるのですが、

今回見つけたは、

普通に岩場にました。

落ちた 流された ちょっと分かりませんけど…。



スミゾメミノウミウシ



沖の折り返し地点では、

流れが強くなり、

イサキ の群れや アオウミガメ が余裕で泳いでいました

帰りは、流れが当たらない場所へ

移動しながら戻りました。

そこで見つけたのは、

岩の隙間に隠れていた 「ミギマキyg」 でした



ミギマキyg



最後は海綿の上を移動していた、

小さい 「リュウモンイロウミウシ」 です。



リュウモンイロウミウシ



ここでは、

他にも見られた ウミウシ たちが多くいました。

ヒブサミノウミウシ・オトメウミウシ・サキシマミノウミウシ・ハナミドリガイ などなどです。

このまま好調な海を継続してもらいたいですね

ベタ凪

 ベタ凪の海&晴れ日となりました

本日も 「秋の浜」 へ行ってきました。

入ると若干、浅場は透明度が落ちてました

全体的には 10~15㍍ で水温は 15~17℃ です。

深場は冷たいですが、透明度は良かったですね。

透明度が良い事にワイドの写真を撮ろうと思い、

深場の ソフトコーラル の所へ行きました。

サカナ が集まってくれるとバッチシなんですけどね…。



アサヒ



2枚目も寂しい感じになりましたね



アサヒ2



そんな訳で、

すぐにマクロへ変更しました

今日は、「クダゴンベ」 も撮りたかったので、

頑張って撮りました

それでもあっちへ逃げたり、こっちに戻ったりと、

振り回されて、時間が掛かりましたね



クダゴンベ



その後は、

ちょいと急いで浅場に戻りました

戻る途中では、

久しぶりに見れた 「ニシキウミウシ」 幼体がいました。

いつみてもキレイな ウミウシ ですね



ニシキウミウシ(幼)



いつもの壁へ戻ると、

新顔の 「ベニカエルアンコウ」 を見つけました。

すぐそばには、もう1個体いましたよ。

ペアなのかな



ベニ(ヨゴレ)


そうそう!帰る途中で、

シマアジ の子供の小さな群れを見ました

キンギョハナダイ の群れと混ざったりしてました。

こんな時期に見れるなんてビックリでしたが、

やはり、黒潮 が近くに来ている証拠なのかもね

続・冷えますね 

 久しぶりの更新ですが、

言い訳をすると、お店の準備で忙しかったかな

昨日は、猛烈な西風で大島だけじゃなく、

全国的に大荒れでしたね。真冬に良く吹く風でした

そして、今日はすっかりイイ天気で、

日差しも強く、海は穏やかで絶好調なカンジでした

透明度が 15~20㍍ で水温は 15~17℃ でした。

一気に透明度が良くなりましたね

なんだか、 黒潮 が随分近くに来たみたいですよ。

でも、寒かったな…。

まず始めに見たのは 「タカベygの群れ」 でした。

水面近くには ボラ×2 もいました。



タカベygの群れ



先週に入れた アオリイカ の漁礁の場所へ行ってきました。

キレイさっぱり何もいません

と、思ったら 「ウツボ」 がちゃっかり居座ってました。

アオリイカ が卵を産み付けるチャンスを狙ってるんでしょうかね?



漁礁にウツボ



沖へ出ると、またまた 「ヒラメ」 に会いました。

今回は3個体も出会いました。

相変わらず隠れてるのがバレてないと思っているのか、

身動きひとつもしませんでした



またまたヒラメ



水温が低いからでしょうか

メイタガレイ」 がいました。

 に良く目にする サカナ ですね。



メイタガレイ



その近くには、

石の上にちょこんと座っていた 「ボウズコウイカ」 がいました。

フラッシュを何度も浴びせたので、

サッと逃げては戻るの繰り返しでした


 
ボウズコウイカ



とある場所では、紫色の スナイソギンチャク があります。

ここには、「ミズヒキガニ」 がいました。

これで間違いなく水温が低いと確信しました



ミズヒキガニ(小)



寒さも限界がきたので、浅場へ戻りました。

浅場では 「メバルygの群れ」 がいます。

少しずつ成長していますね



メバルygの群れ



全然逃げようとしなかったので、

ヒメギンポ」 のアップを撮りました

コイツは、近づこうとするとすぐに逃げられてしまうのですが、

今回のは上手くいきましたね



ヒメギンポ



最後は、 ピカピカ のハシゴです。

キレイだと気持ちがイイですね



2009new!.jpg



明日からもずっと  予報です。

冷えますね

 本日も朝から眩しい日差しがあり良い1日でした

秋の浜」 へ行ってきました。

到着すると他のガイドサンから、

冷たいよと言われましたけど、陸上が暑いので

丁度良いだろうと思ってましたが、

1時間近く潜るとさすがに寒さを感じました

水温は 15℃ で透明度は 10㍍ です。

目的も無くフラフラと沖へ進みました。

最初に目に付いたのは、

砂に潜って隠れてる 「ヒラメ」 でした。

秋の浜で見るサイズでは小さい方だったので、

警戒していたのか、すぐに逃げられてしまいました



ヒラメの目玉



少し深い場所では、

ザラカイメン に乗っていた 「オキゴンベ」 がいました。

ホントだったら、乗っている姿を…。

やはり逃しました



オキゴンベ



その辺をウロウロしましたが、

特に目に入る事無く、浅場へ目指しました。

帰る途中では、

大きな 「イズカサゴ」 が休んでました

さすがにコイツは、

肝が据わってるので全然逃げませんでした



イズカサゴ



まだまだ撮り足りないので

左の砂地へ行くと、

小ぶりの 「カスザメ」 を見つけました。

でも、撮り方が普通の時と一緒なので、

小さいのか大きいのか分かりませんね…。



小ぶりのカスザメ



いつもの段落ちの壁には、当たり前にいる 「アオウミウシ」 撮りました。

いつもは、完全に素通りしますが、

なんとなく良い場所で雰囲気がりそうな感じがしたので、

撮ってみたところ、気のせいでしたね



アオウミウシ



最後に、海から上がって他のガイドサンと話をしたら、

僕の頭上を マグロの群れ が通ったらしいです。

確かに水中で、声がしたなと思ったら…。

色々と逃げられた下見となりました

陸は暑いぐらいです。

 今週は、ずっと  の日々が続いていますね。

おかげで、洗濯物も良く乾くし、厚着をしなくてイイし、

言う事なし って思いましたが、

花粉がまだまだ飛んでいるので、辛い日々が続いております

海もベタ凪が続く 「秋の浜」 へ出掛けました。

陸は、汗ばむくらいで気持ちがウエットの気分になりますが、

海へ入ると、当然のごとくドライで正解だな…。 と思います

水温は 16~15℃ で透明度は 7~10㍍ です。

まだまだ冷たい海ですが、

徐々に春らしい生物も見られるようになってます。

EN/EX付近では、

タカベyg や メバルyg の群れも見られました。

すぐ近くの岩には 「トウシマコケギンポ」 がいます。

岩の周りに付いている海藻が、

とっても春らしい雰囲気でした



トウシマコケギンポ



今日は、正面の際を中心に攻めたのですが

全然ダメダメで、ウロウロしながら戻りました

途中では 「イガグリウミウシ」 が目に止まりました。

小さくても目立つタイプの ウミウシ ですね



イガグリウミウシ



このまま帰ると、マズイなと思い砂地へ行きました

沖へ進むと、

かなりグイグイ近づく 「ミノカサゴ」 に会いました。

あまりにも近づくので、

何枚か撮って逃げてきました



ミノカサゴ



その時に、

たまたま見つけた ボウズコウイカyg の子供を、

撮ろうと構えてたら、いきなり横切る魚の姿が一瞬ありました

何が起きた と見てみると、

口に銜えたその姿がありました

驚きをその一枚に残そう と、

必死に撮りましたが、なんとなく分かりにくい証拠写真となりました



ボウズコウイカの子供を捕食するアカエソ



後は浅場へ戻り、よく壁や岩に乗っている、

セイテンビラメyg?」 を撮りました。

かなり近くに寄って撮りましたが、

全く逃げない良い被写体となりました



セイテンビラメyg?



明日から週末ですね。

海の方も少しは賑やかになるとイイですね