FC2ブログ

産卵期

 今日は、良い天気になりました

久しぶりに1日中晴れていたので、気持ちがイイです

秋の浜」 へ行ってきました。

入ると、冷たさを感じる海でした

水温は 18~17℃ で、透明度は 10㍍ ぐらいです。

右のコースへ行くと、

まず始めに見つけたのは、「イガグリウミウシ」 でした。

白い部分が多くて、

フラッシュの光が強いと飛んじゃいますね

かといって弱すぎると暗くなるし、

なかなか難しい被写体でした



コピー ~ イガグリ




その帰り、

フラフラと戻る途中で、

ソフトコーラルに寄り添っていた

カワハギ」 がいました。

あまり見かけない光景でしたので、

気配を出さないように、恐る恐る近づきました



コピー ~ カワハギ




それから、

チャンスがあったら撮りたかった

クマノミの卵」 を撮りました。

この場所では、産卵してから間もないようで、

キレイ な赤い色でした



コピー ~ クマノミの卵(際)




別の場所では、

もう、ハッキリと目が見えてきました

そろそろハッチアウトが近いかもしれませんね



コピー ~ クマノミの卵(正面)




別のポイントでも、

クマノミ の産卵は、始まっているようなので

あちこちで、親 クマノミ は、忙しいそうですね

梅雨ですね

 今日は、朝からシトシト雨の始まりです

梅雨が戻ってきましたね。まだまだ雨の日々が続きそうです。

秋の浜」 へ行ってきました。

さすがに、海の中もどんよりしていて

透明度は 7~10㍍ で、水温は 19℃ でした。

黒潮情報を見ると、

冷たい潮の塊に覆われてるみたいです

早く、暖かい潮が近づいてくれないかな~

午後には、透明度は回復したようですが、

冬並みの水温になったようです

困ったものです…。

今日は、ほとんど下ばっか見ていたので、

ウミウシ オンリーとなりました

まず目にしたのは、

ミアミラウミウシ」 のペアでした

交接はしていない様子で、2匹とも海藻の上に乗っていました



コピー ~ ミアミラウミウシ(ペア)




その近くでは、

ミアミラウミウシ の様子を窺っているのか

キイボキヌハダウミウシ」 がいました。

最近、あちこち頻繁に出現しているので、

色んな種類の ウミウシ たちが、食べられているのでしょう



コピー ~ キイボキヌハダウミウシ




他の場所へ移動すると、

ニシキウミウシ」 の幼体が見つかりました。

今年は、良く見つかっていますね

例年だと、

そんなに見つかる事は無かったのですが、

当たり年なのかな



コピー ~ ニシキウミウシ(フルポン)




最後は、

リュウモンイロウミウシ」 を見つけました。

浅場によくいる事が多いと思います。



コピー ~ リュウモンイロウミウシ




しばらくは、

雨と付き合う日々となりそうです

真っ暗

 今日も 「秋の浜」 へ行きました。

入る前から水面を見ると、なんだか緑っぽいなぁ~と、

感じていましたが、やっぱり暗い海でした

透明度は3~5㍍ぐらいしかありません

こんなにヒドイとは…。

沖へ進んでも、二層に分かれてますが、

けっきょくは、暗かったです

それでも、めげずに ネタ 探しをしてました。

一緒に潜ってスタッフに教えた、

ビシャモンエビのペア」 を撮りました

大きい個体が雌で、小さいのが雄です。

エビ の世界も女性が強いのかな



コピー ~ ビシャモンエビ(ペア)




その後、深場へ目的の サカナ を探しましたが、

目に入ってこないので、諦めて砂地のコースへ行きました。

ハゼ 地帯には、

ネジリンボウ」 が出ていました

一緒に共生しているのは、

コトブキテッポウエビ です。

一緒に撮るのはタイミングが大事ですね

全身出ていれば、文句なし なのですが、

そこまでは、上手くはいきませんでした



コピー ~ ネジリンボウ&コトブキテッポウエビ




帰る途中では、

大きな岩に トゲトサカ が密集している場所で、

イソコンペイトウガニ」 がいました。

けっこう大きな個体です



コピー ~ イソコンペイトウガニ(大)




浅場へ戻り、

いつもの壁を見ていくと、

オキナワベニハゼ」 がいました。

穴の奥の天井付近にいるのですが、

僕の  では入らないので

ストロボ×2&アームを外して、

カメラだけ奥に入るようにして撮ってみました

なかなか難しかったのですが

以外と、撮れたのでよしとします



コピー ~ オキナワベニハゼ




天気も、まずまずの1日でしたが、

海の中は、どんよりなので早めに回復してもらいたいです

とりあえず

 今日は、予定通りの下見の日となりました。

朝から天気も良くて、海もベタ凪です

目的の ネタ を撮りに 「秋の浜」 へ行きました。

まず始めは、ウチのスタッフの2人に、

別のネタ を教えてから行きました

前々から他のガイドサンに教えてもらったやつを、

先に撮ろうとしたのですが、

残念な結果となり、

前にガイド中に発見した ネタ を撮りました。

フタイロハナゴイyg」 です。

あちこち出てきているようで、

今回のやつは、ちょいと深めの場所にいました

何年か前に一度、撮った事があるのですが、

今回のは、大人しいやつで、

撮りやすかったです



コピー ~ フタイロハナゴイ




帰りには、

クマノミyg」 を撮りました

今年は、出現するのが早い方だと思います。

別の場所にもいたり、

クマノミ夫婦なんかは、産卵もしています


 
コピー ~ クマノミ幼魚




そして、ハシゴ付近の穴を覗くと、

巨大な 「ネコザメ」 がいました

何日も同じ場所にいるようです

本当に大きな個体でした



コピー ~ 巨大なネコザメ




ハシゴに到着すると、

カンパチ若魚の群れ」 がぐるぐると回っています。

何度も、ハシゴの回りを泳いでいるので、

自分も追いかけて撮りました

1匹だけ違う サカナ も混ざっていました。

たぶん、 ワラサ の子供だと思います。



コピー ~ ショッパチの群れ




他にも撮りたいのがいるので、

明日も潜れたら行こうと思います

感謝です。

 久しぶりの更新です

今日は、週末の案内の時にゲストの方と一緒に

 を持って入れたので、感謝です。

ただ、もの凄く透明度が落ちてしまい

水温も低く感じました

透明度は、5~7㍍ぐらいで、水温は19℃です。

正面の際と右~正面のコースへ行きました

ちょっと深い場所には、

トサヤッコyg」 がいます。

昨年から観察出来ている個体だと思いますので、

越冬個体なのかもしれません



コピー ~ トサヤッコyg(♀)




右側のコースへ行く途中で、

岩場の上で 「ヤマドリのペア」 がいました

2匹並んでいたので、

産卵行動でも始めるのでしょうかね



コピー ~ ヤマドリ(ペア)




移動してから、

ゲストの方が撮っていた

サメジマテナガダコ」 がいました。

初めは、石に何か隠れてるのかな と

思いましたが、近づくと タコ だったので、

ビックリしました



コピー ~ サメジマテナガダコ




そのまま、沖へ行くと

たぶん 「アンナイボウミウシ」 がいました

アンナ にしては、大きい個体だったので、

もしかしたら、タテスジイボウミウシ かもしれません


 
コピー ~ アンナイボウミウシかな?




浅場の転石付近には、

大きな 「ミスガイ」 がいました

近くに卵もあったので、

何個体かいるかも知れませんね



コピー ~ ミスガイ(秋の浜)




そして、平日の案内の時に見つけた、

イソコンペイトウガニ」 を撮りました

自分で見つけるのも、随分と久しぶりでした



コピー ~ イソコンペイトウガニ(浅場)




明日は、久々に下見が出来そうなので、

平日と週末に見つけた&教えてもらった

 ネタ を撮りに行こうと思います