FC2ブログ

白濁り

 今日は、 「ケイカイ」 へ行きました。

天気も良くて暑いので、ウエットスーツで潜り始めてます

水温も 21℃ 透明度は 7~10㍍ ぐらいでした。

白濁りが気になりますが、

潮回りが良くなれば、綺麗になると思います

沖のトサカが沢山付いている壁で、

ボブサンウミウシ」 がいました。

前にも潜った時に見ましたが、

ケイカイ は多いのかな



コピー ~ ボブサンウミウシ2(ケイカイ)




砂地の広場を抜けて行くと、

海藻に乗っている 「ニシキウミウシ」 がいました。

赤色が多いタイプのやつですね



コピー ~ ニシキウミウシ(赤色)




浅場へ帰ろうとした時に、

テンロクケボリガイ」 が、プラ~ンと垂れ下がっていました。

コレは面白い絵になるなと思い撮りました

写真にして分かったのですが、

目がありますね。つぶらな瞳がカワイイやつでした


 
コピー ~ テンロクケボリガイ




その後は、

特に目ぼしいものは見つからなくて

浅い場所の最後の壁を見ていきました

そこには、 「キビレヘビギンポ」 がいました。

ちょこまかと動きまくるやつなんですが、

この個体は、大人しいイイ個体でした



コピー ~ キビレヘビギンポ




最後は、

ムラサキウミコチョウ」 のペアを見つけました

水深も浅くて、

こんな場所に登場したら、

飛ばされちゃうと心配してしまう場所でした



コピー ~ ムラサキウミコチョウ(ペア)




良い天気は今日までらしく、

明日からは憂鬱の日々が続きそうです

落ちて上がるだけ

 週末は、案内をしましたが、

ゲストの方には、非常に申し訳ないと謝るばかりでした

トドメは、ビデオの時かな…。

すいませんでしたね~

初心に戻って気合を入れ直して頑張ります

落ちる所まで、とことん落ちた後は

這い上がるだけなので、

平日になったら、急上昇してしまいました

昨日も案内をしてましたが、

今日は、下見をしに 「秋の浜」 へ行きました。

まず始めに見つけたのは、

ネジリンボウ」 でした。

近づいても全然逃げないイイ個体でした



コピー ~ ネジリンボウ(正面)




その近くでは、

昨日の案内の時に、

見つけた 「カミソリウオ」 です。

発見した時は、思わず叫んじゃいました



コピー ~ カミソリウオ




そして、週末の案内の時に偶然見つけた、

クチナシツノザヤウミウシ」 も見つかりました。

別個体でしたので、2個体目になります



コピー ~ クチナシツノザヤウミウシ




それから移動して、

正面の際へ行きました。

そこには、 「シロタスキウミウシ」 がいました

岩の亀裂には、

ミナミハコフグyg もいました。

どんどんと、季節来遊魚が増えてきました



コピー ~ シロタスキウミウシ




浅場へ戻り、

ベニカエルアンコウ」 が2個体見つかりました



コピー ~ ベニカエルアンコウ(浅場)




こちらの個体は、

鮮やかな色合いを出してますね



コピー ~ ベニカエルアンコウ(浅場2)




浅場の壁へ戻ると、

ニシキウミウシ幼体」 もいました



コピー ~ ニシキウミウシ(幼体)




この時期にしては、

早い登場の生物が出て来たので、

これから、どんどん期待できそうな感じがします

ただ、週末に来てくれたゲストの方には、スミマセンでした

ラッキーな日

 今日も週末の案内をするので、

秋の浜」 へ下見に行きました。

朝早い訳でもありませんでしたが、 

秋の浜 へ着くと、誰もいませんでした。

一番乗りで海に入るのも気持ちが良いですね

正面のコースへ行きました。

ハゼ でも探そうとしていたら、

ツノザヤウミウシ」 を見つけました

まだ見られるんですね~。

とってもラッキーな発見でした



コピー ~ ツノザヤウミウシ




さらに、新しい発見をしました

ヤシャハゼyg&ホタテsp」 を見つけました

さすがに臆病者で

何度かトライをして、撮れました

小さい個体は、赤色ではなく黒っぽい色なんですね。

クダゴンベ なんかも同じような色の変化があります。



コピー ~ ヤシャハゼygとホタテsp




2つの新しい発見で、

今日は終了です。明日には見せれると良いですね

鮮やかな

 本日も 「秋の浜」 へ行ってきました。

昨日よりは ウネリ は収まってきてますが、

まだまだ浅場は揺られます

今日は、深場の妖美な色を出している サカナ を撮りに行きました。

始めは、 「イガグリウミウシ」 が目に止まりました。

この個体は、前の名前で言うと ニセイガグリ っぽい感じです。



コピー ~ イガグリウミウシ




その後は、

綺麗な色を出している 「キシマハナダイ♀」 を撮りました。

他の ハナダイ と混ざっていましたが、

この個体だけが大変目立つ存在でした



コピー ~ キシマハナダイ(メス)




このまま見惚れてると大変な事になるので

急いで戻る途中に、

偶然見つけた 「キシマハナダイyg」  がいました。

自分が見た中で、過去最小のサイズでした

上手くは撮れませんでしたけど…。



コピー ~ キシマハナダイyg




そして、

浅場へ戻り小石を捲っていたら、

ヨコシマエビ」 が出てきました。

普段なら、素早く居なくなってしまうのに、

この個体は、大人しくしてました



コピー ~ ヨコシマエビ




上がって来たら、強い南西の風が吹いて、

東からの ウネリ とぶつかってバシャバシャでした

明日こそは、穏やかな海になってもらいたいです

ウネリは…。

 台風と低気圧 の通過後は、

カラッと晴れて気持ちが良い1日でした

若干、落ち着きを取り戻しつつある、

秋の浜」 へ行きました。

波のパワー は、時より強く当たりますが、

沖へ出ると影響も少なくなりました。

浅場はまだまだ揺られますけど…。

今日は、ついにシーズンに突入した

アオリイカの卵」 の場所へ行きました。

2~3日前に産卵したばかりで、

真っ白の キレイ な状態です

残念ながら産み付けに来る親たちは見れませんでした

水温は 22~21℃ ぐらいで安定してるし、

今年も、漁礁を作って設置したいです

毎年恒例になっているので、

今から楽しみですね



コピー ~ アオリイカの卵(右)




その後は、正面のコースへ行きました。

途中で、紫色の スナイソギンチャク  に、

ミズヒキガニ」 がいました。

冬場によく目にする甲殻類ですが、

もしかしたら、時間帯によって冷たい潮が上がってきてるから、

見れるのかも知れませんね



コピー ~ ミズヒキガニ




浅場の ネタ 探しは、

ウネリ が強くて撮影も探すのもイヤになっちゃいます

そんな訳で、

いつもの場所にいる 「ハナタツ」 を撮り、

さっさと上がりました。



コピー ~ ハナタツ(黄色)




早く、落着いた海に戻って欲しいですね

今の時期から荒れるようでは、

 ~  にかけてどうなってしまうのでしょう

悪い想像はしたくありませんが