3日間の案内は

 ここ3日間は、 「秋の浜」 を案内をしました。

天気も良くて、

素晴らしいコンディションだと

書きたい思いたい気持ちは山ほどありますが、

現実は残酷ってもんです

初日は、まずまずでしたが、

2日目は雨の日でやられて

今日は、風が冷たい1日でした

そして、案内を終了したのち晴れ間が…。

そんな事もありますが、

とっても素晴らしいお天気や海もあるから

苦あれば楽ありですね

写真は前のを使用してますが、

こんな場所の所を行きました。

ゲストの方も気に入っている場所のひとつです



ワイド(アサヒの根)




その場所の中ほどへ行くと、

オシャレハナダイ」 が2匹もいました

前にも案内の時に2匹いっぺんに見れた事もありました

写真は1匹だけですけど



コピー (2) ~ オシャレハナダイ(大)




最後は、

しばらく見つからなかった

インターネットウミウシ」 が目に止まりました

ちょこっと場所を移動しましたね。



コピー ~ インターネットウミウシ




明日からは、

GW前半戦ですね

沢山のダイバーが大島の海を

楽しんでもらえれば幸いです

しばらく、ブログはお休みにします

GWが終わって

一段落したら再開したいと思います

でも、書き終わって考えてみたら、

GWの前半と後半の間に、

潜れるな~ と思ってきたので、

やっぱりお休みはちょっとだけかな…。

暖かいね~

 今日は、 「秋の浜」 へ行ってきました。

天気もよく海も穏やかで、風も凪です

早速、海の中へ入ると、

暖かい潮になっていました

ドライでも快適な水温で、透明度も良かったです

気持ち良い透明度なので、

深場の ハナダイ の場所へ行きました。

そこには、 「アサヒハナゴイ」 を確認しました。

前々から居るとされる場所だったのですが、

見つからなくて、ようやく見つける事が出来ました

それにしても、相変わらず派手な色合いで、

とっても キレイ なヤツでした



コピー ~ アサヒハナゴイ




そのまま、 ハナダイ マジックに魅了されると

大変な事になるので、

さっさと浅場の壁へ戻りました

そこには、週末の案内でも見た 「ハナタツ」 がいました。

ほぼ、真っ黄色のキレイなヤツですね

ハナタツ のなかでも大人しくて、

撮りやすかったなぁ~


 
コピー ~ ハナタツ5




明日から、ゲストの方を案内します。

良い海と天気に恵まれますように

期待したのに

 今日は、黒潮の影響を受けているに間違いない と思い、

王の浜」 へ行きました。

期待通りの水温で、なんと  21℃ もありました

でも、透明度は悪かったです

沖へ向かうと、やはり流れがありました

何時も通る、根ノ上には 「テーブルサンゴ」 があります。

王の浜 の見所ですが、

サカナ は全然いませんね



コピー ~ テーブルサンゴ(王の浜)




沖の砂地へ出ると、

ネコザメ」 がポツンと休んでいました。

ゆっくり近づきながら撮ろうとしたんですが、

さっさと逃げられました



コピー ~ ネコザメ(王の浜)




そして、沖の根をぐるっと回って、

壁を見ながら進むと

ニシキウミウシ」 がいました。



コピー ~ ニシキウミウシ(王の浜)




その近くでは、

テントウウミウシ」 を見つけました。

以外と大きなサイズだったので、

ビックリしました



コピー ~ テントウウミウシ(王の浜)




壁の下には、

テングダイ」 もいます

この場所に行く度に見るので、

お気に入りの場所なのでしょうね



コピー ~ テングダイ(王の浜)




水温が高いので、

今日は長く潜っても寒さは感じませんでした

よく吹くね…。

 週末は、呆れるほど北東風が吹きました

ゲストを連れて、 「トウシキ」 と 「秋の浜」 へ行きました。

トウシキ では、初めて入るゲストの方もいました。

まだ、下の駐車場は整備がされてないので、

沢山歩いてもらいましたね。(ゴメンなさい

海に入ってみると、

抜群の透明度と、そこそこ高い水温で最高でした。

黒潮の影響を受けてますね

そのおかげで、沖はビュンビュンに流れていましたが…。

手前の壁では、

ゼブラ模様の 「ソウシカエルアンコウ」 が健在でした

前に見た時は、

2月で、出初めが1月ですから、

3ヶ月も同じ場所にいるようです



コピー ~ ゼブラソウシ




沖の方へ行く途中では、

アオウミガメ」 が2匹見れました

ただ、1匹は片腕が無くて、

泳ぐのも大変そうでした

頑張って生き抜いてもらいたいです



コピー ~ アオウミガメ




変わって、昨日の午後と今日の午前中は、

秋の浜 へ行きました。

ここでは、

深場に 「ナノハナフブキハゼ」 を見に行きました。

真っ白に近い色なので、

遠くから確認できるありがたい ハゼ です



コピー ~ ナノハナフブキハゼ(白色)




その後すぐに、

カンパチ と イサキ の超大群に遭遇しました

昨日の ログ の時に、

群れはイイよね~ なんて話をしていたから、

嬉しさ満点でした

帰り掛けには、

オオモンカエルアンコウ」 を見ました。

他には、浅場の壁で ハナタツ を数個体見つけて、

上がってきました。



コピー ~ オオモンカエルアンコウ




この時期は、春濁りが始まってもおかしくないのに、

どのポイントでも透明度はよく、

水温も高かったようです

黒潮バンザイの週末でした

風さえ吹かなきゃね…。



見つかった!

 今日は、午前中はまだ降っていなくて、

今がチャンス と思い、 「秋の浜」 へ行ってきました。

海も静かでベタ凪です

正面のコースへ行ってきました。

何かいないかな~ と下ばっか見ていたら、

ニシキウミウシ幼体」 が見つかりました

もの凄く小さくて、1㌢あるかないかぐらいの個体でした。

 のデジタルズームいっぱいで撮ったので

かなり画像は荒れてます

僕自身は、  に見かけるイメージが強いのですが、

 にも出てくるんですね



コピー ~ ニシキウミウシ幼体




そして、浅場に戻り

ハナタツ」 探しをしたら、

4個体見つかりました

1番初めに見つけた ハナタツ は、

写真を撮ろうとしたら見失ったため、3個体のみです

下の個体は、

2番目に見つけた個体です。

赤と白の色合いがイイですね



コピー ~ ハナタツ2




3番目のは、

黄色の個体でした。

秋の浜 ではよく見られるタイプと思います



コピー ~ ハナタツ4




4番目の個体は、

ハナタツ の色でもっとも多いタイプですね



コピー ~ ハナタツ3




様々なタイプの個体が見つかって、

楽しめた1日でした