寒くなりました

 振り返るのも早い気がしますが、

今年は、特に北東風が多い一年だった気がします

だいたい荒れる時は、北東風が多くて

全ポイント壊滅状態なんて事もありました

今日は、風も無く穏やかな1日でした

今年の下見は最後になるだろうと思い、

秋の浜」 へ行きました。

最初に、白の 「イロカエルアンコウ」 を見ました。

着底してましたが、岩に寄り添っているので、

この場所がお気に入りなんでしょうね



コピー ~ 白イロ2




それから、沖に進み

いつもの場所にいる 「ハナタツ」 を見ました。

クネクネ動かずに、ジッとしてくれたので、

撮りやすかったです



コピー ~ ハナタツ




さらに沖へ進むと、

久しぶりに 「コモンウミウシ」 を見つけました。

小さくて可愛いサイズです



コピー ~ コモンウミウシ




そのまま、際の方へ進むと、

移動中の 「カンナツノザヤウミウシ」 がいました。

大きい個体でしたね



コピー ~ 移動中のカンナ




そのまま浅場へ向かい、

砂地の方へ行きました。

下を見ると 「ホウボウ」 がいました。

バシッと撮ると、フラッシュの光に驚くようで

何度も撮りました

さすがに、イヤだったようで

沖の方へ逃げてしまいました



コピー ~ ホウボウ




その近くの岩場には、

変わらず 「クマドリカエルアンコウ」 がいます。

クマドリ は、けっこう動いていなくなる事が多いのですが

この個体は、持ち応えてますね

新年の初めぐらいまでいると嬉しいですね



コピー ~ クマドリ2




最後は、浅場の壁にいる、

肌色の 「イロカエルアンコウ」 を見つけました。

まだまだ同じ場所にいますね



コピー ~ 肌色のイロ




他には、フリソデエビ も変わらず同じ穴にいました。

来年まではいるでしょうね

そのまま繁殖してくれたら最高なんですけど、

水温も低いし寿命もあるだろうから無理かな~

澄みきった海

 今日は、低気圧の通過後で天気も良く、海も最高でした

今年最後の3連休は、荒れちゃいましたけど

最後の日は、みなさんバッチリ潜れましたね

秋の浜」 に行きました。

水の中も青く、遠くのダイバーがハッキリ見えました

こんな良いコンディションで、

ワイドの写真が撮れるのは嬉しいです



コピー ~ 1224ワイド




これは、ちょっと明るすぎかな

もう少し  サカナ  が絡むと最高なんですけどね。




コピー ~ 1224ワイド2




紫色のトサカが 綺麗 だったので、撮ってみました



コピー ~ 紫トサカ




この壁は、沢山のダイバーが必ずと言っていいほど、

お世話になっています

色んな  ネタ  がいたなぁ~。



コピー ~ オーバーハングの壁




最後は、自分の吐いた泡を、撮りました

ボーっと水面を眺めていたので、

気持ちが良かったです



コピー ~ 水面下




今年もあと、一週間で終わりですね

来年も頑張りま~す

月明かりの夜

 今日は、午後の遅い時間に潜りに行きました。

超久しぶりに 「野田浜」 へ行きました。

自分の中で、狙っていたのが見つかって良かったです

それは、 「ベニシボリガイ」 です。

サイズは小さいですが、 貝殻 がとても キレイ ですね

それに、小さい個体の方が、

ヒラヒラが淡いブルーなのがさらにステキです



コピー ~ ベニシボリガイ




夢中になっていたら、

どんどん暗くなってきたので

慌ててアーチへ向かいました

そこには、

アオサハギ」 が、しがみついていました。

この状態を見ると、

もう夜だな…。と思いましたね



コピー ~ アオサハギ




ペアで休んでいるのもいました。

カワイイですね



コピー ~ ペアのアオサハギ




と思ったら、

3匹になりました



コピー ~ 3匹のアオサハギ




最終的には、4~5匹になったかな。

その後は、完全に ナイト でしたね

水中で見えた、月明かりが心和む一時でした

でも、怖かったけどね…

こんな場所に

 ようやく、肩が凝る新年の贈り物が終わり

一息ついたので、 「秋の浜」 へ行きました。

今日は、風もなく穏やかな1日でした

正面の方へ出掛けると、 「ウデフリツノザヤウミウシ」 がいました。

もう、何個体も見つかってるので、

探すのも楽チンです



コピー ~ 移動中




その近くには、

カンナツノザヤウミウシ」 が、食事中でした。

2個体見つかりました

まだ探せば、見つかるでしょうね



コピー ~ 食事中




 のひらサイズの ヤギ類を覗くと、

小さな 「アカスジカクレエビ」 が沢山いました。

ほぼ、透明ですね

目を凝らすと、いたいた ってなります



コピー ~ アカスジカクレエビ




それから、砂地の方へ行き、

まだ同じ場所にいる 「クマドリカエルアンコウ」 を確認しました。

ラッキー な事に、3回もあくびをしてくれました

それでも、なかなか上手には撮れませんね



コピー ~ あくび




他には、週末にも見に行った、

オオモンカエルアンコウ」 もいました。

一度、いなくなったんですが

元の場所に戻ってくれたので、助かります



コピー ~ オオモン復活




そして、

 個体の 「オオモン幼魚」 もいました。

週末に案内をした時にも、2個体見せれたのが良かったです



コピー ~ NEWオオモン幼魚




最後は、こんな場所にいたのって、

何年ぶりだろう って場所に、

ソウシカエルアンコウ」 を見つけました

ソウシ にしては、小さい個体ですが、

カエルアンコウの中でも、1番大きくなるヤツです



コピー ~ ソウシカエルアンコウ




写真は撮れませんでしたが

フリソデエビ は、 個体いました

今日は、 カエルアンコウ 祭りの海でした

週末の案内

 今週は、久々のゲストを迎えて、

秋の浜」 へ案内をしました。

さすがに、陸も海も冷たく感じる週末でした

風が吹かなければ、問題ナイですけどね~

平日にも見る事が出来た、 「カンナツノザヤウミウシ」 を見ました

もちろん、 ウデフリツノザヤウミウシ も見れました。



コピー ~ カンナツノザヤウミウシ




右のトサカ林には、

おとなしい 「クダゴンベ」 が見れました。

ゲストの方もバシッと撮っていましたね



20071112200836.jpg




そして、昨日は自分で見つけたのに、

今日は、ゲストの方が発見した、 「ニシキフウライウオ」 もいました。

岩の隙間に隠れていたので、

見つけるのに時間が掛かりました。 (言い訳です )



20071023170650.jpg




他には、 オオモンカエルアンコウ×2・クマドリカエルアンコウ・イロカエルアンコウ×2

ヒメテグリ・ヤマドリyg・イヤゴハタyg・ハナタツ・ベニハゼsp・ヤマブキハゼ

ヒレナガネジリンボウ・ヤシャハゼ・カミソリウオ×2・ガラスハゼ

ムチカラマツエビ・イボイソバナガニ・ニセボロカサゴ×2+yg
 などなどです