ぶっつけ本番で出ちゃったね。

 今日は早朝ハンマーヘッドシャーク狙いで超早起きです。

リサーチではずっと惨敗しまくって、心が折れていたんですけど、

参加ゲストさんがやってみたい! その一言に後押しされて開催です。

昨日までの潮の流れや透明度の回復にイサキたちの群れ。

自分の経験上の一定条件を満たしていたため期待は出来そう。

ただ、今朝の時間帯は満潮少し前のエントリー時間。

潮の流れがあるかどうか???

入ってすぐに、アオウミガメの息継ぎが見られて。

この雰囲気はヤバいな。。。

流れも逆だし、全体的に白っぽい濁りもある。。。

あ~。。。 これはやったな。 惨敗の気配が濃厚かと。

向かう道中で、ネコザメがいたからそれで誤魔化そうかな?

カスザメも探そうかな?

でもな~。。。

そう思っていた時に、単体のハンマーがゆっくりと僕の前を通ります!!!

おっ!!! きたぁ~!!!!!

すぐにベルを鳴らしまくり、指をさしまくりでゲストさんに教えます。

ちょっと距離が離れていたせいか、うっすらとその姿を確認。

ん~。。。 出始めだから仕方ない。

もう少し待ってから沖へ移動。

でもやっぱり手前に帰るその時に、反対側からまた単体のハンマーが!

これは見れるチャンス!!

ここもなんとか見れた感じ。

そろそろ時間が来る頃だし、エアーの残りも考えて戻る時でした。

浅場から5~6匹のハンマーたちがやってきます!!!

最後のチャンス! 

そう思って必死に教えてようやくその姿をゲット。

いや~。 本当に良かった。

ぶっつけ本番でヒヤヒヤしてましたけど、

やってみたい! と、後押しの一声で開催出来ました。

ありがとうございました~。

というわけで、今年も伊豆大島の早朝ハンマー開始です!

でも、明日以降から台風崩れがやってくるからまたしばらくお休みかな?

ではまた~。

ポイント ケイカイ 曇り 気温24℃ 北東4m╱s

波1.5m うねりややあり 水温21℃ 透明度12~15m 中潮

動画メインで考えていたので、流されてくるクラゲの写真を。

今朝は、大きなカンパチやクエにイッセンタカサゴ、

ネコザメにアオウミガメとアカエイなどなど見所が沢山ありました。

メインはハンマーですけどね。

P6170700.jpg 

水深が浅すぎてダイコン鳴っちゃった。。。

写りはイマイチですが、5~6匹のハンマーでした。

今年も大きいハンマーですよ!




風に翻弄されながらも。

 今朝は早起きして、

6時前にはすべてのポイントチェックを終えるという、

狂ったかのように。。。

だから何?! といえば、それまでですけどね。。。

それだけ前日から風が吹き、予報は最悪な感じでした。

北東風とウネリに、南からもウネリがある?!

全部囲まれちゃた感じ? 何処に入れるの???

そんな風に思えたのですが、

よくよく時間が経てば、ケイカイも野田浜も入れました。。。

明日は早朝ダイビングへ出掛けます。

ではまた~。

ポイント ケイカイ&野田浜 曇り時々小雨 気温17℃ 北東7m╱s

波2m うねりややあり 水温19℃ 透明度15m 中潮

ケイカイでのワンシーン。

カスザメと一緒に。

P6160607.jpg 

潮が入り込み、透明度も上がり海藻も吹っ飛んでいきます。

P6160585.jpg 

野田浜ではツバメウオの群れと一緒に。

P6160636.jpg 

アーチにはテングダイがペアでいました。

P6160681.jpg 


全体的な感じかな???

 今日は島内ゲストさんをお迎えして、午前中に2ダイブ。

お昼を挟んでからスキンダイビングの練習を目の前の海水浴場で行いました。

秋の浜では、リクエストのホタテツノハゼやジョーフィッシュ。

クダゴンベなども無事に見る事が出来て。

名前が改称されたオキナワヒオドシウミウシもいたり。

前の名前はインターネットウミウシで通称として周知されてましたが。

しっくりこないけど、いずれね。

午後のスキンの練習は、ドルフィンスイムに向けて練習をじっくりと。

最初はなかなかでしたが、徐々にコツをつかんであっという間に出来ちゃって。

教えがいがないのが自分的には不満だったけど。。。

きっとイルカも振り向いてくれるでしょう(たぶんね)

伊豆大島の海とは違い、荒波にもまれて船酔いも経験する事でしょう。

頑張って~。

梅雨の中休みで晴れは今日までらしいけど、

またすぐ晴れるかな。

海の中は、全体的に暗めでした。

ヒンヤリゾーンもあるので、まだ不安定な感じなんでしょうね~。

また近くに寄ってもらいたいですね、黒潮。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り時々晴れ 気温24℃ 北東4m╱s

波1.5m うねり弱 水温19~21℃ 透明度10~12m 大潮

前回はカメラ内が結露したため、

今回はリベンジのジョーフィッシュエリアへ。

無事にじっくりと撮影タイムに入ってます。

P6140442.jpg 

伊勢海老とちょっと遊んでみて。

P6140520.jpg 

コロダイとゲストさん。

P6140540.jpg 

ギンポエリアは最後にじっくりと。

P6140558.jpg 

最後の最後でニジギンポの住処を。

ちょっとシャイな感じでした。

ビンの中には卵がびっしりと入ってます。

P6140575.jpg 


台風が過ぎ去った後の海へ。

 昨日も入れたんでしょうけど、

さすがに明けてすぐはウネウネだったり、

海藻がモワっと舞い上がってたり、透明度もイマイチだろうし。 

そんなわけで休んでました。

今日は静かになったので出掛けてみることに。

ウワサでは、昨日は入った人が冷たかったよ。。。

そんな話を聞いたので、ロクハンからドライに変更して。

やっぱり正解といえば正解だったかな。

天気次第ですね。

最初は、付かず離れずの距離で真鯛がずっとそばに。。。

P6130356.jpg 

何でか分かりませんけど。

これだと、他の生き物が出てこないだろうと思って、

写真を撮りまくったら逃げていきました。

大きなカリフラワーのようなソフトコーラルにコシオリエビの仲間。

P6130364.jpg 

ホタテツノハゼを確認してから真下を見たら、

P6130405.jpg 

クチナシツノザヤウミウシがいました。

P6130394.jpg 

いろいろと確認してから浅場で、

何故か? ヒレ全開のオビアナハゼを。

P6130411.jpg 

求愛行動中だったのかな?

それとも何かあったのか?

今日は??? が多いリサーチダイブでした。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り時々晴れ 気温24℃ 北東4m╱s

波1.5m うねりなし 水温19~21℃ 透明度10~12m 大潮

毎年のように流されてやってくる季節来遊魚のブチススキベラ幼魚。

全然ピントが合わないけど。。。

小さくてフラフラゆらゆらと泳ぎ去ったと思えば、

こちらに向かってきたり、変則的な動きで惑わされます。

P6130431.jpg 


夏のような日差しに恵まれて。

 今朝からグンと気温が上昇中の伊豆大島です。

真夏のような日差しが照らし続けた一日でした。

そんな好条件のもと、今日も秋の浜をメインにご案内です。

やはり、リクエストであるホタテツノハゼからスタート。

昨日の二本目も見れましたが、すぐに巣穴へ。。。

今日はどうか?

やはり少し臆病なところがありますが、

しばし時間を置いてから再び。

しっかりと撮影されていました。

今日で終了でしたが、明日の天気を考えたらずらして正解だったかも?

進路が少し上がってきた感じの台風なので、

明日は対策をしてお休みです。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温26℃ 南西4m╱s

波1.5m うねり弱 水温20~21℃ 透明度10~12m 若潮

じわりじわりと接近中のゲストさんたち。

上手く撮れましたかね???

P6090202.jpg 

海も青くて素敵です♪

P6090251.jpg 

ちょっと遊ばせてもらって。

P6090325.jpg 

浅場もキラキラしてます。

P6090346.jpg