気付いた時にはハシゴだった。。。

 今日は午前中に草刈りをして、

干場やデッキ周りを少しキレイにしときました。

ゴールデンウィーク前にはやっとかないとですね。

晴れ陽気になったし、気温も高いからインナーは薄めで。

最初の失敗はインナー。。。

海に入ってみると、池に冷たく感じます。

気温が高いだけに余計にくる冷たさ。

とりあえずそれは我慢が出来るとして、

ゲストを連れての他ショップのガイドさんもいたので、

ヤシャハゼは確認だけ。

15℃台でも出てるものですね。。。

その後はウミウシだったんですが、

なんかストロボの光が回らないな?

気のせいか???

そうこうしているうちに時間は経つので、

また別のウミウシを。

ハシゴまで帰ってきた時に気付いたのは、

ケーブルを差し込むケースがズレてた。。。

どうりで発光しないわけです。

エントリー時にカメラを下に向けたいた時に、

外れ掛かっていたようで。

明日はウミウシ大好きヘビーリピーターさんを迎えて海へ行きます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れのち曇り 気温22℃ 北東╱南西6~2m╱s

波1.5m うねり弱 水温15~16℃ 透明度10~12m

若潮

ジョーフィッシュの時にあれ?って思ったんですけどね。

P4267477.jpg 

春のウミウシ。ヒラミルミドリガイ。

P4267490.jpg 

クチナシは二個体見つかりました。

P4267510.jpg 

こっちはかなり大きめ。

P4267518.jpg 

ヘビギンポが浮遊系になっていたので撮りましたが、

よく見たら尾鰭が食い千切られてますね。

たぶん、オビアナハゼの仕業でしょう。

この後におかしい原因に気付いた。。。

P4267521.jpg 


昨夜と今夜の違いは。

 昨夜のライトトラップリサーチが良かったので、

今夜も少しだけ時間をずらして行ってきました。

違いがあるとすれば、

潮の流れが昨夜とは逆方向で少し強め。

ライト設置時間帯も30分ほど後にずらして。

少々の流れがあるため、

設置したライトが倒れたりもして安定がしなかった。

ん~。。。

何が違うのだろう???

昨夜にあれほど出たヤリイカ幼体はさっぱり。

同じ岩と水深で行いましたが、

ライトの数が違うのもあるのか?

それとも出物が変わった?

水温は昨夜とほぼ変わらず。

浮遊物は少なめでした。

まあまあ、こうやって試行錯誤して悩む時が、

一番楽しい時間だろうから、

月別や天候に潮汐の時間、上弦の月に向かう潮回り。

数々の変動が面白さも変化すると思って。

またやっていこうと思います。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り 気温17℃ 東1.2m╱s

波1.5m うねりなし 水温16~17℃

小潮(7.0) 潮流ややあり。泉津→岡田方面

干潮3:47・16:45 満潮8:36

アカダマクラゲ? この手は沢山いて分かりにくい。。。

でも自分なりに綺麗に撮れたからヨシとします。

P4237423.jpg 

ベラ科の稚魚らしきのがふらっとやってきて。

P4237426.jpg 

ヒメイカ。後ろ姿ばっかりで。。。

P4237447.jpg 

巻貝の幼生もふらっと。

P4237451.jpg 

フウセンクラゲ???

P4237461.jpg 

ヒメエダウミウシらしきウミウシもふらっと流されてきて。

P4237468.jpg 


いろいろとタイミングが良かったかも。

 日中のガイドも終えて。

気になる稚魚の事を考えると、もしかして!?

そう思い立って今夜は2ショップでライトトラップリサーチを。

急で時間も無くての事でしたが、

いろいろとタイミングが良いと思いました。

下げ潮いっぱいの時間帯から日没からの上げ潮までの時間帯。

風向きと夜の天気も。

日中の潮が変わるタイミングもあって。

凄く良い条件には遠いかもしれませんが、

今夜は季節モノであるヤリイカの幼体が登場しました。

イカの中でもひときわ可愛らしいというか、

なんでそんな色合いが出るの?

風鈴に散りばめた綺麗な色が出ているように思えて。

他にも、おや!? という稚魚を見つけては、

真っ暗な夜の海に消え去って。。。

逃した感は計り知れませんが・゚・(つД`)・゚・

それもまた一興で。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温18℃ 南6m╱s

凪 うねりなし 水温16℃ 小潮(6.0)

干潮2:27・15:25 満潮7:41・23:12

潮流 緩やかに岡田→泉津方面

ヤリイカ幼体。

素敵な色合いです。

P4227388.jpg 


昼前と昼後の違いがあって。

 今日はゲストさんを迎えての海へ。

忙しない日程のリピーターさんではありますが、

船の時間がだいぶゆっくりになったので楽になりました。

昼前と昼後に入った海では、

透明度は春っぽいのは変わらないけど、

ハシゴ近くで稚魚がピヨピヨと泳ぐのを見掛けました。

近づいて撮影してみたら、

カナガシラ属の一種と思われるヤツ。

日頃、浮遊系にも目が届くようになってきたおかげもあって、

ちっこいのも見つけられるようになったかもしれません。

そんな気配を察知して、

今夜はライトトラップを現地ガイド陣と共にやろうと思います。

ちょうど良い時間帯に上げ潮なので少し期待して。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温22℃ 南西~南4~7m╱s

凪 うねりなし 水温16~17℃ 透明度10m 小潮

ハシゴ近くの中層を漂っていたカナガシラ属の一種。

日中ですけど夜っぽくね。

P4227353.jpg 

ザルガイ科の貝がポツンと見つかったので。

ちょっと立ててみたら、バフッ!!! って動き出しました。

秋の浜では、

食べられてしまった後の二枚貝の貝殻だけはよく見かけますけど、

今回はちゃんと生きてる貝。

あまり見かけないというか、ちょっと目に止まったので。

P4227204.jpg 

一昨日よりは見やすい位置になったベニカエルアンコウ。

P4227217.jpg 

砂地方面へ行った際に、ペアで何組かのアオリイカを見ました。

証拠写真は単体ですが、

これは産卵しやすい場所を見に来たのかもですね。

上手く産卵床に来てくれたら。

P4227263.jpg 

ゲストさんが見つけてずっと撮影されていたヒョウモンダコ。

P4227322.jpg 


凪の海と晴れ陽気です。

 今日はベタ凪。快晴。ほぼ無風の陽気。

週末は更に気温が上がる予報で、ちょっと夏気分になりそう。

昨日の海は一点集中したので、

いつもの感じであれこれ探すように。

毎日のようにチェックする産卵床ですが、

いまだに痕跡はナシ。。。

もう少し水温がほしいところ。

ゴールデンウィークには間に合ってくれたら良いですね。

ずっと寄っていなかった場所へ行ってみたり、

いつものネタが元気にしていたり。

久々に見つけたベニカエルアンコウも。

浅場はライトの光が苦手なハゼと遊んできました。

小さいのは、レッドカラーの光も最小限にしないと、

あっという間に穴へ隠れてしまいますが、

大きい個体は意外と平気なものです。

隠れている穴が上向きだったり正面だったりと、

カメラワークが少々大変ではありますが、

それも遊びの延長だと思えば。

明日は用事で海はお休みして、明後日からゲストさんと海へ。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温24℃ 北東╱南西3m╱s

凪 うねりなし 水温16~17℃ 透明度10~12m 中潮

ベニカエルアンコウ。

すご~く穴の奥に隠れているため全体は。。。

エスカをちょろっと動かしてました。

P4207061.jpg 

ミナミハコフグ幼魚。

変わらず元気にしている様子でした。

P4207075.jpg 

オオモンハタ幼魚。

これはずっと同じ場所に住み着いていますね。

P4207099.jpg 

ヤナギウミウエラ。

なんか手みたいのがにょろ~んって。

P4207115.jpg 

フトスジイレズミハゼ幼魚。

久々に来てみたけど、やっぱり臆病なハゼ。

先々月に見た時はすぐ右隣にある、

ヒオウギガイに乗っかってたりしてイイ感じだったけど、

成長するにつれてヤメたかな?

P4207138.jpg 

フトスジイレズミハゼのペア。

ココは変わらず良く出てます。

P4207166.jpg 

ベンケイハゼ。

P4207179.jpg 

サガミリュウグウウミウシ。

コケムシをムシャムシャと。

P4207194.jpg