FC2ブログ

潮は止まっていた。。。

 今夜も現地④ショップ合同でライトトラップリサーチへ!

時間的に潮止まりだから仕方なかったけど、

それでも色々と出物が多くて良かったと思います。

捕食魚の傾向もよく分かってきたのも良い結果を得られたと。

新たな場所で試みをしましたが、

最初から良い結果を求めすぎても良くはないので、

時間帯と潮の動きも考慮しながらも、良い経験を積ませていただきました。

海から上がると、やけに今日は冷え込むなぁ~。 

そんな風に思っていたら、やっぱり星空がメチャクチャ綺麗です。

今夜と明日の夜は双子座流星群がピークだとか。

たまには、星空を眺めるのもいいかなと思いましたが、

夜の海に集中しすぎたので、風邪を引くとよくないから早めに寝ます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温11℃ 北東╱東5~3m╱s

波1.5m うねり弱 水温20℃ 小潮

干潮 1:42・14:13 満潮 8:59・19:05

教えてもらったアオイガイのオス。

見つける力はガイドとして重要ですね。

PC131547.jpg 

あんまり出会いたくなかったけど、

ウミケムシが数匹いました。。。

危険な生物も登場する事が分かったことも大事な要素のひとつですね。

これも潮止まりの時間帯だからかな?

PC131563.jpg 

何エビだろう???

PC131579.jpg 

アミ類が非常に多く、設置するライトの周りに大量に。

手ですくえるぐらい大量でした。

PC131610.jpg 

クラゲに乗っかるタコの幼体。

帰り道で遭遇しました。

PC131615.jpg 


激アツの夜の海は続く。

 昨夜は大荒れのためライトトラップは中止に。。。

その代りに、カメラマン誘致企画のメンバーと一緒に、

紀倫カメラマンさんと中村カメラマンさんとの親睦会へ!

まだまだ撮影もあるので、夜長にならないように。

そして、今夜は静かになった夜の海へ繰り出しました。

今回は別の場所で行いましたが、開始から中盤までは静かな状態。

潮の流れも弱く、クラゲやサルパ類も少ないです。。。

そんな中、また見つけちゃいました!!!

アオイガイもしくはタコブネの幼体。

でしたが、、、 殻から抜けて脱出されました。。。

そんな事があるんですね。。。

きっと殻を抜け出して身を守るために脱出したかと思われます。

慎重に観察をしなければ。よい教訓になりました。

後半に入ってからは、

潮の流れが入ってきた影響もあって続々と出物が登場!

最後の最後に、

数年前にイルカの観察をしていた時に、

波打ち際で見つけたのと同じようなオオサルパの中に入っていた、

アミダコと思われる幼体が現れました!!

友人ガイドがライトでずっと点滅させながら呼ぶので、

振り返るとその中に小さな小さなタコが入ってます。

今回は激アツの夜の海が続くので、

驚きの連続です。。。。。。。

普段ならよく見かけるような稚魚類や甲殻類でも大喜びするのに、

ここまで凄いのが連続連夜で登場するなんて。

伊豆大島の海は底知れぬポテンシャルを持っています!

さあ、寝よう(-_-)zzz

ではまた~。

ポイント 秋の浜 曇りのち晴れ 気温12℃ 北東╱東4~7m╱s

波1.5m うねり弱 水温21℃ 中潮

干潮 1:07・13:26 満潮8:18・18:29

ん~。。。 なんだろう?シリーズから見つかる。。。

PC121444.jpg 

ウキビシガイ。

PC121457.jpg 

アカイカ。ライトの光に吸い寄せられて現れます。

PC121470.jpg 

アオイガイもしくはタコブネの殻。。。

スーッと逃げていきました。。。

PC121479.jpg 

水面付近を漂うホテイエソ科の一種と思われる稚魚。

PC121487.jpg 

カレイ目ヒラメ科の稚魚。

PC121496.jpg 

ヒメダンゴイカ。

PC121506.jpg 

オオサルパの中に隠れていたアミダコの幼体と思われる個体。

潮の流れが重要ですが、

その流れに乗ってくるクラゲやサルパ類が多いのがカギですね。

オオサルパやクラゲもよく観察しないと、

何が出るか分からない。。。

PC121518.jpg 


前回のリベンジ成功!

 今日は島内ゲストさんを迎えてのご案内です。

朝方にビューっと風が吹いて、イヤ~な予感がしてましたが。。。

思っていたよりは荒れ方も昨日と変わらず。

そんなんで、秋の浜へご案内してきました。

前回のリクエストを外したので、今回こそは!!

一本目にハズレ。。。

悔しいから二本目にリベンジ成功!! 良かったです。

撮影をじっくりとしてもらうため、僕はゲストさんの風景のみで。

今日も青々とした海が広がってました。

良い潮回りなんですね。 水温も20℃をキープしてます。

陸は思いっきり寒々しい北風ですけど。。。

もういい加減に季節風の風になってくれないかな?

なったらなったで、水温が下がりますけどね。。。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り 気温10℃ 北東6m╱s

波2m うねり弱 水温20℃ 透明度20m以上 中潮

イロカエルアンコウ幼魚に夢中です。

ウデフリツノザヤウミウシもゲットしたし、

見たかったリクエストにお答え出来て良かったです。

ありがとうございました。

PC111437.jpg 


やったぜ!!!

 今日はカメラマン誘致企画の担当ガイドをさせていただきました。

中村武弘カメラマンさんをお連れして午後から秋の浜へ!

リクエストは、擬態する生物とダルマガレイ科の魚。

だとしたら、砂地エリアですね~。

リクエストのお話とブリーフィングを兼ねて、いざ水中へ向かいます!

まずは、ダルマガレイ科を探して。

年々数は減って来たものの、秋の浜ならコウベダルマガレイを紹介。

その後は、小さなヒラメも。

シロガヤに隠れるカゲロウカクレエビやホウボウがいたり。

浅場の壁へ戻った時に、ふと思い出したかのようにモクズショイの存在が。

隙間に上手に隠れていたのをそっと出して。

ハシゴ付近では、赤と黒のカミソリウオのペアも紹介しました。

撮影風景を離れた所から見ましたが、

あるアイテムを使用して撮影する姿がとっても印象的でした。

海から上がってお話を聞いたところ、

お手製のアイテムと素材を探して工夫をする。

素敵で情熱があるイケメンのカメラマンさんです!

勉強させていただきました。ありがとうございます!!

そして、今夜もライトトラップへ駆り出します。

今夜もタコの幼体をメインとしながらも、新たな未知なる生物を求めて。

ライトを設置する時に向かう場面で、

クラゲやサルパ類が数多く見られます。

そしてちょっとイヤ~な流れも。。。

でも、何かしら登場する予感があったので、探します!

すると、何やら水面付近にキラリと光るモノが!!

いや。きっとアオリイカでしょ。。。

ん??? 何か違う。 いやいや全然違う!!!!!

これはもしや!? なんと!! 見たかったあのアオイガイの登場です。

うぉぉぉぉぉ~~~~~!!!!!

出やがったぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!!

すっげぇぇぇ~~~!!!

そしてやさしくキャッチ。 すぐに証拠写真を。

そして、皆さんにお知らせを!

カメラマンさんも参加しているショップさんも現地ガイド仲間も、

完全にハマった感、出しまくりです!!!

忘れもしないあの日の出来事。

思い起こせば、今年の1月13日。

僕は東京にいました。。。

何故なら、数え年で前厄の年になり厄除けをしようと出掛けてたのです。

そんな日の夜に、秋の浜で「タコブネ」が登場しました。。。

アオイガイでもタコブネでもどっちでもいい!!!

本当に見たかった生き物が、まさかこのタイミングで外すなんて。

かなりのショックと同時にいつか出会いたい気持ちが湧き出しました。

そして、月日が経ち、今宵あの憧れていた生き物に遭遇出来るなんて。

感無量です。

ホント、嬉しかった。

他にも素敵な生き物たちが登場しましたが、

今夜はこれで決まりです!

タコブネだったら、それはそれでOK!!

どっちかな???

ではまた。

皆さん撮り終えた後は、優しく大海原へ帰っていきましたので。

またいつの日か会いたい。 ありがとうございました。

ポイント 秋の浜 曇り 気温10℃ 北東4m╱s

波1.5m うねり弱 水温19~20℃ 透明度15~20m(日中)

中潮 干潮0:00・12:11 満潮7:03・17:25

ヒラメかな? ヒラメだね。

PC101342.jpg 

カゲロウカクレエビ。

PC101360.jpg 

ココから夜の部へ。

タルマワシも多かった。

PC101378.jpg 

クダヒゲエビ科の仲間。

PC101387.jpg 

レプトケファルス幼生も登場しました。

すぐに視界から消え去りましたが。。。

PC101402.jpg 

赤とんぼ(ウスバキトンボ)も浮遊するんですね~。。。

PC101405.jpg 

スルメイカ幼体も多かった。

アカイカも昨夜から多いです。

PC101409.jpg 

やさしくキャッチ。

アオイガイの登場です。

水面付近を漂うというか遊泳してました。

ちょっと離れた所から見つけたので、

最初はアオリイカだろうな~。 なんて思ってました。。。

PC101424.jpg 


日中の荒れ気味から一転、アツすぎる夜の海へ!

 今朝は寒過ぎる朝を迎えた伊豆大島です。

いきなり真冬モードはキツイ。。。 そんな朝でした。

そんでもって、夜中の西風から朝は北風に変わりまして。。。

オイオイ。。。 またまた荒れ気味じゃないかぁ~(泣)

入れないことはないんですけどね。

水面がね~。。。

でも、中は静かだから入る!!!

浅場はホワイトアウト気味な光景もありましたが、

水中はブルーの海です。

無事にゲストさんのご案内は終了しました。

初の伊豆大島の海を楽しんでもらえたようで良かったです!

ありがとうございました!!

そして、今夜からカメラマン誘致企画の始まりです。

ライトトラップを⑤ショップ合同で開催してきました!

最初は、静かな始まりで。。。

これは!!! ハズレな雰囲気が漂う。。。

でも、海に入る前に100%出ます!

結果を出せる伊豆大島ですから。 間違いありません!!!

断言しました~。 軽く後悔もしてました~。。。

ですが!!!

そんな簡単に転ぶような伊豆大島の海ではありません!!

何故なら!!! 深海魚マスターがいますから。

確実にやってくれる凄腕ガイドがいます。

そして、本当にやってくれちゃいました!!!

すんげーのが今夜の海に登場です。

伊豆大島初の観察&記録でガイド陣は大興奮でした。

もちろん! カメラマンさんもガッツリ撮影されてました!!

いや~。 本当にスゲー海ですよ!

地元の海は本当に驚きと大興奮の海です。

ハズす時もありますけどね。。。

良い時もあればってやつです。

ではまた。

ポイント 秋の浜 曇り 気温10℃ 北東╱東3~4m╱s

波2→1.5m うねり弱 水温19~20℃ 透明度15m 中潮

これからいってきま~す! って感じに。

余裕のピース。ありがとうございます!!

PC091241.jpg 

砂地からちょこんと顔を出していた、

ヤナギウミエラ。

PC091244.jpg 

ちびっこイロカエルアンコウ幼魚に夢中な感じに。

PC091247.jpg 

なんだ!? こいつは。。。 全然綺麗に撮れませんでしたが。。。

PC091277.jpg 

発光器みたいなのが見える。

不思議な生き物が登場しましたね~。

PC091286.jpg 

ヒラメ? ホシダルマガレイ? 

ひらひらと泳ぐ姿は出会う度に魅了されます。

PC091296.jpg 

伊豆大島初観察&記録のカクレウオ科の仔魚。

かなり大きかったので、ワイドレンズが無かったことを悔やみます。

PC091330.jpg 

本当に美しい姿でした。

PC091341.jpg