実りある海ですね。

 今日は昨日見つけられなかったネタと、新情報を元に昨日と同じような場所へ行きました。

 「秋の浜」 は、学生ダイバーの団体さんがいたので賑やかでした。

水温 23.5~23.7℃ 透明度 12~15㍍

今日も流れがある海でした。週末は流れが落着いてくれると嬉しいですけどね~。

この時期にしては、水温も高くて水中は快適です

浅場は数は減ったものの、キビナゴが沢山いるしカンパチナンヨウカイワリの子供が見られます。

沖へ出ると、イサキの群れを狙うワラサヒラマサも見られるし、

マグロも登場するので、中層も気を配らないと大物を見過ごすかもしれないので、

何かと忙しい感じではありますが、それもダイビングの楽しみのひとつですよね

目的地へ一直線で向ってみると、

非常に分かりづらい場所に 「ニシキフウライウオのペア」 がいました。

上手く擬態しているのもありますが、凹みの所にいるので、よ~く見ないと分かりませんでした



IMG_4568_convert_20121102173629.jpg



それから更に沖へ進むと、何気なく岩の上にいたアカヒトデを見たら、

小さな 「フリソデエビ」 がいました。

なんてラッキーな場所にいるんだろうと不思議に思いましたが、

自力で見つけたのが初だったので、嬉しくて1人で舞い上がってました



IMG_4579_convert_20121102173322.jpg



昨日見た 「イロカエルアンコウ幼魚」 も定位置に戻っています。



IMG_4590_convert_20121102173440.jpg



浅場へ戻ってから、新情報の 「クマドリカエルアンコウ幼魚」 も無事に発見しました。

探す時に岩を何周も回ったので疲れました…



IMG_4594_convert_20121102173144.jpg



明日からはガイドで海を案内する予定です