FC2ブログ

安定続きの海でした。

 今日も朝から快晴。風は少しだけ。

落ち着いた海と晴れと富士山と。そんな素敵な週末でした。

秋の浜づくしでご案内でしたが、ネタは豊富で安定な感じ。

今頃?っていう季節来遊魚もいたりと、不思議な感じが続きます。

落ち着いた週末を過ごせるってのは、本当にありがたいことですね。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温19℃ 北東4m╱s

波1.5m うねりなし 

水温21~22℃ 透明度15m 中潮

ヤギ類に囲まれて。ノコギリハギ幼魚。

PB174139_convert_20191117155221.jpg

時間が。。。

アサヒハナゴイとタテジマキンチャクダイ幼魚。

PB174145_convert_20191117155403.jpg

あずきバーカラーのイロカエルアンコウ。

教えて頂いたガイドさん曰く、

もしかしたら海外でよく見るカラーバージョンのクマドリかも?

ん~。。。 どっちもアリ(笑)

PB174146_convert_20191117155541.jpg

この時期にしては遅いかな?

ムレハタタテダイ幼魚。

一緒にいるのはメガネハギかメガネウマヅラハギの幼魚かな?

PB174149_convert_20191117160038.jpg

ニタリの予定でしたが、ヒラマサに変わりました。

安定してます。。。

PB174152_convert_20191117160512.jpg

ホタテウミヘビ。

最近、増えた気がする。

PB174160_convert_20191117160642.jpg

潮が良く動いていたので、ヒレナガネジリンボウも出てました。

PB174167_convert_20191117160818.jpg

立派なキンチャクガニ。

久々でした。

PB174174_convert_20191117160957.jpg


ホント、静かな海です。

 ビックリしちゃうぐらい静かな海です。

風がほとんどなくて凪。水温も高い状態をキープ。

11月に風がないなんて信じられないって思うほど。

そんな年もあるんですね~。

週末はリピーターゲストさんを迎えてのご案内です。

秋の浜で豊富なマクロ生物を紹介してきました。

明日もじっくりとご案内してきます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温20℃ 北東╱南西2m╱s

凪 うねりなし 水温23℃ 透明度12~15m 中潮

生き残りのニシキフウライウオから。

今日はメスだけ見つかりました。まだまだ抱卵中です。

PB164104_convert_20191116165650.jpg

安定してきたウミウシたち。

ウデフリツノザヤウミウシ。

PB164106_convert_20191116165841.jpg

カンナツノザヤウミウシも。

PB164115_convert_20191116170012.jpg

安定づくしのネタを。カミソリウオのペア。

PB164118_convert_20191116170116.jpg

今日のお迎えの時に教えて頂いた情報の少し大きいイロカエル。

安定の段落ちの壁です。

PB164119_convert_20191116170238.jpg

黒クマも安定してます。今のところ。

PB164126_convert_20191116170421.jpg

一番安定しているイロカエル。

PB164127_convert_20191116170547.jpg

今年もよく見掛けます。ハタタテハゼ幼魚。

PB164130_convert_20191116170716.jpg

ミヤケテグリにしては深場でした。

PB164135_convert_20191116170837.jpg


仲良しなウミウシ?

 明日からの週末のゲストさんを迎えるためにリサーチへ。

もちろん、日中です。

静かな海になっているのがホント、不思議。

夜の流れはなんだったんだろ???って思うぐらいです。

ウミウシの二種が近くにいました。

あと、ウデフリツノザヤがいたら凄かったけどそんなワケないね。

まだまだマクロ生物が豊富で楽しい海が続きます。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温17℃

北東4m╱s 波1.5m うねり弱

水温21~22℃ 透明度12~15m 中潮

カンナとツノザヤが仲良さげに一緒に。

PB154024_convert_20191115130813.jpg

フタイロハナゴイ。

数は減ったけど、あちこち点在しているのでよく見かけます。

PB154036_convert_20191115131007.jpg

赤のカミソリウオはペアに戻ってました。

黒は何処へ?

PB154059_convert_20191115131154.jpg

黒のクマドリも移動した場所で安定してますね。

PB154078_convert_20191115131420.jpg

オレンジのイロも大きくなりました。

PB154091_convert_20191115131616.jpg


今夜も激流なの???

 三日目の夜の海。

いい加減に激流はほどほどにしてもらいたいものですが、

そうもいかないのが自然相手。

今週は月夜もあって、

上げ潮から下げ潮に変わっている時間帯もあるのかな?

日中もかなり動いていた様子を聞きました。

エントリーした時間帯は、

ほどよく流れていたから大丈夫と思っていたのに、

やっぱり今夜も流れまくっていた夜の海。。。

なかなか悪戦苦闘の末に、なんとか証拠写真程度に収めた感じです。

今回はいつも設置している辺りでの調査的なもの。

経験値を積み重ねて、

ゲストさんを迎える時に有効な手段も考えられるかな。

またチャレンジしようと思います。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ 気温15℃ 北東4m╱s

波1.5m うねりなし

水温22~23℃ 大潮

満潮6:00・16:56 干潮11:27

ササノハウミウシから。

プランクトンもクラゲもサルパも沢山流されてきました。

PB143947_convert_20191115001155.jpg

この稚魚は一体?!

PB143960_convert_20191115001418.jpg

クダリボウズギスの稚魚も登場しました!

毎夜毎夜、当たりな夜の海が続きますね。

でも流れていて大変だけどね。。。

PB143991_convert_20191115001828.jpg

上からも美しい鰭に魅了されちゃいます。

PB143988_convert_20191115002116.jpg

ニザダイ科の仲間。

図鑑を見ると、テングハギ属の一種に似ている感じ。

何度か登場していますね。

PB143997_convert_20191115002300.jpg


激流でヘトヘトな夜の海。。。

 今夜もライトトラップリサーチを行ってきました。

昨日とは全く別の場所へライトを設置。

常に新しい場所を模索しながらのリサーチなんですが、

今回は、さすがに潮の流れがキツすぎた。。。

設置をしに行くまでに向い潮。

設置後も流れっぱなしかと思ってたら、

今度は逆の潮になる?!

こんなんでは、さすがに撮る事も見る事も厳しい状況。。。

これは難しいな。。。

そろそろ戻ろうかと思っていた頃に、

初登場のセミホウボウ幼魚が現れました!

その一点のみで終わってしまったけど、

そんな夜の海もあるよね。

よかった。ゲストがいる状況じゃなくて。。。

ではまた。

ポイント 秋の浜 晴れ時々曇り 気温15℃ 南東2m╱s

凪 うねりなし 水温23℃ 大潮

満潮5:21・16:32 干潮10:56・23:18

グイグイと大接近してくるセミホウボウ幼魚。

PB133912_convert_20191114102444.jpg

胸鰭を広げてのどうだと言わんばかりのポーズ。

もうちょっとゆっくり撮りたかったけど、なんせ流れていたので。。。

PB133923_convert_20191114102900.jpg

ゆっくりな時間はほぼ皆無でした。。。

PB133935_convert_20191114103141.jpg

ラストは黒クマの場所を教えてもらって無事に発見。

日中で探せなくて夜で探して見つける。

不思議と気持ちが上がる感じでした。

PB133939_convert_20191114103511.jpg